ヨナヨナ・フェス2022 in 野音

今日は弾丸で日比谷の野外音楽堂で行われた「ヨナヨナ・フェス2022 in 野音」に行ってきました!

3年前に埼玉の大宮ソニックシティで開催された前回の「ヨナヨナ・フェス」へ行く予定でチケットも取っていたんですが、直前に発生した「令和元年東日本台風」の被害で、僕自身は被害は免れたものの仕事の対応に追われることになってしまって、チケットをほかの人に譲る間もなく行けなくなってしまいました。

そんなこともあって、待望のヨナフェスだったんですが、すごく良くて、今、帰りの電車の中で抜け殻になってます(笑)。

参加されたのは「オッド・アイ(鷲崎健、沢口けいこ、青木佑磨)」「学園祭学園(青木佑磨、阿部草介、市川太一、栗田優)」「Predia(沢口けいこ、桜子、まえだゆう、水野まい、湊あかね、村上瑠美奈)」「ワンナイト・野音バンド(内田稔、イトウ・マサキ、うめだちかこ、金子信之、柳俊彰)」で、鷲崎さんと青木佑磨さんは仙台のヤゴサッハイベントでお見掛けしたことがあるんですが、鷲崎さんのこういった音楽ライブは初めてでした。

一番最初はオッド・アイの「radio! radio! radio!」。ラジオ番組のフェスらしく、アップテンポな楽しいナンバーから、鷲崎健さん、沢口けいこさん、青木佑磨さんがステージに出てきてパフォーマンスが始まりました! けっけ(沢口けいこさん。以降、敬愛を込めて「けっけ」と言いますね。)を生で見たの初めてだったんですが、実際に見ると美人ですね。かわいかった! 一曲を歌ってから学園祭学園にバトンタッチ。

「学園祭学園」は新曲含めて6曲程度だったかな。あまり聞いていなかったんですが、青木さんのボーカルがなかなか良くて。高くてよく通る声で素晴らしかったし、曲もノリノリでよかった! しかもうち1曲では鷲崎さんをゲストで迎えつつ、撮影OKタイムだったのでスマホで撮らせていただきました! 鷲崎さんがちょっと陰になっちゃいましたが、雰囲気が伝わればいいなあ。

「Predia」のパフォーマンスはすごかったですね! 皆さんかっこいいし綺麗。そしてダンスがかっこいい。湊あかねさんのボーカルがすごいですね。高く強い声がしっかり出ていて素晴らしかったです。湊あかねさんと水野まいさんにツイッターでフォローされたのでフォローバックしちゃいました(笑)。そうそう。学園祭学園が演奏を終わるころに雨が降り出してきたんですが、Prediaがパフォーマンスを始まる頃にいつの間にか雨が止んでいて、「こういうこともあるんだなあ」なんて思いました。

で、待望の鷲崎健さん登場。最初に演奏されたヨルナイト・ヨルナイトのオープニングテーマ「ヨナヨナ~Yoke of Nights~」が流れ出したときに涙腺が崩壊しました(苦笑)。この3年間の思いが出てしまいました。イベかぶりした武道館の虹のコンキスタドールのみんなに向かっては「」を想いを込めて熱唱していたのも印象的。「愛・おぼえていますから」って曲はPOARO時代の曲だったんですね。「どこかで聞いたことがあるような曲だなあ…」って感じで(苦笑)。好きになって日が浅くて昔の曲はわからず…(苦笑) そうそう。「What a Pastaful World~なんてスパゲティ世界~」と先ほど言った「愛・おぼえていますから」ではprediaがコーラスで入ってくれましたね。

そして最後の「ワルツ」ではまた涙腺がやられました。鷲崎さんの曲を好きになったきっかけの曲がこのワルツだったので、生で聞けて良かった。鷲崎さんひとりにスポットライトが当てられつつ、ギターとボーカルで始まって、そのあとバンドが絡んでくる構成でした。聴けて良かった。ホント、「良かった」という言葉しか見つからない。

「ワルツ」の後に出てくるのが最初に出てきたオッド・アイ、だったんですが、舞台袖で聴いていた鷲崎ファンの青木佑磨さんが号泣してそのままステージ上出てきて、ボクと同じで笑っちゃいました。「ワルツ」を聴いたらグッときますよね。

ヤーヨは二人のあいことば」は元々鷲崎さんのファーストソロアルバムの鷲崎さんの曲だったんですけど、けっけ自身の曲にみごとなってました。そして、けっけたっての希望でセットリストに入った「全部、好き」は、けっけの歌声がすごく良くなっているのもあるのと、この日はすごく気持ちが声に乗っていてすごく良いなと感じました。特別な感情が乗っている感じがするほど、良かったです。オッド・アイ最後の曲、「24時からのシンデレラ」は、「灰かぶったままが好きだよってもっと聴かせて!」という歌詞の後のブレイクでけっけに向けて「好きだよー!」って声をかけるのがお決まり(?)になっていたんですが、コロナ禍で声が出せないため、天才鷲崎健さんが「好きだよータオル」を物販で作るという技を編み出して(本人曰く「ワルツを作ったより、このタオルを作ったのが天才」とのこと)、ピンク色の「好きだよー」タオルでけっけが号泣するという… 客席だけじゃなくて、演奏者の皆さんやprediaのみんなもタオルを掲げてくれてました。

最後、ステージに学園祭学園、prediaも入って、全員で「Baby! 人生はあっちゅー間!!」を歌ってヨナフェスが終了しました。この曲でprediaがコーラスをしてくれたのも良かったけど、学園祭学園もコーラスしているのが、言い方がおかしいですけど珍しいなあと思って楽しく聴いてました。全員鷲崎ファンだからコーラスくらいできるんでしょうけどね。いい締め方だったと思います。すごく楽しかった!

個人的に「ダーリンダーリン」が聴きたかった気持ちもあったんですが、なんかこのフェスの気持ちいい余韻に浸っていて、『また聴きに行きたいな』という感覚が強くて、本当に今回聴きに行って良かったなあという感情しか出てこないというか… なんかなんと言って良いか分からない感覚なんですが、本当に満足しているんですけど、また次回を楽しみにしている自分もいるんですよね。また来年、ではないんだろうけど、ぜひ近いうちにヨナフェスか、鷲崎さんのワンマンライブかは分かりませんけど、ぜひやって欲しいなあと思います。

それと、今回のライブの模様、映像化または音源化を希望してます! 本当に良かった。

セットリスト

オッド・アイ radio! radio! radio!

学園祭学園
1.サーチライツ(新曲)、2.サウナ(仮)、3.Dawn Song、4.any love, anymore、5.ももいろ、6.wants

predia
1.DRESS、2.禁断のマスカレード、3.Close to you、4.Thank you for all my dia、5.カーテンコール、6.Paradise、7.The Call

鷲崎健(&ワンナイト・野音バンド)
1.ヨナヨナ~Yoke of Nights~、2.Sweet Soul Music、3.桜、4.What a Pastaful World~なんてスパゲティ世界~、5.愛・おぼえていますから、6.ワルツ

オッド・アイ
1.ヤーヨは二人のあいことば、2.全部、好き、3.24時からのシンデレラ

全員 Baby! 人生はあっちゅー間!!

ショー
  • ショー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。