「交響組曲ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」を聴いて

金曜日に某ブックオフに行ってきて、NHK交響楽団が演奏する「交響組曲ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」のCDを手に入れてきたんですが、ちょっと懺悔をするためにちょっと書き記しておこうと思います。

ファミコン版がリリースされた際に発売されたCDです。同時にレコード盤も出ていて、先日、それも購入しているんです。が、CDは手に入れていなかったので、コレクターをしているわけではないんですが、やっぱり興味があるわけで買ってしまいました。

ドラクエ5が発売された後、それまで所属していたアポロン音楽工業からソニーミュージックエンターテインメント(のちのアニプレックス)に移籍していたようで、一時期、このN響盤は手に入りづらくなったりしましたが、ゲームボーイ版ドラクエ3がリリースされるタイミングで、オリジナル・ゲームミュージックをゲームボーイ版のものに入れ替えて再発売されたもの(2000年発売)を買って聴いたんですが、正直、「モヤッ」とした音質に感じてしまいあまり好きではありませんでした。

1996年に、スーパーファミコン版で追加された4曲を新たに収録したロンドンフィルハーモニー管弦楽団が演奏するCDが出ていたことから、それと較べてしまって「ムムム…」と思ってしまったわけです。

さらに2005年には東京都交響楽団で改めて録音された(しかもロンドンフィル盤には収録されなかった「ローリング・ダイズ(すごろく場の曲)」も収録)ものも発売されたことも、それを助長してしまったのかも知れません(苦笑)。

で、最近、DAC(デジタルアナログコンバーター)やらそこそこのヘッドホンを使うようになったので、今回購入したCDを改めて聴き返したら… 全然違いました。たぶん、購入した当初持っていたプレイヤーが良くなかったり、初代iPodを活用していたんですが、データサイズをケチって(苦笑)音質を落としていたのが影響していたようです。ホールで収録した響きが感じられる録音だったんですけど、音質を落とすとホール録音したものがモッサリしちゃうんでしょうね。こちらの再生上の問題でずっと誤解していました。良い音源だと認識を改めました。

もちろん、演奏はNHK交響楽団だからピカイチですね。N響が演奏しているのはIII~Vまでの3作品しかないのでその希少性を考えるとちゃんと聴いておきたい音源でした。曲ごとの感想は、いまさら感もあるので、そちらは今回は割愛します。

N響盤はキングレコードから再発売されていますので、聴きたい方は下の帆船が描かれているジャケット(アマゾンリンクです)からご購入くださいませ。

【収録曲】
■オーケストラ・ヴァージョン ORCHESTRA VERSION
1.Roto ロトのテーマ 2.RONDO 王宮のロンド 3.AROUND THE WORLD 世界をまわる(街~ジパング~ピラミッド~村) 4.ADVENTURE 冒険の旅 5.DUNGEON~TOWER~THE PHANTOM SHIP ダンジョン~塔~幽霊船 6.REQUIEM~SMALL SHRINE 鎮魂歌~ほこら 7.SAIL ON THE SEA 海を越えて 8.FLYING IN THE SKY おおぞらを とぶ 9.FIGHTING SPIRITS 戦闘のテーマ~アレフガルドにて~勇者の挑戦 10.INTO THE LEGEND そして伝説へ…
■オリジナル・ヴァージョン ORIGINAL VERSION
11.DRAGON QUEST III GAME ORIGINAL SOUND STORY ドラゴンクエストIII ゲームオリジナルサウンドストーリー
※曲名、英語題は当時記載のものをそのまま転記しましたが、後にリリースされる作品でi一部英語タイトルは変わっていますのでご注意ください。

【発売日】1988.3.7(CD) 【コード】BY30-5181 【レーベル】アポロン音楽・compusic
【価格】CD 税抜価格 2,730円

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です