「CHRONO TRIGGER & CHRONO CROSS ARRANGEMENT ALBUM ハルカナルトキノカナタへ」を聴いて

一昨日届いた「CHRONO CROSS THE RADICAL DREAMERS EDITION」を聴いて、2015年に発売された「CHRONO TRIGGER & CHRONO CROSS ARRANGEMENT ALBUM ハルカナルトキノカナタへ」を聴きたくなって聞き返していました。

作曲している光田康典さんを改めて好きになったのはこのアルバムがきっかけなんですが、そもそも1995年に、ドラクエの堀井雄二氏、ファイナルファンタジーの坂口博信氏、そしてドラゴンボールの鳥山明氏がタッグを組んで発売された『クロノ・トリガー』を大注目して、ワクワクしながらゲームを購入したところ、オープニングタイトルの音楽が素晴らしくて、『ゲーム音楽界に新星が現れた!!』と勝手に思ったくらい、学生時代のボクは光田さんの音楽に感銘を受けていました。

以前、このブログにも書きましたけど、このアルバムは、CDを買って、ハイレゾ音源を買って、さらにLP盤がリリースされているのでそれも買ってと、コンプリートしてしまったくらい、衝撃的なアルバムでした。正直、クロノ・トリガーはゲームをやっていたものの、当時、「クロノ・クロス」はオリジナルサウンドトラックは買っていたものの、ゲーム自体はやっていなかったので、音楽を聴くにあたりしっくりくるのか不安だったんですが、不安は一瞬で吹き飛びました。音楽が良すぎました。

チョイスして楽曲説明するのもなかなか難しいところですが、1曲目の「時の傷痕~ハジマリノ 鼓動~」はZABADAKの小峰公子さんが作詞を担当し、さらに編曲を同じくZABADAKの吉良知彦さんが手がけるといった贅沢な1曲で、クロノ・クロスのオープニングタイトルがアップテンポで軽快なボーカル曲に生まれ変わっていて、それでいてピアノ、ギター、バイオリンなどのさまざまな音色が折り重なって、その真ん中を一本芯が通るようなボーカルが乗っかっていて格好良く、アルバムをオープニングを飾るにうってつけの曲だと思います。2曲目の「RADICAL DREAMERS」は、クロノ・クロスのエンディング曲で、ゲームではみとせのりこさんが日本語歌詞で歌っていましたが、今作ではサラ・オレインさんが英語歌詞で歌唱しているのも印象的。オープニング曲とエンディング曲を続けることで、一旦ここで区切りをつける意図もあったんだろうと思います。(発売当時のニコ生でそんなことを光田さんがおっしゃっていた記憶があります。)

3曲目の「風の憧憬」はピアノの音色が映えます。ピアノの演奏は谷岡久美さんで、「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」の作曲を担当されるなどゲーム音楽の作曲をされる傍ら、ピアノ演奏で活動もされていらっしゃいますが、この曲の演奏も非常に良く、一度、生で演奏を聴いてみたい方です。

6曲目の「マブーレ」はすごくノリの良い曲で、出だしの幻想的なアコーディオンの音色から始まったと思ったら、急にリズミックで楽しげな民族音楽と変わり、生で聴いたら踊り出してしまいそうな曲です。当時、光田さんは『絶対コンサートで演奏します!』と言っていましたが、2019年のクロノ・クロス20周年ライブでそれを実現させてくれました。

8曲目の「時の回廊」はクロノ・トリガーからの曲。曲にLaura Shigiharaさんが歌詞をつけてご本人が歌うという形になっています。ピアノの音色とストリングス、そしてLaura Shigiharaさんのすごく澄んだ声がすごくマッチしていて印象的です。このアルバムで、女性シンガーが3名、小峰公子さん、サラ・オレインさん、Laura Shigiharaさんがそれぞれ歌っていますが、それぞれ色が違うのでそれを楽しむのもこのアルバムの特徴かと思います。ちなみに、Laura Shigiharaさんはゲームの開発もされている方のようで、光田さんがそれを知って驚いたなんて話を発売当時おっしゃっていた記憶があります。

そして最後の曲、「ハルカナルトキノカナタヘ」はクロノ・トリガーのエンディングを飾った曲だと思いますが、元々は「遥かなる時の彼方へ」という普通の曲名なんですが、カタカナ表記にしたのは何らかの意味を持たせているんだと思います(その内容は分かりませんが…苦笑)。これもボーカル曲に生まれ変わっており、サラ・オレインさんが歌詞をつけ、歌を歌っており、鳥のように飛び上がって広い青空の中、風を切りながら飛んでいるような感じを思わせるような感じで歌い上げるサラ・オレインさんのボーカルがすごく心地よいです。

「クロノ・クロス」は全く知らなかったものの、ものすごくクロノ・クロスの曲にも惹かれてしまい、これをきっかけにゲーム「クロノ・クロス」にも興味を持ち始め、クロノ・クロス20周年ライブには行かなかったもののライブ映像で心を打ち抜かれて、もう一度、ライブをやってくれないかなあと期待しているところではありますが、たぶん光田さんのことだから、また違った楽しませ方をさせようとするに違いないと思っているところです。

【収録曲】
1.時の傷痕~ハジマリノ 鼓動~/小峰公子 2.RADICAL DREAMERS/サラ・オレイン 3.風の憧憬 4.サラのテーマ/Laura Shigihara 5.凍てついた炎 6.マブーレ 7.次元の狭間 8.時の回廊 9.On The Other Side/エピローグ~親しき仲間へ/Laura Shigihara 10.ハルカナルトキノカナタヘ/サラ・オレイン

【発売日】20.10.14(CD) 【コード】SQEX-10501 【レーベル】SQUARE ENIX MUSIC
【価格】CD 税抜価格 3,000円

ショー
  • ショー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。