カテゴリ「のだめ」のブログ記事

いやあ、良かった

| コメント(0) | トラックバック(0)

日付が変わってしまいましたが、地元で開催された東京都交響楽団いわきプロムナードコンサートに行ってきたんですけど、やっぱり生オーケストラの演奏は素晴らしかったです!

Facebookいわき芸術文化交流館アリオス・コンサートの様子(写真有り)
いわき芸術文化交流館アリオス】東京都交響楽団いわきプロムナードコンサート

曲目は...

ベルリオーズ:序曲《ローマの謝肉祭》 op.9
ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ ホ長調 op.22
(休憩)
チャイコフスキー:イタリア奇想曲 op.45
ラヴェル:ボレロ
アンコール ドビュッシー:小舟にて

...でした。

正直、曲名だけを見て分かった曲はラベルの「ボレロ」だけ。「ローマの謝肉祭」は『あぁ、この曲か!』って分かりましたけど、後の曲は知りませんでした(苦笑)。でも心地よい響きでした。東京に演奏を聴きに行って、結構オーケストラの音がこもって聞こえることがよくあるんですけど、地元のホール「アリオス」の音響が良くて、音が耳にストレートに入ってくる感じがして、その上、都響さんの素晴らしい演奏となれば、良くないわけがない。

この日のコンマスは四方さんという女性の方で、都響の演奏、結構聴いていたのに、初めて拝見しました(苦笑)。すぎやまさんのコンサートには参加されてなかったのかな。でも、この日の演奏はすごく良かったと思います。

「イタリア奇想曲」と「ボレロ」は最後がすごく盛り上がる曲で、こういった盛り上がる曲は大好物なんです(笑)。ボレロなんて、ほぼ同じメロディが繰り返されるだけですけど、奏でる楽器が変わりながら、少しずつ増えていって、最後には全ての楽器がめいっぱいの音色で奏でるのは圧巻ですよね。

定期的にこういった有名オーケストラの演奏会、曲が分からなくても参加してみようと思いました。演奏途中、やっぱり眠気が襲ってくるんですが(笑)、それってリラックスしている証拠ですよね。いびきをかくわけにはいかないですが(爆)、なかなかのリフレッシュになるので、もっと地元のこういった演奏会を利用していこうかなと思いました。

あ、そうそう、話が変わっちゃうけどクラシック繋がりで「のだめカンタービレ」が読み切りで雑誌に出たそうですね。読んでみたい...... 読み切りってことは1話完結ってことなのかな? 女性雑誌は買いづらいなあ(苦笑)。

 さて、のだめも観てきたのでちょこっとだけ書いておこうと思います。

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
定価:¥ 3,990
新品最安価格:11%OFF ¥ 3,534 (24店出品)
売上ランク:947位
レビュー平均:4.54.5点 (20人がレビュー投稿)
発売日:2009-12-09
レーベル:ERJ
カテゴリー:CD
クリエーター:のだめオーケストラ(演奏) エデルマン(セルゲイ)(演奏) ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ(演奏) ラン・ラン(演奏) 東京フィルハーモニー交響楽団(演奏) 池田昭子(演奏) 太田雅音(演奏) 金子鈴太郎(演奏) 小山清(演奏) ペク・ジュヤン(演奏)
ディスク数:3
時間:235(分)
by amazon通販最速検索 at 2010/08/04

ストーリー
 もう説明をする必要が無いような気がします。パリを拠点にルー・マルレオケの常任指揮者として活躍する千秋真一と、千秋を追ってパリにピアノ留学したのだめこと野田恵のドタバタ恋愛コメディーと言ったところでしょうか。でも、前編のラストで千秋とのだめが距離を置くことになって、この後編はちょっとシリアス路線に舵を取った感じがします。

映画館の様子
 この映画も大入りでした。じいちゃん、ばあちゃんを連れた家族も見かけたし、また、1日の上映回数も「アリス・イン・ワンダーランド」よりも多く、それだけでも注目作だってことが分かります。本当に観客が多かった。

印象
 「ストーリー」のところでも書きましたが、ちょっとシリアス路線で、あまりはっちゃけているシーンが多くなかったなあという印象を受けました。これまでマンガっぽい特殊効果をバンバン使っていたのに、後編は少ない上、ちょっと控えめになっていて、前編との差別化を図りつつ、クライマックスに向けた雰囲気作りなのかなといった意図があるのかなと思いました。

 あと、前編の時に書きましたが、峰龍太郎(瑛太)と三木清良(水川あさみ)のエピソードが入っていて、良かったなぁと思います。って、原作を読み返したらちゃんと描かれているシーンだったんだけど(苦笑)。

原作との比較
 ...ということで、原作をすっかり忘れてしまっているため省略(爆)。

俳優陣の演技
 もう安心して観ていられますね。マンガからそのまま出てきたような感じで、全然違和感がなかったです。そうそう、シュトレーゼマンを演じた竹中直人さんの指揮振りがすごく良くなった印象を受けました。ドラマ編ではもうちょっとのように感じたんですが、この後編での指揮は、「巨匠」っていう雰囲気が感じ取れました。みんな、ピアノやら指揮などの練習、大変だったろうなあと思いながら観てみるのも面白いですね。ピアノなんかは、実際に弾いているアングルで撮っているところもあったから、あまりウソがない映像で素晴らしいなあと思いました。

音楽
 音楽に満ちた映画なので、そもそもサントラって感覚では無いですよね。映画中に使われているクラシック音楽が映画の肝であり、またBGMでもあるっていうのは面白い体験ですよね。


 ...という感想ですが、前編と比べると、後編はさほど受けたインパクトは大きくはありませんでした。でも、ラストを上手く収めることが出来ていて、鑑賞後はスーッとした心地よさがありました。ただ、完結しちゃった部分で一抹の寂しさはあるんですけど、映画のラストシーンから、千秋やのだめが、これからも前に進んでいくんだろうなあなんて想像するのも楽しかったりしますよね。

 のだめ好きには是非とも観ていただきたい一本です。

〔オーナーのお薦め度〕
のだめカンタービレ 後編 ★★★★★☆ 星5つ
(前編は星6つでしたが、ちょっとインパクトが押さえられた部分から1つ星を下げました。だけど、前編を観ている人は是非後編も観てもらいたいもんです。って、別に金をもらって宣伝しているわけではないですが...(苦笑))

〔オーナーの評価点〕
のだめカンタービレ 後編 70点(100点満点中)
 ちなみに前編は73点を付けてました。

 せっかく、昨日、「アバター」の感想を書いたので、一緒に観ていた「のだめカンタービレ 前編」の感想も合わせて書いておこうと思います。

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
定価:¥ 3,990
新品最安価格:11%OFF ¥ 3,534 (24店出品)
売上ランク:947位
レビュー平均:4.54.5点 (20人がレビュー投稿)
発売日:2009-12-09
レーベル:ERJ
プロダクトグループ:Music
カテゴリー:CD
クリエーター:のだめオーケストラ(演奏) エデルマン(セルゲイ)(演奏) ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ(演奏) ラン・ラン(演奏) 東京フィルハーモニー交響楽団(演奏) 池田昭子(演奏) 太田雅音(演奏) 金子鈴太郎(演奏) 小山清(演奏) ペク・ジュヤン(演奏)
ディスク数:3
時間:235(分)
by amazon通販最速検索 at 2010/08/04

ストーリー
 もうストーリーはドラマや漫画でご存じの方も多いかと思いますけど、スペシャルでやったパリ編の後のお話となりますね。ひょんな事から老舗の「ルー・マルレ・オーケストラ」という常任指揮者になったものの、オケの内紛から多くの団員が辞めダメダメオーケストラに成り下がっていたため、そこからのドタバタ劇をメインにしながら、千秋とのだめのハチャメチャな恋模様(?)をお届けするという感じでしょうか。

映画館の様子
 やっぱり人気の高かったドラマの映画化っていうこともあって、お客さんは結構多く入ってました。老若男女というよりかは、若い女性が多かったような感じがしましたけど、いろんな方がいた記憶があります。

印象
 この日は「アバター」「ウルルの森の物語」と一緒に3本観たんですが、この中の3本の中でこの「のだめ」が一番映画らしく感じてました。画と音の見せ方が結構良かったなあという印象が残ってます。ま、「アバター」は現実離れしすぎていたから、ボクの許容範囲外だったのかも...(苦笑) ま、今回は『前編』ということで、思い切った前編のラストを演出してくれてました。って、具体的に言っちゃうとネタバレになるので止めておきますが、正直ベタではありますけど、ここのところのコンサートでの演奏で大感動を巻き起こして終了っていう流れはさすがに飽きたので(笑)、ちょっと変化球で良かったんじゃないかな。
 そうそう、それとドラマ同様、漫画風味の特殊効果を結構使っていて、「マンガ映画だ!」と割り切って大胆な演出をしていたのが潔くて良かったですね。これだけすがすがしくマンガっぽくすると、受け手もそのようになりますしね。

俳優陣の演技
 やっぱり上野樹里演じるのだめと、玉木宏演じる千秋真一はドンピシャリですね。特にのだめはドラマからそうだけど、原作そのままの感じを、映画でも披露してくれて、のだめワールドというより、「変態の森」ワールド全開となってます。そういえば、ちょっとビックリしたのは、これはご本人じゃないはずですが、のだめが池に落ちるシーンがあって、画面いっぱいにパン○ラが映ったのはビックリした(苦笑)。今回から出ている谷原章介さんとかなだぎ武さんあたりなんかもそんなに違和感はなかったし、レギュラーで出ている俳優さんも安定感がありました。でも個人的には峰龍太郎(瑛太)と三木清良(水川あさみ)にもうちょっと出てきて欲しかったなぁ、なんて。後編でもっと出てくるのかな? 原作では放置されて終わっていたしなぁ...(苦笑)

音楽
 オーケストラを映画館で聴くと... うーん、正直、あんまり普段聴く時との違いが分からなかった(苦笑)。迫力はあったような気もするけど... 後編の時にまた確かめてみます!


 ということで、全体的に原作・ドラマが好きだったボクとしてはやはり高評価です。というより頭を使わずに観れたので(笑)、ホント、息抜きするだの、疲れたときに思い切り笑いたいなあって時に観るのには最高だと思います。ボクのその時のコンディションにはベストフィットしてました!!

オーナーのお薦め度
 のだめカンタービレ 前編 ★★★★★★ 星6つ
 (ドラマから派生した映画っていつも低評価なんですが、今回はバカらしくてお勧めって感じでしょうか。単純に楽しかった。観る前までは「ドラマの映画化だからあんまり...」と思っていたんですけどね。ま、のだめ好きの評価なので、映画の評価としては当てにせんといてください(爆)。)

売ってない!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 地元のCD屋を2件回ったけど売ってなかった(苦笑)。


 毎度のことながら仕方ないとあきらめつつ... マイナーなアルバムですよ、フンッ! といじけてみせるテスト。

 大型店だと売れ筋のヤツしか置いてないですね。その中でも「Another Piano Stories」を売れ筋商品とPOP表示していた店に行ってみたんですがダメだった。

 学生時代は地元のローカル専門店で予約して買っていたんですけど、1回キャンセルしたら怒られちゃってそこで予約するのやめちゃったら、その後、店がつぶれちゃいました...(汗) ってボクがつぶした訳じゃないですけどね。でも、当時、結構その店から買ってたんだよなぁ、なんて思い返してます。


 今は宅配無料でネットで買えますからねぇ。便利になりました、ホント。
 「ミニマリズム」もアマゾンで予約しました。ようやく発売された「のだめカンタービレ22巻」と一緒に。長かったなぁ、新刊出るの。


毎日jp】のだめカンタービレ:上野、玉木のコンビで2作連続の実写映画化 テレビ版第3シリーズも

 「のだめカンタービレ」が再来年の正月映画&春休み映画として2作連続上映になるっていうニュースを昨日、書こうと思ってすっかり書くのを忘れてました。

 結構楽しみなんですけど、連発だとやはり1作だけでは中途半端感が出るんじゃないかなと心配です。ただ、これまで原作の雰囲気を壊さず良い感じに仕上げているところにちょっと期待してみようと思ってます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アイテム

  • notepc.jpg
  • saharashoten3.JPG
  • porttowerselion.JPG
  • hum1.JPG
  • hum2.JPG
  • udon.JPG
  • shitimi.JPG
  • jihanki2.JPG
  • humburger.JPG
  • jihanki1.JPG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちのだめカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。