カテゴリ「震災」のブログ記事

日時 【福島公演】平成28年(2016年)8月9日(火) 午後6時15分開場 午後7時開演
   【仙台公演】平成28年(2016年)8月10日(水) 午後6時15分開場 午後7時開演
会場 【福島公演】とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター) 大ホール
   【仙台公演】東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) 大ホール

指揮・ピアノ 久石譲 Joe HISAISHI
管弦楽 新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ New Japan Philharmonic World Dream Orchestra
 ソロ・コンサートマスター 豊嶋泰嗣 Yasushi TOYOSHIMA
ソリスト 市原愛(ソプラノ) Ai ICHIHARA

主催 【福島公演のみ】福島中央テレビ 【宮城公演のみ】ミヤギテレビ
   【両公演共通】ワンダーシティ/(公財)新日本フィルハーモニー交響楽団/
         日本テレビ/読売新聞社/イープラス/ローソンチケット/
         第一通信社
特別協賛 大王製紙エリエール
製作 プロマックス

fukushima_bunka.JPG

fukushima_0211.JPGとうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)の様子

【セットリスト】
<第一部>
THE EAST LAND SYMPHONY
1.The East Land 2.Air 3.Tokyo Dance 4.Phapsody of Trinity 5.The Prayer

<第二部>
Summer ...映画「菊次郎の夏」メインテーマ、トヨタ・カローラCM曲
Life is ...エリエールブランドテーマ曲
Dream More ...サントリー ザ・プレミアム・モルツ「MASTER'S DREAM」CM曲
Symphonic Suite PRINCESS MONONOKE ...交響組曲もののけ姫

<ENCORE>
World Dreams ...アルバム「World Dreams」(2004)より

夏休みを取って、久石さんのコンサートツアーの福島公演とファイナルの仙台公演を鑑賞してきましたので、レポートというより備忘録として書き込みをしておきます。

開演前の状況として気づいたのはとうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)の大ホールは少し狭いみたいで、ステージ左側にいたコントラバスの方が若干はみ出てしまう配置になっていました。オケの配置は前列左から第一バイオリン、チェロ、ビオラ、第二バイオリンで、中列は左側にコントラバス、フルート(ピッコロ)、クラリネット、ファゴットとか、だったかな... 変わった楽器だと大太鼓、チューブラーベル、その他和楽器系の鐘の楽器が2つありましたけど、楽器の名前が分かりません...

THE EAST LAND SYMPHONY」はなかなか触れる方がいらっしゃらない40分を超える四楽章構成の大作ですが、第三楽章「Tokyo Dance」と第五楽章「The Prayer」でソリストによる歌ありの楽曲でした。「The East Land」は以前のクラシック新曲を発表したときにこの曲だけ演奏されていたようですが、すごく複雑で覚えていないですが、大太鼓が出てきてアップテンポな曲だったと思います。「Air」は久石さんが作曲に難儀したとパンフにて書かれていましたが、何かキラキラした不思議な曲だったように思います。鉄琴と木琴の音色が重なって何か空から降り注いでいる星か何かを表しているかのような曲でした。Tokyo Dance」は日本語数え歌から始まり、途中「十四 渋谷のスクランブル」って歌詞が何か不可思議でした。途中から英語歌詞の落ち着いた曲調になり、また数え歌に返ってくるという構成でした。「Phapsody of Trinity」は11/8拍子の変拍子でミニマル・ミュージックベースだったと思います。最後のThe Prayer」は、ラテン語の歌詞だそうで荘厳な感じでしたが、個人的に好きだったのはストリングスや金管が小さな音から大きな音に移り変わり、何か音のグラデーションというか、波の満ち引きを耳にしているような感じで、ソプラノの市原さんの歌声と相まって心地よかったです。ただ、二日続けて二回聴いたからようやくそんな感想を持てた訳で、一回だけの鑑賞ではなんとも難しい楽曲です。仙台公演では結構寝てしまっている方もいらっしゃいました(笑)。前向きに捉えれば心地よい曲だということでしょうかね。

でも、この現代にクラシックの新曲を発表し、公式発表はされていませんが、CDリリースを予定されている作曲家ってなかなかいらっしゃらないですよね。そう考えると素晴らしいことだと思うし、世界初演となるこの曲を聴く機会に立ち会えているのは、もしかするとすごいことなのかも知れません。そうそう。今回のコンサートの始まる前に、このTHE EAST LAND SYMPHONY」では五楽章構成になっていて、楽章間の拍手は要らないという館内放送が流されてたのを思い出しました。

ここで20分間の休憩となりましたが、福島公演も仙台公演もパンフレットが売り切れになっていました。仙台公演では休憩中には全部売り切れていました。

flower.JPG福島県文化センターに飾られたスタンド花。

後半は指揮者台の脇にグランドピアノが設置されて久石さんの弾き振りが観られることが分かりました。ということで第二部の開始です。後半最初は「Summer」から。久石さんが指揮台から指揮を振り始め、ストリングスの皆さんが弦をはじいて演奏するピチカート奏法であのメロディラインが演奏されていきましたが、途中に久石さんが指揮台からピアノの前に移動しピアノを演奏し始めると、コンマスの豊嶋さんと久石さんのバイオリンとピアノの掛け合いとなり、最初ピアノが伴奏、バイオリンがメロディラインを演奏されていて、心地よい豊嶋さんのソロを聴くことが出来ました。その後、ピアノがメインとなる力強い久石さんのピアノタッチを感じることが出来ました。ひとしきりピアノ演奏された後、久石さんが指揮台に戻って演奏を締めてらっしゃったと思います。

続いて「Life is」ですが、特に説明とかはされてませんでしたが、エリエールのブランドテーマ曲です。とは言え、CMとかではまだ使われていないと思うので馴染みの全くない楽曲ではありますが、ボクの感じたところでは、山脈を遠くに見ながら雄大な自然を感じるような曲だったような気がします。特に第一部はメロディラインがない曲ばかりだったので、第二部は安心できる楽曲が続きます。

そして「Dream More」。サントリーのザ・プレミアム・モルツ「MASTER'S DREAM」CM曲ですが、最近、CMは見かけていないので、一般の方としてはやはり馴染みが少ない曲だったかも知れません。これはソロアルバム「The End of the World」でも収録されていますので、特に説明は要らないかなと。

多くの方が楽しみにしていたと思われる「Symphonic Suite PRINCESS MONONOKE」です。もちろんボクも楽しみにしてました。アルバム「交響組曲もののけ姫」からどう変わるかと思いましたが、特に楽曲のチョイスが変わっていました。にしても、ここのところ、久石さんと新日本フィルハーモニー交響楽団のタッグは続いていますけど、「もののけ姫」サントラの演奏って東京シティフィルハーモニック管弦楽団なんですよね。若干メロディが変わっている部分もありましたけど、完全に楽曲を新日フィル自身のものにされていました。安心して聴いていられます。

楽曲の構成ですが、私の記憶が不十分なので間違いがあることを前提でご紹介すると、「アシタカせっ記」⇒「タタリ神」⇒「旅立ち~西へ~(交響組曲もののけ姫より)」⇒「コダマ達」⇒シシ神の森(交響組曲もののけ姫より)」⇒もののけ姫(ボーカル有)」⇒レクイエム?(交響組曲もののけ姫より)」⇒アシタカとサン(ボーカル有り、「久石譲in武道館」バージョン)」という仮の曲順ですが、ライブアルバムが出たときには、そちらで確認していただければと思います。正直、全く自信がありません。好きな作品ではあるんですが、楽曲名は覚えていないものが多いので...

にしても、福島で聴いた時は最初の「アシタカせっ記」タタリ神でウルッと来てしまいました。1997年夏に映画が公開されて19年が経ち、今のボクの原点そのもので、大変影響を受けた映画でしたから、若いときの自分を思い返していました。そして、ちょうど現在、リオ・オリンピックの真っ最中ではありますが、「タタリ神」は1998年に実施された長野パラリンピック開会式にて、曲が使われてましたことなども思い出しました。久石さん、開会式の演出をされていましたからね。非常に懐かしい思い出が蘇ってきました。

コダマ達」は新たに交響組曲として追加アレンジがなされてましたが、鉄琴・木琴や和楽器系の打楽器を使ってコダマの不思議な雰囲気が表されていたと思います。「もののけ姫」ではソリストの市原さんが力強い歌声を響かせてくれたのが印象的でした。今回は日本語歌詞での披露でしたが、やっぱり日本語の方がしっくり来ますね。

そして、アシタカとサン」では福島でも仙台でもジーンと来てしまってました。この曲は格別なものがあります。最初は久石さんは指揮台に上がって弦楽器が主体となって出だしは演奏されましたが、途中から指揮台から下がってピアノソロとなっていたと思います。ひと通りのピアノの演奏が終わった後、今度はソリスト市原さんが歌う「アシタカとサン」へ。合唱としては聴いていましたけど、ソリストによる独唱は初めてですけど、曲の良さも相まって神々しくなりますね。それでも、ボクの中では久石さんが弾くピアノの音色の「アシタカとサン」が何よりも代え難い曲です。ツイッターでも書きましたけど、この曲は久石さんが弾いてこそ魂が込められるものだと勝手に思ってます。最終の仙台公演では結構ミスタッチが多かったんですけど、そんなの全く気にならないというか、関係ありませんでした。これは何と説明して良いか分かりません。そう感じてしまったもんですから。

ひとつ書き漏らしてましたが、久石さんの指揮がSymphonic Suite PRINCESS MONONOKE」ではメチャクチャパワフルで、見方によってはボクシングでもやっているんじゃないかといった感じに見えました。前半は上品な感じだったんですが、もののけ姫となるとその時の自分に戻られるのかも知れません。特にタタリ神」は中でもパワフルな指揮だったと思います。

アンコールでは「World Dreams」の一曲が演奏されました。ワールド・ドリーム・オーケストラの式典序曲として作られましたが、前回もアンコールで披露されたので2年連続アンコール曲ですね。今回は歌詞はなく、コーラスなしのオーケストラアレンジでした。個人的には好きな楽曲のうちのひとつだったので、良い締めの曲となりました。

仙台公演ではオーケストラメンバーが退場された後にも拍手が続いて、久石さんがステージに戻ってくると最後の最後でオールスタンディングオベーションが起こりました。昨年もほぼ全員のスタンディングオベーションが発生してましたし、そういえば2年連続で仙台がツアーラストだったんすよね。福島公演ではスタンディングオベーションはありませんでしたけど、拍手が鳴り止みませんでした。

ひとまずレポートとしては締めようと思います。後で写真の追加や、校正をしていこうと思います。

fukushima.JPGsendai.jpgfukushima_close.JPG一番上は福島公演、二番目は仙台公演の閉演後の曲目表示。最後のは終演後のとうほう・みんなの文化センターの様子。

(2016.8.12 01:55 投稿)
(2016.8.12 23:00 写真追加)
(2016.8.13 02:00 一部修正

平成28年熊本地震

| コメント(0) | トラックバック(0)

正直、こちらで発生した東日本大震災から5年が経過して、福島第一原発事故災害は現在進行形ではあるものの、地震・津波による災害については、少しずつ良くなってきて、落ち着いてきたところかなと感じていたんですが、今回の熊本で発生した地震は、5年前の記憶がオーバーラップしてきて、熊本県のみなさんが大変な思いをしているんだろうなと言うのが容易に想像がつくので、非常に心が痛みます。

最初の地震が「前震」で、日付で行くと昨日の午前1時の地震が「本震」だったなんて、全く予想をしていなかったし、そうなるともっと大きな本震が起こるのではないかと不安になってしまったり、阿蘇山の小規模噴火が発生していますけど、これから本格的な噴火が起こるのではないかと想像してしまうのも、当たり前だと思いますし、家の中でオチオチ寝れないのもよくわかります。私も震災の日は、いったん避難所に身を寄せたものの、道路の寸断などで全く物資が配られなかったため、結局は自宅に戻ったものの余震が心配で玄関付近で休んでいたことを思い出しました。

さらには現在、雨と強風が九州で発生しているとのことで、土砂災害の危険性が高まるため、非常に心配される状況になっています。

熊本県、大分県などで被災された多くの方々に一刻も早く心穏やかな日々が戻ることを願うとともに、亡くなられた方のご冥福を心からお祈りいたします。本当にいろんな心配があって、心休まらないと思いますが、こういう時こそ頑張りすぎず、泣く時には泣き、笑うときには笑うということが大切だと思います。難しいことかとは思いますが、休めるときにはしっかり休んでいただき、身の安全を第一にしながら、お過ごしいただきたいと思います。

5年(その2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

NHK総合を観たら、震災復興のためのコンサートを会津から生中継でやっているんですね。ありがたいことです。地元に「IWAKI PIT」っていう劇場がオープンしていて、まだ行ったことないですけど、演劇とかライブが開催されているので、機会を見て行ってみたいなと思っているんですが、音楽などが心の支えになったり、励ましになることがありますよね。

夜散歩していると、何軒か立派な建物で生活感がない家が見かけます。「売家」の看板が掛かっている家もあります。住宅事情は大変厳しいはずなのに、立派な家に人がいないんです。

考えてみれば当たり前のことで、お金に余裕があって、あまり福島・いわきに愛着があまり無い方などは、原発事故で放射線量が少し高く、放射性物質が至る所に残っているであろう場所にわざわざ残るわけないんですよね。お金に余裕があれば、他のところに移り住むのは個人の自由だし、権利ですし。

でも、地元人としては...やっぱり寂しい。今まで住んできた場所ですし、やっぱり愛着があります。頭では分かっているんですけど、気持ちとしては、どうにもならないもどかしさがあります。起こってしまったものを戻せませんし。

そう考えてみると、双葉郡の帰還困難区域などにお住まいだった皆さんの気持ちも想像に難くないと思います。5年経っても故郷に戻れないところもあるし、戻れていてもまだ十分な生活を送れる状況ではない。そもそも、もしかしたらずっと故郷に戻れないかも知れないという漠然とした不安を抱えていらっしゃる。以前、そういった双葉郡の避難者の方と、地元いわきでのいざこざもありました。避難者の方は、東京電力から月10万円の慰謝料が支給され、いわき市住民は慰謝料が無いのがそういったいさかいの原因のひとつだと思われます。ボクなんかはある程度、給料をいただいているので、さほどそういったお金の面は気にしてはいなかったんですけど、あまり給料が少ない方などは月10万は大きいですから、妬み・ひがみなどはどうしても起こってしまうんでしょうね。

でも、慰謝料をもらっている方の多くは、故郷に戻れないと言うことを考えると、月10万の慰謝料も当然なのかなと考えることも出来るわけです。ボクらは少なくても地元にいられるわけですから、故郷に戻れないという状況ではないし、そういった差は当然なのかなと個人的には思っています。

そう考えると、阪神大震災の5年後と、状況は全然違いますよね。阪神大震災後の5年はある程度の復旧・復興が見えてきていたような感じだったように記憶していますが、東日本大震災の津波と原発事故では5年の月日ではなかなか解消できず、原発事故の影響の方は、そもそもどのくらいの期間でめどが付くのかすら分かりませんし。

5年って長いようで、被災地にとってはちょっと短い期間だったような気がします。ボクにとってもこの5年間はあっという間でした。今後の5年でどのようになるんでしょうね。

5年

| コメント(0) | トラックバック(0)

震災から5年ですか。

テレビで震災の時の津波の映像が流れるとちょっと心に来るものがあります。

津波は直接体験しているわけではありませんが、大地震の揺れの体験は忘れられない記憶です。体感した経験を、経験されていない人たちや、ボクらの下の世代に伝えていくのが、経験者の今後の役割なんだろうなと改めて感じたところです。

これまで、多くの方にご支援、ご協力をいただき本当にありがとうございます。地元、福島県の復旧復興の最終的なゴール地点がどこになるのか見えていないところもあり、まだまだ長い道のりになるだろうと思いますが、着実に一歩一歩、前に歩んでいると信じています。

今日は、郡山の「ビックパレットふくしま」で実施されている「第二楽章 男鹿和雄展」に行ってきました。

ogakazuo.JPG実は先週の展覧会初日に男鹿和雄さんご本人がいらっしゃってサイン会があったんですが、先週は都響のコンサートだったので、泣く泣く諦めました。っていうか、この展示会自体、先週になって実施されることが分かったくらいのノーマークでした(苦笑)。

郡山青年会議所さんが主催ということからか、あまり大々的な宣伝をしているわけではないのと、ジブリが直接関係していないのもあって、あまりお客さんがいらっしゃってませんでした。ま、終了時間ちょっと前だったので余計だったんですけど。

この男鹿和雄展の趣旨は、吉永小百合さんが行っている広島・長崎の原爆を題材にした詩の朗読をされていて、その後起こった福島第一原子力発電所事故を題材にした朗読もされることになり、朗読を収録したアルバムの挿絵を男鹿さんが担当されており、これまでの男鹿和雄さんと吉永小百合さんのコラボレーションについて、男鹿和雄さんの絵をメインに展示会をされているといった趣旨で良いのかなと。

映画に使われた絵ではないので、大きな絵は無く、小さめな絵ばかりで迫力は無かったんですけど、最初の展示が福島の原発事故を題材にした絵が並ばれていて、楢葉町や富岡町の、黒い除染袋が並んでいる不自然な光景や、バリケードが張られている奥に綺麗に咲いている桜の木々の絵などが描かれていました。絵で描いたものなのに、立体感を感じる絵が多くて、「すごいなあ」と感心するばかりでした。

個人的に印象深かったのは収穫されずに実がそのままにされて残ってしまっている柿の木の絵が2種類あったんですが、人が入れずに収穫が出来ないし、そもそも入れたとしても放射性物質を気にして食べることができない状況で1枚目の絵は柿の実がそのままになって色がくすんでしまい虚しさを感じさせる絵があって、その一方、逆に鮮やかな柿の実が立体的に綺麗に並んでいる美しい様子が、周りの原発災害とのコントラストで鮮やかに映し出されている方向性が真逆の絵が並んでいて、心が引かれました。

男鹿さんも一昨年(平成24年・2014年)に富岡町にいらっしゃっていたようで、ボクも何度か訪れている富岡駅の写真やスケッチが展示されておりました。あと、富岡の桜の綺麗な「夜ノ森」だと思いますが、バリケートが張られていて進入できない夜ノ森の桜の名所の入口当たりと思われる写真がありました。夜ノ森は友人の地元で、桜が綺麗だと聞いていたのでいつか行ってみようと思っていたんですが、こんなことになるとは思わなかったからなぁ... ちょっと残念です。そうそう、男鹿さん、放射線を簡易的に防御する作業服を着られていた写真もありました。

ま、現場を自分の目でも見ているので、インパクトとしてはそんなに感じなかったんですけど、男鹿さんの優しい目線が感じられて良かったです。作品数は多くなかったですけど、1時間弱で鑑賞できました。混んでいないのでゆっくり観ることが可能ですので、ジブリ作品がお好きな方など、足を運んでみていただきたいなあと思います。開催は3月21日(月・祝)までとなっておりますのでお見逃し無く。

なんなんだろう?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ボクは気づかなかったんですが、地元でちょっと不穏なニュースが...

TBS NEWSi】福島・いわきで原因不明の爆発音、問い合わせ相次ぐ(動画あり)
福島民友】地震?隕石?謎の爆発音 いわきで通報や問い合わせ相次ぐ

自宅にいた妹が地震前に発生する初期微動みたいなものを感じたと言っていて、上のTBSのニュースサイトの動画でも衝撃波のような音が確かに聞こえますよね。

発生したのは、日付的には一昨日、8日(月)の午後3時過ぎということだったんですが、昨日の夜に散歩をした時、夜空が少し紫がかった色をしていて、「なんかイヤな色だなあ。地震の前触れなんてことはないよな......(汗)」と感じていたんです。その時はこの「爆発音」の話は全く分かっていませんでした。

やっぱり、大震災の経験があるので、変な空の色と謎の爆発音の話、そしてここのところの頻発する地震を思うと、「また大きな地震が......(涙)」と心配になってしまいます。テレビ番組の受け売りですが、地震の前に地鳴りの発生はあまり聞かれないそうなので、基本的には影響がないらしいですが、「原因不明」と聞くと少し心配ですよね。

でも、大震災直後は、「地面の下から音が鳴っている」「地鳴りが聞こえる」と言った話がよく聞かれました。浅い地層の小規模地震だなんて話、以前、このブログでも書いていました。でも、いわき市内の地震計では反応を示していないということだし... よく分からない現象ですね。

何らかの発生原因はあるはずなんでしょうけど、ちょっと不気味です。

楢葉町

| コメント(0) | トラックバック(0)

この間の土曜日にふとNHKを見ていたら、楢葉町がNHKスペシャルで取り上げられていたのを見入っていました。木曜日の深夜に再放送されるので気になる方は観てもらえればと思いますが。

原発事故の避難指示が去年9月に解除となったものの、スーパーや医療機関、働く場が戻ってこないため、人がなかなか戻ってこない現状を伝え、その状況を打破するため楢葉町役場職員も奮闘しているものの、自身も家族のことを考えると楢葉への移住に踏み切れずにいることを報告していました。

2つ隣の町なので、実は日曜日に楢葉町に足を運んでみました。久しぶりに行ってみたんですが、正直あまり変化が感じられませんでした。車で国道6号線を走ったんですが、避難指示が解除になっているものの、そばに除染作業で発生した除染廃棄物が目に入ってくるのは異様さを感じます。ちょくちょく楢葉町や富岡町に行く時に、国道6号線沿いにあるセブンイレブン楢葉町下小塙店は立ち寄るんですけど、やはり他に営業している店がほとんどないんですよね。

店や医療機関がやってないから人が戻ってこないし、その逆もしかりですよね。やっぱり5年も経つとなかなか難しくなりますよ。わが地元は避難指示区域が無かったので比較的に街の機能は早く戻りましたけど、そもそも地震、津波のダメージがありましたし、現在でも沿岸部はまだ復旧・復興の途上といったところなので、そう考えると避難指示が長かった区域はなかなか元に戻すのも大変かと思います。番組でもやってましたけど、避難先で生活やら仕事の基盤が出来るとなかなか前に戻るのも難しくなってきますし。

番組を観ていたら、ふと、震災直後に津波で大きな被害を受けたホームセンターが、後日復旧を果たして営業再開した姿やら、楢葉町のしばらく無人で荒れ果てていたコンビニがさっき書いた「セブンイレブン楢葉町下小塙店」として復旧して営業再開した姿を見た時、ひどかった姿が目に焼き付いていたこともあって、目頭が熱くなったのを思い出しました。ボク自身、比較的落ち着いて状況を見ているつもりではあるんですけど、やはり地元がめちゃくちゃになった哀しみやら、原発災害にて意図せずに故郷から離れなければならなくなった大勢の方の思いを意識すると、ふと何かこみ上げてくるものがあります。

避難指示が出されている町村が全て元通りになるかどうかと問われると、もしかしたら大変厳しいのかも知れません。今回の楢葉町も、現状ではなかなか大変な状況ではあるものの、着実に前に進み出していると思いますので、また以前のような活気を取り戻していってもらいたいなと願っています。

4年ですか。

| コメント(0) | トラックバック(0)
早いような、でも一方では長いようでもある。

先日、常磐道が全線開通したので通ってみたり、福島第一原発そばを通る国道6号線などを通ってみました。

国道6号線は高いところで20~30マイクロシーベルト毎時という、通常の2~300倍の線量があるところもあるため、あまり通行はお勧めはしないものの、避難困難区域になっている区間は国道6号線から脇道に逸れる道や、民家、商店、会社等の進入部分に全てバリケードが設置されており、物々しい雰囲気が通行するだけでも感じられました。車は通行しているけど、全く生活感のない空間で、完全に震災直後から時間が止まっています。

route6.jpg
大熊町の福島第一原発そばを通過するときは特にゾワッとしました。感覚的なことではありますけど、ちょっとイヤですよね。

いろんな方からのご協力を受けながら、福島ではまだ復旧、復興が行われています。原発事故の影響や未曾有の大災害ということもあり、遅々として復旧、復興が進まない部分もありますけど、先述した常磐道の全線開通も復旧、復興を象徴するひとつでしょうから、そういった面では一歩ずつ前に進んではいると思います。

地震や津波などの自然災害はどうしようもない面はありますけど、原発事故については、一度被害を受けた者としては、現状、原発無くて何とかなっているのであれば、原発は使わない方法を執って欲しいものだなと感じるところです。事故の影響が大きすぎます。

...久しぶりにブログを書いてみたらうまく落とせなくなってしまいました(苦笑)。

3年

| コメント(0) | トラックバック(0)
震災から3年経ちました。

テレビで特別番組がやっているのを目にすると、当時の事を思い出します。
あの大きな揺れ、多くの人が家族を心配して帰宅を目指したため道路の大渋滞。そしてその後にやってきた原発事故による混乱とゴーストタウン化。

津波被害を受ける地区では無かったのでそちらは大丈夫でしたが、原発事故の一報を聞いた時には、「もしかしたら...」といった気持ちもありましたけど、不思議とそんなに怖さは無かった記憶があります。どこにも逃げる場所も無かったんですけどね。逆に物資が入ってこないのと、水が無いのとが厳しかったです。しばらく食事がまともに取れませんでしたからね。

いろいろ心配していただいたり、支援していただくばかりで、お返しもままなりませんが、この場を借りて皆さんにお礼申し上げます。

ただ、原発災害のあった福島第二原発の周囲は、ニュースでもやっていますが、震災直後から時が止まった状態です。
ボクも何度か足を運んで写真を撮ったりしましたが、傾げた家屋や津波で流れてきた車両がそのままになっていたりで、それを目の当たりにすると原発事故の恐ろしさを再認識します。

しばらくは原発事故による混乱は続くんだろうなと思います。去年も書きましたが、少しずつでも状況が良くなることを期待してます。

焦った...

| コメント(0) | トラックバック(0)
 布団に入った直後、いやな揺れが...(涙)

 震災を思い出しちゃったじゃないか!(爆) ずいぶん揺れたんですけど、震災の時はもっとすごく揺れたんだよなと考えると、1000年に一度の地震ってのが逆に実感してしまうのが悲しい。

 とりあえず被害の譲報は入っていないようなのでひと心。

2年

| コメント(0) | トラックバック(0)
 震災から丸2年が経過しました。

 一時期に比べて落ち着いてきましたが、被害を受けた方は状況が良くなっているのか、正直まだよく分かりません。
 津波被害のあった場所は未だに家の基礎が撤去されておらず、これからという感じだし。

 さらに原発事故で避難している人たちはまだまだ家に戻れるような状況に無いし、逆に本当に戻れるのかどうか懐疑的な部分もある。

 地震と津波だけだったら、もう少し違うんだろうけど、原発事故が状況を複雑にしてます。


 でも、あの出来事が2年前か... 正直、あまり記憶に残っていなくて。直後1ヶ月は思い返すと1ヶ月とは思えないくらい長く感じた1ヶ月だったけど、いろいろと考えるとつらくて、記憶が飛んでいる部分があります。
 先日、浜通りをいわきから北上して楢葉あたりまで車を走らせてみました。楢葉は入れるようになったんですが、人が居なくて、ゴーストタウンのような様相で、原発事故直後の地元の様子とオーバーラップしてしまって、目頭が熱くなってしまいました...

 正直あまり思い出したくないんですけど、そういうわけにも行かないし。

 1日1日、少しずつでも良い状況になることを期待してます。

The Best of Cinema Music

| コメント(0) | トラックバック(0)

 お久しぶりです。

 忘れ去られないように、久しぶりに書き込みます(苦笑)。

 先日、被災者支援の「The Best of Cinema Music」が発売されて、購入しました。

  

THE BEST OF CINEMA MUSIC
定価:¥ 3,000
新品最安価格:¥ 2,999 (6店出品)
中古最安価格:26%OFF ¥ 2,200 (4店出品)
売上ランク:2710位
by 通販最速検索 at 2011/09/22
 

 ラインナップは聴いたことがあるのばかり。やっぱりせっかくだったらDVDの方がよかったですよね(涙)。

 それと、もう一つ気になるのは「アシタカとサン」以外のコーラスなど歌が入っている曲は全部英語詞なのがどうかなあ、なんて。ま、もともと海外で披露したものを急遽、震災支援コンサートということで実施したので、分からなくはないんですけど、国内ではできれば日本語詞にして欲しいなあなんて、ボソッとひと言(苦笑)。

 でも、聞き込んではないですけど、演奏は結構良い感じですね。ゆっくり聴いておきたいところなんですが、時間と精神的余裕がありません...(涙)

 仕事帰り、夜10時すぎだったんですけど、職場のそばの公園からものすごい勢いでセミが鳴いていたんですが、夜にセミってすごい勢いで鳴くものでしたっけ?

 家に帰ってきたら、少しだけセミの鳴き声は聞こえたけど、「ものすごい勢い」では無かった。

 うーん、何かの前兆だったりするんでしょうか? ま、家の近くではそんなでもなかったので、局地的なものかな?

 ま、何も無いことを祈るばかり。

 3時54分頃に大きめの地震が来てビックリしました。

 結構長い時間揺れていたので、「おおぉぅ...」をベッドで横になりながら収まるのを待ってました(汗)。

 いわき市は震度5弱でしたが、よく確認したら地元は震度4だった... 確かにそんなに強い揺れでは無かったような... 地震耐性がちょっと薄くなってるみたい。揺れが強くなくても、長く揺れたらちょっとイヤですよね(涙)。

 とりあえず被害などは確認できてません。たぶん大丈夫だろうと思います。

 ま、せっかく「コクリコ坂から」の映画評を書いたので、下のブログ記事も読んでもらえると嬉しいです♪

 今日の地震はゆっくりとした長い地震だったんですけど、結構長く続いて、一瞬「強くなるんじゃ...」と思わせる地震でした。

 マグニチュード7.3ってことだから、地震としては規模の大きい地震だし、揺れた範囲も広かったですね。311の直前に起こった地震をイメージしてしまったので、ちょっとここ数週間は地震に気をつけた方が良いのかも...

 全く話が変わりますが、今シーズンはじめてF1をフジテレビで見てます。去年はチェックしてたんだけど、今年はちょっと震災の影響で疲れちゃってて...(苦笑) ネットでリアルタイムで見れるサイトを探したりしてまで観てたんですけどね。今シーズンはそこまで気力無し。

 でも結構小林可夢偉の調子は良いみたいですね。早く表彰台に上がってもらいたいもんです。

 この間、温泉が湧き出たところを見に行ったときに、これまで新聞やテレビなどの伝聞でしかなかった津波被災の状況を実際この目で見てもらおうと、妹や母とともに沿岸部に行ってきました。その時の写真がこれ。

usuiso-01.JPG

usuiso-02.JPG

iwashin-shioyazaki.JPG この写真はいわき市の薄磯という地区で、美空ひばりが歌った「みだれ髪」で有名な塩屋崎灯台のすぐそばなんですけど、集落というか町がひとつ、津波で持って行かれている光景が目の前に広がっていました。

 テレビとか新聞でさんざん流れているんですけど、やっぱり目の前にその様子が広がっていると、また全然違った印象を持ちます。どうも、市内でも、市域が広大なためか被災が他人事に思われちゃっている部分も感じられてて、実際に目の当たりにして実感するところもあるんじゃないかなあなんて勝手に思っていたので家族を連れていきました。もちろん長居はできなかったですけれども...

 震災直後に仕事でいくつか回ってきたところもありますけど、3ヶ月も経ってこの状況なんだなと思うと、ちょっと悲しくなる部分もありますね。ここに住んでいた人たちの生活はなかなか戻らないでしょうし。瓦礫も中学校や新舞子ハイツ(宿泊施設)のグラウンドにものすごいことになっていたし...

 少しでも状況が伝われば良いんですが...

ブルー

| コメント(2) | トラックバック(0)

 すんません。最近、更新が滞ってました。

 気分がブルーで、なかなか書き込めず。

 なんか職場で異動があるなんて話だし、イヤだなぁ。

 書けることが無くてね...

 最近、Evernoteを使うようにしたけど、なかなかネタが見つからず。

 参った、参った。

そっちの方が好き

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日、職場へ向かう途中、前を走っていたダンプに「のんびり行こうよ福島県」って書いてて和みました。

 あまり「頑張ろう」と言い過ぎずに、ま、大変なときだからこそ「のんびり」する方が、良いような気がします。頑張りすぎちゃってぶっ倒れちゃったら仕方ないですし。

 ...そうそう。ふと気になって自宅の海抜を調べてみたら、海抜7メートルでした(汗)。津波来てもさすがに海岸から離れているから来ないだろうと思っていたんですけど、ちょっと気をつけた方が良いのかも...

 下に海抜を調べる地図サイトを紹介しているURLを載せておきます!

http://gootre.blog.so-net.ne.jp/sea_level

 結構使えるかも知れませんね!

マスク

| コメント(0) | トラックバック(0)

 前からちょっと気になっているんだけど、地元ではもう普段の生活に戻っている人もいて、高校生などは至って普通に登下校しているところを見かけるし、なんか若い子たちなどはマスクをしている姿を見かけません。

 地元いわきではそんなに放射線量は高くないですけど、表土に掛かって残留している放射性物質はある程度あるじゃないかと思うんですよ。放射性物質を体内になるべく入れないように、マスクはしておいた方が良いと思うんだけど。気休めなのかも知れないですけどね。

 国は「危険性はない」というばかりなんだけど、その前に「ただちに」が付くんですよね。

 これは「今は危険性は無いけど、将来に渡ってということになると...」っていうことを意味しているわけで、ある程度の自己防衛はしておくべきなんじゃないかとボクは思っているんですけど、実践している人は少ないのかなぁ。ボクもマスクくらいしかやってないんだけど...

 そもそも、癌を患っても、原発事故との因果関係は証明しようがないですから。統計学的に癌発生率が高くなって、原発との関連性は指摘されるんだろうけれど。政府は国民の生命を守る気が無いんじゃないかって過激な意見も某巨大掲示板では出てるし、ちょっと気になるところ...

 東北電力の対応は後手後手に回っているし、政府発表のコメントは変な言い回しやら、突如訳分からないことを言ったりするし。

 メルトダウンなんてずいぶん前から言われているのに、今更、「やっぱりメルトダウンでした」って...

 ま、そもそも「原発事故」って想定されていないから、政府も大混乱してるんだろうけど、なんか問題が起きてものらりくらりとかわされちゃいそうな気がしてなりません。

スマフォ欲しい

| コメント(0) | トラックバック(1)

 ...震災以降、仕事が特別体制になっちゃってまして、直後1ヶ月は実は殆ど休み無しというか、夜勤(24時間勤務)明けの日が休みとなっていたという状況で仕事してました(汗)。いや、大したことをしていたわけではなく、電話番かなぁ...(滝汗) あ、最初のうちは支援物資の輸送をやっていたな... 正直あまり覚えてない...(苦笑)

 今は落ち着いて本来業務をやるようになったんですけど、まだ特別体制で、通常土日休みなんですけど、今は誰かは出ているようになっているので、最近のボクは金・日が休みって感じになってます。そんな状況なので、もちろん有給なんてないし(笑)、ゴールデンウィークも「何それ? おいしいの?」みたいな感じ(爆)。その週だけ1日休みを増やしてもらえたんだけど。

 でも、被災者の方は大変だし、全く不満は無いんです。ちゃんと週2日休ませてもらっちゃってるし。とりあえず現状報告をしておいたと。

 ...って、震災と違うことを書こうと思ったのに(苦笑)。

 こんな時だからこそ、経済活動はしっかりやりたいなあと思いまして(笑)、最近スマートフォンが欲しいんですよ。

 現行機種は去年買ってちょうど1年経ったくらいなんですけど、iPod Touchを買ってから、ま、これは「フォン」ではないんですけど、Wi-Fi環境もあるので、寝ながらネットを見たり、アプリを使ったりで結構面白いのでスマフォに乗り換えたいなあなんて。

 昨年買うときにも「Xperia」が出ていたんですけど、当時やっていた仕事柄、「緊急地震速報」の受信をしたかったんですよ。で、Xperiaでは、というよりスマートフォンでは未対応だったから、今使っているのはドコモのSH-03Bっていうキーボード付きのケータイなんですが。

 でも、今年中に緊急地震速報にスマフォ対応させるって話だし、切り替えたいなあという気持ちになってきました。

 明日、というかもう今日になっているんですけど、ドコモで夏モデルの発表会を今日、やるそうですし。すでにソニーエリクソンから発表されている「Xperia acro」がかなり気になってます。これの前機種の「Xperia arc」に日本独自機能のFeliCaやワンセグに対応させた機種だってらしいです。

 何かあったときに情報収集でワンセグはやっぱり欲しい。FMラジオも聴けるらしいし、災害時に心強い。ま、海外に行くことはそんなに無いから、独自機能付いていた方が使いやすそうだし。それと、結構今、FeliCaというか、ドコモでやっている「iD」を結構使っています。コンビニメインですけど、現金を使わなくて良いというか、支払いを後回しにできてポイント付くので、結構使ってるので、それが使えなくなっちゃうのが困る(苦笑)。

 その他、いろいろな状況があって、ちょうど良いタイミングだったりするわけです。

 ...購入とか自粛する必要も無いですしね。経済が回るのであればどしどしお金を使わないといけないですよね。ただ、自分の財布と相談はしなくてはいけませんが...(苦笑)

チェルノブイリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 NHK BS1で「BSドキュメンタリー 永遠のチェルノブイリ」というの今、放映されてます。

 ...怖いですね。フクシマはどのくらいで落ち着くんでしょうか...

 原子力には手を出さない方が正解なんでしょうか。

 うーん... 分からないけど、他の方法で電気が確保できれば、その方がもちろん良いんですが...

 なんか今日は気が乗らないというかナンというか...(苦笑)

 ずーっとそんな感じでブログ、掲示板の書き込みはしておりませんで...(汗) いろいろとあるんですよ(苦笑)。

 ビン・ラディンが殺害され、それに歓喜しているアメリカ国民を見て、「何で人の死をそんなに大げさに喜ぶんかな?」と違和感を持ったりしたんだけど、特に書き込みしたいなあとは思わなかったり...(汗)

 ...って、うわっ、今、地震が...(汗)

 結構地鳴りが聞こえました。けど、気象庁からの震度速報は出てないみたい... ネットで使っている地震速報のソフトは情報を受信したんだけど... なんか情報の公表基準ってあるんでしょうかね? 震度3くらいはあったように思ったんだけど。

 そうそう。ボクは聞いたこと無いんですけど、地元で結構、地下から「ドン」とした爆発音とかの異音が聞こえるそうです。地元の廃坑になってる常磐炭鉱の坑道が崩れて地盤沈下するんじゃないかと心配されている方がいらっしゃるようなんですけど、低い地点での小規模地震の音だということで、坑道のあるあたりのものとは違うだろうなんて話を聞きました。

 でも音がするはずがない地下から音がするってのはちょっと怖いものがありますよね。

 

 ...あれ、書き込む気分が無かったはずなのに、地震につられて書いちゃいました(苦笑)。

正夢にはさせない

| コメント(0) | トラックバック(0)

 久しぶりに緊急地震速報がなりました。今日の午前2時...(汗) ボクのところは揺れませんでしたけど...(苦笑)

 でも、一昨日なんですけど、イヤな夢を見ました。

 夢で地震が起こったんですよ。結構強めの地震だったんだけど、震度4程度の揺れだったかな。で、ちょっと他の地域の揺れがなぜか気になって、確認してたら...

 東京を震源とした大地震でマグニチュード9.0を超えるものだという報道を見たっていうところで飛び起きました(涙)。

 一瞬、夢と現実が混同して訳が分からなくなりました... 全くイヤな夢でした。こんなの正夢にはなりません。させません。全くもう。

Disaster

| コメント(2) | トラックバック(0)

 YouTubeで大震災の映像がまとまったのが流れていたので、ちょっと眺めてました。ナショナルジオグラフィックの映像なのかな? ちょっと眺めていたら、悲しくなってきました...

 

 過去にこういった津波被害って何度も受けているはずなのに、全然生かされていないというか、忘れ去られているのがちょっと悲しいですね。でもそう言いつつ、まだ「夢」なんじゃないかと思う自分もいたり...

 そうそう。悲しいと言えば、元キャンディーズの田中好子さんが亡くなったニュースもちょっと悲しかった。この間まで元気にテレビに出演されていたと思っていたんですが... ご冥福をお祈りいたします。

4連チャン...

| コメント(0) | トラックバック(0)

 また風呂に入ったら揺れました...

 何か持ってるんでしょうか、ボクは(苦笑)。

 とは言え、地元の活断層「井戸沢断層」が活発に動いているから、速報が出ている以外の地震もあり、絶え間なく地震は起こっているので、当たり前と言えば当たり前なんですが...(汗)

 でも感じることのできる地震が起こっているので、ちょっと気にはなります。風呂場からはなかなか逃げられないので...

 今日、風呂入っていたら地震に襲われた...(汗) 緊急地震速報は流れなかったけど、風呂に入ったら高い確率で地震が起こります。妹に「風呂に入るな」と言われました(涙) 何か悪いことしただろうか...

 とりあえず今日の写真をアップ。これは4月に入ってから撮影したものです。こういった道路も余震もあってか直せない感じですかね。場所がちょっと分からないけど、もしかすると新舞子浜付近なのかな?

douro_2233.JPG

2日続けて...

| コメント(0) | トラックバック(0)

 風呂の中で緊急地震速報を受けました...(苦笑)

 今回も揺れは震度1だったので良かったんですけど、いつ大規模のものが来るか分からないから困ります...

売ってない

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日はちょっとブログをお休みしました。

 この間の強い余震もあったので、仕事用にヘルメットを買いたいなあと思ったんですが、地元のホームセンターをハシゴしてみたんですが、置いてない...(苦笑) 子供用の自転車ヘルメットはありましたけど。

 仕方ないのでamazonを眺めてみたんですが、売り切れ続出でamazonでも買えない... すごい勢いで売れてるんでしょうね。今買っても、納入待ち状態ですぐには届かないんでしょうね...

 水用のポリタンクも無いし... ま、水道はチョロチョロではありますが出るようになったので、ポリタンクは急いで買う必要はありませんけど。

 それにしても、今日もお風呂に入っているときに緊急地震速報が...(汗) お風呂とか寝てるときはちょっと困りますよね... 対応ができない... どうすりゃ良いんでしょう... ちょっと考えあぐねてます。寝るときはすぐに動けるようにシーパン履いて寝るようにしてますが(苦笑)。

 今日は写真貼りはしません。御免なさい。

 まずは震災の写真から。

 これはおそらく勿来火力発電所のそばかな。車が津波で流されて重なっているところ。

 津波の威力のすごさが伝わってきます。

kuruma_2195.JPG

 話はちょっと変わるんですけど、たまにこのブログでも話が出てくる、シンガーソングライターの熊木杏里さんがチャリティ・ソングを発表したということでとりあえずメモ的に書き込んでおきます。

Warner Music Japan】チャリティーソング「ホームグラウンド~ふるさとへ~」配信

BARKS】熊木杏里、「ホームグラウンド~ふるさとへ~」をチャリティー・ソングに

Hotpress】熊木杏里 チャリティソング発表直後、旧譜が1、2位を獲得

 「ホームグラウンド」っていう曲なんですけど、元々は熊木さんの地元である長野をイメージして作った曲だったと思うんですけど、内容としてピッタリだし、曲が良い曲でした。iTunesでダウンロードできたので早速聴かせてもらってます。

 こういう時期だからこそ、熊木さんみたいな歌声って心地よく響くんじゃないかなと勝手に思ってますので、気になる方は聞いてみてくださいませ!

 ...そういえば、久石さんのコンサートはどうだったんだろう? 行った方、掲示板ででも報告してもらえると嬉しいです!

勘弁してくれ...

| コメント(0) | トラックバック(0)

 強い余震がありました。地元いわきでは震度4。

 ちょうどボクは風呂に入ってましたけど、揺れが長かったため、11日の本震を思い出してしまった...

 また余震が続いてくるんでしょうか?

 原発もあるし、心配な日々が続きます...

 

 で、最近写真を載せていなかったので、掲載します。

 いわき市の勿来地区の津波被害の様子が分かる写真をチョイスしました。具体的な場所は撮影者じゃないので分からないんですが、勿来火力発電所の近くではないかと思われます。

 違う写真だと、地元消防団の詰め所が完全に流されて基礎しか残っていない写真もありました...

 

nakoso_2208.JPG

ふと思い出した

| コメント(2) | トラックバック(0)

 覚えていないんですけど、たぶん事故が起こった第一原発ではなくて、第二の方だったと思うんですが、原子力発電所の中に入ったことがあります。もちろん、敷地ではなく、いわゆる『建屋』の中です。

 福島高専に在学中、教育の一環で確か全学科の学生が、バスで原発に一斉に行って、建屋の中を見学させてもらったんです。

 もう記憶はおぼろげで詳しくは覚えていないんですけど、プールを見た記憶があります。たぶん燃料棒を冷却保管するプールだと思います。じかにプールを眺めることができた記憶が...

 一番覚えているのが、施設から出るときに、空港にあるような金属探知機みたいな検査装置をくぐらされて、ちょっとした緊張感を味わったこと。「検査が通らなかったらどうしよう」なんて思ってましたね、当時。

 ...今の今まで、忘れてました。こんな時期に「だからなんだ!?」とは言われちゃうかも知れませんが、なんかそんなところが水素爆発とかで吹っ飛び、放射線を放出し続けているってことが、正直な話信じられないというか、なんか自分の経験とマッチしないというか... あれだけ厳重にやっているように見えても、人間のやっていることだからどこか対策が漏れていたりするんだなあということも感じました。

 これから脱原子力に向かうんでしょうか。今の便利な暮らしを返上するか、新たなテクノロジーが発明されない限り、なかなか厳しい感じもする。これだけ苦労しているから原発は来て欲しくないけど、原発無しで暮らしていけるのかも不安な面が...

 すみません。帰りが遅くなっちゃったので今頃。

 今日の帰り道。さすがに夜11時頃ではコンビニもやってません。

 ようやく1カ所だけやっていたコンビニでちょっとしたものを購入しました。


 そんな中ですが、モスバーガーがやってました!

 マクドナルドもやってないのにすごいです。

 「がんばろういわき」ってメッセージを掲げながらやってました。

 でも、まだハンバーガーを食べようと思う気持ちにならないなぁ...


 でも徐々に、地元も持ち直してきているなあとしみじみ感じました。

 直接担当しているわけじゃないけど、地元に届いた支援物資が行き渡ってないんじゃないかってYouTubeに載ってました。

 慣れない部分もあって、不手際とかはあるかも知れないけれど、現場サイドは一生懸命やっているんですけど、一面だけ切り取られちゃうと「やっていない!」とどうしても見られてしまうのは少し残念。確かに避難所のリクエストに十分応えられていない部分もあるかも知れないけれど、ボクも震災直後は支援物資を避難所に持ち込みしていたので、物資が届いていないことは無いはず。

 結構な量があるように見えるけれど、いわき市って30万人以上の人口がいるので、総人口を考えるとあれでも1日分くらいの量だろうと思います。なかなか物資輸送には時間が掛かるので、現在は自衛隊の皆さんにご協力いただきながらの配送となっているようですので、ある程度スムーズには進んでいるはずですけど、最近、現地は見ていないので...

 でも、いわき平競輪場から避難所、老人福祉施設や要援護者世帯などに配付はされていますので念のため。

 ちなみに地元のスーパーは開店し始めたところが多くなり、普通に買い物ができる状況になり始めました。ガソリンも長蛇の列はかなり解消されており、物資面では落ち着いてきていると思います。

 にしてもこうしたYouTubeの動画って、結構影響力ありますね...

余震が続く

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先ほど、いわきで震度4の余震がありました。いつ頃収まるんでしょうね...

 うちの父が先日、ボクのデジカメを持ち出して写真を撮りまくってきたので、そこからちょこちょこと記録用にブログにアップしていこうと思います。うちの父、暇を持て余しているんだか、写真を撮りにあちこち回っているらしい...(汗)

aquamarine_2146.JPG

 この写真は「アクアマリンふくしま」のそばなんですけど、近くに貨物船が岸に乗り上げ座礁してます。ちょっと信じられない光景です。

 「アクアマリンふくしま」も、水槽を維持する重油が調達できず、多くの魚たちは死んでしまっていてちょっと悲しいです... 何とか早くに再開して欲しいと思ってます。

asahi.com】20万匹を失った水族館「復興し、いわきのシンボルに」

状況が違ったら...

| コメント(2) | トラックバック(0)

 折りたたみ自転車、届きました! けど、箱が大きすぎて開けて組み立てるには時間が無かったので、箱から出さず仕舞い。休みが取れたときにでも組み立ててみようと思います! って、殆ど組み立ててある状態なんですが(苦笑)。

 今回命名された「東日本大震災」ですけど、全く自宅では地震対策なんてしてなかったので、CDラックとか本棚が倒れて床に散乱していました。そのため、一時、自分の部屋のドアが開かずにしばらく入室できなかったくらい。

 それでも直前に購入したロフトベッドのおかげで、ロフトベッドの下に置いたパソコンとかは無事だったのが情報収集の上では助かりました。

 にしても、ふと、阪神・淡路大震災みたいに寝ている時間帯に起こってたらとか、ロフトベッドを買ってなかったらとかと考えたら、無事では済まなかったな、なんて思ってます。寝てる最中に地震が起こったら、気づくのが遅れて顔とかに本棚とかが直撃してただろうなぁ...

 そういった意味で、昼間に地震が起こったから揺れによる被害者は少なかったとは思うんですが、津波は...本当に考えてなかったからなぁ。奥尻島とかでも津波被害があったのに、対岸の火事って意識だったな。

 今回の経験は生かしていきたいなあとは思います。

 アマゾンさんで宮城、福島、岩手の一部地域の注文受付を再開したってので、折りたたみ自転車を注文してみることにしました。

 無事に届くのか、ちょっと心配ですが、集配センターに取りに来てくれってことであれば、それに従いたいと思います。

 ガソリンがなかなか調達しづらい状況でもあるので、ちょっと自転車で動けるようにしたいなあと思った次第なんです。

 でも、地震が来る前から欲しいなあとは思っていたんですが(苦笑)。とりあえず車につけておいて、動き回るときに活用しようと思ってます。

 これまでの日常が11日の地震で奪い去られました。

 そういう状況だからこそ、これまで意識していなかった

 「普通」「通常」を意識する必要があるのかも知れないですね。


 東北以外の人たちが自粛ムードになると、経済が落ち込むし、

 被害を受けた僕らも、前に進まなければいけないし。

 インフラはまだ整ってないけれど、これまでの日常を取り戻すため、

 10日まで過ごしてきた生活を意識することも大切なのかも知れませんね。

分かりやすい

| コメント(1) | トラックバック(0)

 ネットで、福島第一原子力発電所のことを、たとえを使って分かりやすく説明している動画があったので、観た方も多いかも知れませんが、掲載しておきます。

 

 厳密には違うのかも知れないけれど、知識が無い人が観た時の分かりやすさを考えると、この程度の動画は非常に良いと思います。無用に心配している人、結構いますし。

 「原発」とか「放射能」とか、マスコミがあおってばかりだから、単語だけとらえて、「危ない!」と思い込んでいる人、かなりいるんじゃないかな。

 今回ほど、マスコミに対して、頭に来るのを通り越して、情けなくなりました。真実を告げるのが報道の指名だというのは分かるけど、大混乱を引き起こす「報道」ってどうなんだろうと。
 原発問題発覚直後は、「原発」「放射線」の危険性ばかりが先立つ報道になっていたし、それが今の食料、ガソリンなどの物資不足の混乱につながっていると思います。
 かと言って、「じゃあ、どう報道すれば良いの?」と言われると、ちょっと困りますが...(汗) 「健康に問題無いから安心して!」って報道しておいて、何かあったらどうするんだってことになっちゃうか...

 そうなると、国の情報の出し方が元凶になるのかな。
 これまで、基準値を超えているから摂取しないで欲しいと言いつつ、摂取しても直ちに身体に影響を及ぼすものでは無いので摂取しても大丈夫っていう二枚舌になっているから、受け取る市民は混乱しちゃうんですよね。
 放射線の件と言い、水道水の件と言い、枝野官房長官の発言がいつもそんな感じでしたからね。

 ただ、逆に考えると、国が出している情報については嘘偽りのない情報なんだろうという風に考えることができます。正しい情報を出しているから、混乱しちゃっていると。
 ま、それは、「嘘情報を出して後から責任問題にしたくない」っていう不純な部分でそうしているのかも知れないけど。今のところは、注目も集めているし、嘘情報を流したり、隠していたりすることはしていないと思ってます。
 土壇場になったらどうなるかは予測つきませんけどね。

 ...ありゃ、話がずいぶんとズレちゃったな...

頭洗いました

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ水道が通っていないんですが、ちょっと水を贅沢に使って頭を洗っちゃいました。10日以来になるから15日ぶりってことになりますか(笑)。

 幸い、電気は来ているので不便しているのは水なんですけど、今まで当たり前に使えていたので、あまり有難みを感じるのを忘れてしまっていたので、改めて「普通に使えることのすばらしさ」を感じてます。

 多くの方が亡くなっているので、もしかすると不謹慎な言い方になってしまうかも知れませんけど、今の子供たちには良い体験学習になっているのではないかな、なんて思っている部分もあります。あまりに何もかも揃っている環境に慣れちゃっている子供が多いように感じていたので、ちょっと不便さを体感することも必要かなと。

 でも、1万人をも超える方が犠牲になった今回の震災・津波。やっぱり人間って、自然にはかなわないんですね。仕事で防災をかじっていたんですけど、10メートルを超える津波なんて、全くイメージすらしてませんでした。いろんな意味でちょっと悔しいです。改めて亡くなった皆さんのご冥福をお祈りしたいと思います。

 なんか毎日震災の話をしても気が滅入っちゃうので、ちょっとだけ脇道に逸れようと思います。

 今日、仕事から帰ってきたら、親から仕事を頼まれました(苦笑)。親が地元の自治会の班長(地元では隣組の班長って言っているんですけど、地域によって言い方は違うのかな?)をやっていて、こんな震災被害の残る時期ではあるものの、決算報告書を作ってほしいとのこと。

 仕事でもそんなことをちょっとやっていたので、小一時間くらいで作業は終わりましたけど、ちと面倒くさかったかな(笑)。でも、とりあえずお金をどのように使ったかどうかはしっかり分かるようにしておかなければいけないですからね。


 ...うぅ、風呂に入りたい...(爆) 頭、13日間、洗えてません...(涙) 水道、早く復旧して欲しい。髭も切っておらず、無精髭がボーボーになってます(笑)。髭については、これを機会にちょっと伸ばしてみようかと思ったから剃ってないんですけどね。

 そういえば、地元にエガちゃんが来てたんですね。みんなが逃げている時に来るってすごいなあと素直に関心しました。地元民としても大変ありがたいなあと思いました。芸風はあんなだけど、まっすぐな人なんでしょうね。

 こういう非常時なのであまり休みが取れません。取れても、徹夜明けの日が休みっていう訳の分からないスケジュールになっていて、給油もままならない状態です...(涙)

 さすがにすごく身体が怠い。ゴールが見えないので特に、なんですが。

 本音を言えば、ゆっくりお風呂につかって、休みを取ってゆっくり寝てのんびりしたいですけど、家を無くされたり、亡くなった方とかのことを考えると、そうとも言ってられない。

 でも、通常業務もやらなければならないんだけど、そっちは全く何もしておらず。参った... もうすぐ年度末だからなぁ... そっちの処理もちょっと考えなければ...

震災報告3

| コメント(0) | トラックバック(0)

 当日の話が途中だったのでつづきを。

 やっと地震が一段落したんですが、ひどい有様です。普段動かないものが動いていて、ものすごく重いスチールラックが動いて書類などが散乱するのは当たり前の状態で、大きなコピー機も大きな揺れで踊るように動いていたのが印象的。リースで借りていたパソコンなんかがテーブルから落ちてしまいました。幸いにもけが人はいなかったので良かったんですが。

 そのような物の状態には構っている暇は無く、建物の7階にいたので、階段で地上まで急いで降りました。余震もいつ来るか分かりませんし。急ぎつつも、あまり焦らずに1段ずつ階段を下りていきました。

 8階建ての建物なんですが、一部ガラス窓が破れて地上に破片が落ちているところもあったりして、建物近くは危ないため、そばの公園でしばらく様子を見ることになりました。余震も結構あり、そばの樹木が大きく揺れていたことが印象に残っています。しかも一時、雪が降ってきたりして非常に寒い... でもその時間に沿岸部では津波に襲われていたわけで...

  参考で、地元の小名浜の映像がYouTubeに載っていたので転載しておきます。ボクも地元小名浜の様子は見ていなかったので、さっき見たとき唖然となりました。見る影も無いというか...

 ...話は飛んでしまいましたが、余震がどうなるか分からない状態だったので、一旦自宅にみんな帰ることとなりました。しかし、この間言ったように道路にひび割れが起こったりして、道路状況があまり良くない状態なのと、多くの人が車で家路へと急ぐ人で殺到し、自宅に戻るまで、普段30分も掛からないところ、3時間ほど時間が掛かってしまいました。

 携帯電話もほとんど通じなかったのでちょっと家族のことが心配だったんで、帰宅に時間が掛かって結構やきもきしました。結果的にみんな無事だったので良かったんですが。確認するときにはもう、夜遅い時間になってました。


 当日についてはこんな感じでしょうか。ちょっと端折っているところも結構ありますけど。

 にしても、今は電気、電話は大丈夫ですがまだ水道が復旧されていません。食べ物については徐々に営業し始める店舗が増えてきているので、何とか食べるものはあるので生活できてます。ただ、ガソリンが給油できていないので仕事に出づらい状況。20日から市内にガソリンが出回るようになっているようですが、長蛇の列ができており、一部では並んでいる人同士でのトラブルが起こっているとか。ガソリン自体は十分な量がスタンドに供給できるようになったようなので、トラブルが収まってくれるのを祈るばかり。

 食べ物が調達できない人に対しての食料等の支給なんかも始まったんですけど、自分で買いに行けるような人が殺到して、行き渡らない状態に。現場は見ていないんですが、何度も並んで何回ももらっていく若い人もいたのだとか。我先にという人が多いようでちょっとガックリ... という我が家の親も貰いに行ったようなので、動けるんだから貰いに行くなって怒っておきました(汗)。

(参考)いわき地域情報総合サイト「いわきあいあい」
 地元のFMラジオ局「いわき市民コミュニティ放送(SEA WAVE FMいわき)」が運営する地域ポータルサイト

 ...ホント、原発さえ収まってくれれば、もう少し落ち着くことができるんじゃないかと思うんですが、もう少し掛かりそうですね。余震も今日は結構ありますし、ちょっと不安な面も。

 これから早めに寝ようと思うんですが、目が覚めたらすべて嘘でしたってことにならないかな、なんてどうしても思っちゃいます。なんか、まだ実感できてないですね。1週間以上経ってはいるんですが...

 そうそう、最後に。コメントをいただきありがとうございます。このように無事に過ごしてますが、しばらくお返事しませんのであしからず。気が向いたら返事するかも知れませんが。掲示板については、いつものとおり情報のやり取りで使ってもらえるとありがたいです。いつものとおりに。

和んだ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は徹夜明けなので、昼間はお休みをいただいてますが、和んだ動画を見つけたのでご紹介します。

 

 早くこんな日々に戻って欲しいと思います、ホントに。

 後でまた出てこようと思います。

震災報告2

| コメント(1) | トラックバック(0)

 ちょっと地震当日、3月11日のことを振り返ってみます。

 金曜日の午後、通常どおり建物7階で仕事をしていました。デスクワークで、壁際に机を並べてパソコンをパタパタと打っていたんだと思います。

 午後2時46分に「東北地方太平洋沖地震」が起きているんですが、その直前に多くの人の携帯からブザー音が鳴り響きました。何度か耳にはしていたので、それが「緊急地震速報」の音だとすぐに気づくことができました。

 同僚とかにモノとかに捕まるようにと伝えてボクが動きだそうとした瞬間、すごい横揺れが発生しました。地鳴りもあったかも知れませんが覚えてないです。縦揺れはさほど無かったかな。いくつか仕事部屋が分かれていたので、揺れている最中に移動して部屋の確認をしましたが、一瞬、建物自体崩れ落ちるのではないかという恐怖がよぎりました。1分弱くらい揺れていたと思いますが、ちょっとした恐怖感を感じた直後、徐々に揺れが収まっていきました。

 そうそう、揺れ自体は二波、三波があったように記憶してます。強くなったり弱くなったりを繰り返していたような気が。なのであまり生きた心地はしなかったですね。建物の7階で揺れが相当激しかったですし。

 ...今日はこのくらいにしておきます。明日は泊まりの予定なので書き込み無しです。

 ようやくガソリンが地元にきはじめたんですが、ガソリンスタンドが長蛇の列です。一部ではトラブルも発生していたようで。これからガソリンも十分な量が出回ってくるようなので、あまり焦らずに給油したいと思います。待っていてガソリン切らしたらイヤだし... 地方は車が無いと不便なので困りますね...。

震災報告

| コメント(1) | トラックバック(0)

 未曾有の東北関東大震災に襲われて、ちょっとだけでも記録用にブログに書いておこうかなと思ったので、時間があれば1日1回、書いていこうかなと思います。ま、仕事が泊まりの時もあるので、そのときは書けないけれど...

 下の写真は、家の近くの道路の状況です。  

hibiware.JPG

 こんな道路のひび割れはざらに発生していて、車を運転する際には気をつけないと大ジャンプをする可能性があります。

 ...で、こちら福島県いわき市はニュースにもなったんですけど、原発の影響を受けて、ガソリン等の燃料やら物資が届かず、店はあまりやっていません。今日、帰り道を歩いて帰ってきたんですが、途中にあった自動販売機では清涼飲料水がすべて売り切れになってました。かろうじてコーヒー系飲料が少し残っているくらい。

 また、やっぱり他のところに移っている人が多いようで、帰ってくる時間が23時前だったんですけど、車もほとんど通っていないし、家に明かりが点いているところも少なく、ゴーストタウンの様相を呈していました。ま、みんな、原発を不安がってますからね...

 うちは少し内陸に入ってきた場所なので津波の被害は無かったですけど、沿岸部はひどいものでした。道路の真ん中に崩れた家があったり、車が上下に重なっていたり。亡くなった方も結構いたんだろうなあと思いながら、仕事がてら、その風景を眺めていました。あまり良い気分のする景色ではないです、ホント。水で何もかも持って行かれてますから...

 そうそう。うちは電気は通ってますけど、未だに水道が通ってません。なので風呂には全然入れず、頭も洗えていない...(汗) さすがにものぐさのボクでも頭は洗いたいところなんですが、復旧にはしばらく掛かりそうで...(涙) なんか、頭を洗ってないと、ゴワゴワ感を通り越して、ヘルメットでもかけているような感覚になります(苦笑)。外せないけど...

 にしても、休みが取れないのがつらいなぁ。明日も仕事です。ゆっくり休みたいけど、なかなかねぇ... ひどい被害を受けた方もいらっしゃるし、あまり贅沢は言っちゃいけませんよね。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

アイテム

  • fukushima_close.JPG
  • sendai.jpg
  • fukushima.JPG
  • flower.JPG
  • fukushima_0211.JPG
  • fukushima_bunka.JPG
  • yamahahall.JPG
  • tuikakouen.JPG
  • kinemakurabu3.JPG
  • kinemakurabu2.JPG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち震災カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは読書です。

次のカテゴリは音楽です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。