しばらく引きずってる(苦笑)

| コメント(0) | トラックバック(0)

落ち着いてきたものの、音楽聴く選曲はすぎやま先生の手がけたものばかり(苦笑)。

お亡くなりになってから、ずっとすぎやまこういち「先生」と、先生呼びしているんですが、実は普段は「先生」呼びしてないんです。たぶん、コンサートレポートでも「さん」付けでお呼びしていたはず。

ボクの敬愛する宮崎駿監督は確か「何も教えていないので先生と呼ばないでくれ」とおっしゃっていて、「監督」呼びしているし、ボクが好きな作曲家の久石譲さんにあまり「先生」と呼ぶ人もいないような気がする。プロの演奏家の方は「先生」と呼ばれる方はもちろんいらっしゃいますが、いわゆる音楽界の「先生」なのでしょうね。

最後の最後に「先生」と呼ぶようにしたのは... 深い意味はありませんが(苦笑)、ご本人も「先生」とお呼びしても気になさっていなかったし、ほとんどの方が「先生」と呼んでおり、不自然ではなかったので、最後は「先生」とお呼びすることにしました。実際に会ったときにも「先生」と呼んでいたはずですし(もう記憶に無いですが...)。広い意味で捉えれば、「人生における」先生ってことになるでしょうか。

他に「先生」って呼ぶ方は、学校の時の先生以外は居ないですね。

トラックバック(0)

このエントリーへのトラックバックURL :

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

アイテム

  • IMG_4157.JPG
  • IMG_4115.JPG
  • nenga2017.jpg
  • fukushima_close.JPG
  • sendai.jpg
  • fukushima.JPG
  • flower.JPG
  • fukushima_0211.JPG
  • fukushima_bunka.JPG
  • yamahahall.JPG

このブログ記事について

このページは、ショーが2021年10月 9日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もちろん」です。

次のブログ記事は「相変わらず」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。