2015年12月アーカイブ

オンボロ自販機

| コメント(0) | トラックバック(0)

ふと思い立って茨城県稲敷市に「弁当」を売っている自販機がある、「あらいやオートコーナー」というところに行ってきました。というか、今日ではなくて、昨日行ってきたんですが。実は今年、有給をほとんど消化していなかったため(笑)、年末に1日取ってみたわけです、休みを。

車を3時間くらい走らせてやっと着いたんですが、これ、知っている人は来るでしょうけど、基本的に営業しているとは思えない店構えでした。

araiya-auto.jpg「あらいやオートコーナー」の看板とわが愛車。看板の字が消えかけてて年季を感じます。

mise.jpg店構え。プレハブで、営業しているようにはちょっと見た感じは思えない...

jihanki.jpgjihanki2.jpg店の中に入ると古いゲームの筐体と、古めかしい自販機が。上のオンボロ自販機が「弁当」を売っていました。っていうか、自販機が動いているように見えないんですが、実はちゃんと稼働してました。というか、自販機で稼働しているのがこの一番オンボロなのだけだったんですが。このタイプの弁当自販機って、ここのと、距離的にはそんなに離れていないんですが、千葉県香取市の「24丸昇」というところだけ。実は、この後、「24丸昇」にも行ったんですが、そちらは撮影禁止だということなので、写真は撮らなかったんですが、そちらの自販機は状態が良くて綺麗でした。しかも動いているのが2台ありました。

で、話を戻して、「あらいやオートコーナー」のオンボロ自販機ですが、300円で「焼肉弁当」「唐揚弁当」とかが買えます。しかも、温かい弁当が買えます。自販機内で60度ほどで保存されているそうで、温かな状態で受け取り口に出てくるわけで。

初めて実物の弁当と初対面を果たしたんですが、300円だからなんですが、想像したのより少し小さめの弁当でした。写真とか映像でしか見たこと無かったので、勝手に大きさをイメージしちゃっていたようです。で、実はその場で食べずに自宅に持って帰っちゃったんですが...(苦笑)

bento.jpg家に帰ってから弁当を食べたんですが、結構おいしかったです。ちょっと味は濃いめでしたけど。でも、ちょっと少なかったかな。

最近、夜散歩とかしているから食べちゃうんですよね。って、散歩している意味無くなっちゃうだろって...(苦笑)

にしても、こういった異色の自販機って、ノスタルジィを感じるより、小さな頃にお金が無くって買えなかったからあこがれを感じるんですよね。24丸昇でうどん自販機のうどんを久しぶりに食べたけど、地元にも一台欲しいなあ。誰かやってくれないかなぁ。自分ではちょっと厳しいのと、副業できないしなあ(苦笑)。

クリスマス電飾

| コメント(0) | トラックバック(0)

なんとか散歩の習慣、継続中です。今日は少し雨が降っていたけど。

散歩に出る前、外から「爆発音」が2回ほどして、何があったのかなと思って、散歩の際に見回ったけど、特に何もなく。帰ってきた後にネットで調べたら、近くの小名浜オーシャンホテルで花火の打ち上げをしていたそうで。それの音だったんでしょうね。

そうそう。散歩中、クリスマス電飾がすごい規模でやっているところがあって、写真で撮ってみた。

electric.jpgうーん、夜の写真はさっぱり分からないですね(苦笑)。この写真、ちょっと離れたところから撮ったので余計に分かりづらいんですけど、素人にはなかなか出来なさそうな大きさの電飾だったので気になったんですが、全然伝わらない...(汗) ボクには絶対作れなさそうなくらいの感じでした。

クリスマスの時に電飾をやる方、最近多くなってますよね。子どもさんに喜んでもらうためにやっているのかなと思うんですが、結構凝っているものも多いようで。夜散歩している中でも結構、電飾を多く見かけますし。そういうキットとか売ってますし。

そんなこと言いつつ、ボク自身は全くやる気は無いんですが...(苦笑)

買っちゃった...

| コメント(0) | トラックバック(0)

何をって? またクロノトリガー・クロノクロスの「ハルカナルトキノカナタヘ」です(笑)。

harukanaru.jpgCDを買って、ハイレゾを買ってだめ押し。「LP盤」です。LPプレイヤーなんてありません(笑)。完全に観賞用(聴くためではなく、観るため)です。とはいえ、最近、「ハルカナルトキノカナタヘ」を聴いてなかったんですが...(苦笑) そのうち、LPプレイヤーを買ったら聴いてみようかな。

と思ったらですね、このLP盤、曲順に間違いがあったそうで、修正したものを再送付するという連絡が。古いやつはそのまま取っておいて良いとのこと。うーん、しばらく聴く予定が無いので、わざわざ良いのになあという気持ちもあるんだけど、なんかもう一枚もらえるのが嬉しいというか...(苦笑) でもこのミスで完全にLP盤のもうけが無くなっちゃうだろうなぁ。勝手ながら少し心配しちゃいます。

そうそう。この間、ニコニコ生放送でゲーム音楽の作曲されている皆さんがいろいろしゃべる番組(っていうのが説明として正しいのか...?)の「おとや」第5回が放送されていました。ちょっと専門的な用語が若干飛び交って「?」なところもありましたが、結構楽しく観られましたので、ゲーム音楽がちょっとでも好きな方は是非観てみてください。って言いつつ、クロノトリガーの作曲をした光田さんはこの回は出演されていなかったんですが...(苦笑)

新聞

| コメント(0) | トラックバック(0)

さすがにおかしいですよね、消費税の軽減税率。

生鮮食品と加工食品については、加工食品の線引き(イートイン関係など)が混乱を引き起こしそうですけど、食べ物は生きていくには必須であるものなので、低所得者層の負担軽減を考えると消費税の軽減する意味があることは十分分かります。けど、そこになぜ「(宅配される)新聞」が入ってくるのか?

新聞業界から「新聞の公共性」だったり、「ニュースや知識を得るための負担を軽減」するため、軽減税率の適用を求めていたようですけど、声高に要望されていた「新聞」だけに適用されるのは、誰しも頭を傾げてしまうと思います。軽減税率を要望すれば、他のものも軽減されるのかっていう話になってしまうし。生命を維持するための食品は別にしておいて、それ以外は現状では一律に10%にすべきだと考えます。

本来だと、もっと生活必需品を整理して適用すべきだったとは思いますが、再来年の4月からの10%適用を考えるともう時間がないですからね。それでなくても、加工食品の線引きが難航しそうだし。

「新聞」だけ特別扱いはやっぱり納得いかないなあ。もちろん、こちらとしては安いに越したことはないですけど、公共性の高いものであれば、それこそ公共料金(電気、水道、ガス、電話など)こそ軽減税率を適用すべきということになってしまいかねないし、そこまで広げたら財源が賄えなくなるだろうし...

だから、最低限の食品のみで線引きしちゃった方が良いと思うんですけどね。国の借金もやばいレベルに来ているわけですからね。

友人に誘われて地元の山手の方にある「草野心平記念文学館」に行ってみました。

草野心平って、地元いわき出身の詩人で、ボクの母校の校歌の作詞もされています。結構有名な詩人なんですが、ま、あまり詩の世界はよく分からないので(苦笑)、名前はよく知っているけど、あまりイメージできない感じ(苦笑)。地元なのに全く行ったことが無かったんですけど、ちょっと行ってみようと誘われまして。

建物は、コンクリート造りで屋上(?)が外から歩いて登れるように作られているんですが、庭園みたいになっていて雰囲気が非常に良かったですね。景色も良かったし。なんか三鷹の森ジブリ美術館と外観が似ていて良い感じでした。外からだとお客さんがすごく少なく感じたんですが(汗)、建物の中に入るとそんなことも無く、お客さんもそれなりにいらっしゃいました。で、今回は男2人で行ったんですが(爆)、デートスポットとしても良いねという話をしてました(笑)。

kusanoshinnpei.jpg写真上、お客さんが全くいないように感じますが、写真から見て左手にある駐車場に"それなりに"車が停まっていて、中にお客さんも結構いました。

今回は、「星新一・星一展」というのをやっていて、ショートショートの作品で有名な星新一さんも地元いわき出身で、どちらも「文学」ということで企画展が開かれていたんでしょうね。生原稿が鑑賞できたり、幼少時の写真とかがあったり、星新一の父で、星製薬の創業者星一氏の功績なども紹介されていました。星薬科大の創業者で、国会議員も長い間務められていたそうで、地元民なのに全く知らなかった...(苦笑)

それにしても良い雰囲気のところがあるもんですね。細々とでいいから、引き続き良い雰囲気で施設を続けてもらいたいなあと感じたところです。

mouretunaten.jpg「星新一・星一展」は写真が撮れませんが、入口から真正面にガラス窓があって、「猛烈な天」という草野心平の詩がガラスに書かれていて、空の風景とセットで一つの作品となっていて、良い感じでした。でもメンテナンスに結構お金掛かりそう...(苦笑)

夜空

| コメント(0) | トラックバック(0)

まだ散歩は継続してます(笑)。たぶん、風邪とか引いちゃった時に途切れるんでしょうけど。

夜の散歩をしていると、夜空が綺麗に見えますね。暗いところを歩いていると、星がより光って見えます。

昨日でしたっけ? 5年ぶりに金星に回る軌道に再投入を試みた金星探査機「あかつき」。一回、エンジントラブルで軌道投入に失敗していたのが、5年の歳月を経て、改めてチャレンジしたってとこはロマンがありますね。金星を回る軌道への投入が成功したかどうかはまだ発表されていないようですが、うまく行っていると良いですね。

ふと夜空を見て、そんなことを考えていました。

エンピツ戦記

| コメント(0) | トラックバック(0)
エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ
舘野 仁美 平林 享子
中央公論新社
売り上げランキング: 2,445

スタジオジブリで動画チェックを長年勤められていた舘野仁美さんが、ジブリの広報誌「熱風」に掲載していた同名の連載を加筆などがされて単行本化されました!

本を読むのが苦手なボクではありますが(苦笑)、5時間程度で読み終わりました! というか、東京往復の高速バスの中で読み切りました!

もののけ姫」はこうして生まれた。 [DVD] 」とか「ポニョはこうして生まれた。 」「夢と狂気の王国 [Blu-ray] 」を観ているジブリファンは舘野さんのことを知っている人は多いと思いますが、スタジオジブリでのいろんな戦い(?)が垣間見られて面白かったです。というか、ジブリの制作の皆さんの真剣さが伝わってきて興味深かったですね。しかも、原画を描いている人ではなくて、出来上がってきた原画を、動画マンに割り振る役目をしている動画チェックの方のお話っていうのが視線としては非常に面白いですよね。いわゆるジブリの動画を俯瞰して見渡している方のお話ですからね。

...で、実は同郷の福島出身だそうで、ちょっと親近感があります。でも、ジブリの制作部解散に伴い、舘野さんもジブリを退社されて、現在は「ササユリカフェ」という喫茶店を西荻窪にオープンされて、結構評判が良いようです。ボクもそのうち、ササユリカフェに行ってみたいなとは思ってますが、さすがに一人では行きづらい(苦笑)。

って、全然紹介にはなっていませんけど、ジブリの制作の秘密が分かったようで、読んでいて面白かったので、もし興味のある方がいたら、手にとって読んでもらえればなと思います。

夜散歩

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、仕事から帰ってきてから散歩をするようにしました。と言っても、まだ3日目ですが...(苦笑)

お腹の周りがあまりよろしくないので(苦笑)、あまり無理をせず30分ちょっとくらいを夜の暗い中ですが散歩してます。

ただ、足下が見えづらいのでちょっと危ないんですよね。さっきも小さな小石につまずいて足首をグキッとやりそうになりました(汗)。

そうそう。この間のコンサートに行った時も、実は「耳をすませば」の舞台のモデルとなった聖蹟桜ヶ丘に夜訪れて(というか、急いで行ったんだけど暗くなってしまった...)、夜の聖蹟桜ヶ丘を散歩してました。でも、最初全くあさっての方向に歩き出してしまい、「耳すま」の舞台とは全く違うところを歩いていることに20分ほど気づかず、無駄足をしてしまったという苦い思い出が(苦笑)。

seiseki-sakuragaoka.jpg京王線の聖蹟桜ヶ丘駅に、「耳すま」の散策マップが設置されていました。

kaidan.jpg「耳すま」でモデルになったいろは坂の階段を下から。うーん、暗いとよく分からない...(苦笑)

聖蹟桜ヶ丘は豪華な家と高級車が並んでいて、完全に高級住宅街でした(汗)。ボクにはとてもとても住める場所ではなさそうです(苦笑)。

でも、今度は昼間にゆっくり散歩してみたいなと思います。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

アイテム

  • bento.jpg
  • jihanki2.jpg
  • jihanki.jpg
  • mise.jpg
  • araiya-auto.jpg
  • electric.jpg
  • harukanaru.jpg
  • mouretunaten.jpg
  • kusanoshinnpei.jpg
  • kaidan.jpg

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。