2015年9月アーカイブ

群馬山道珍道中

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日のシルバーウイークを利用して群馬に行ってきました。切っ掛けはですね、前にブログで書きましたけど、レトロ自販機が群馬に多いっていうので、ちょっと食べてみたくて、群馬に行ってみようと思い立ちました。

ただ、そのためだけに行くのもどうかと思い、「群馬と言えば何だ?」と考えて、群馬のるるぶを買ったりしながら、「富岡製糸場」と「八ツ場ダム」に行ってみようと考えたんですが、行く直前ですね、そういえばと思い出して、千と千尋の神隠しでモチーフのひとつとなった四万温泉の「積善館」を追加してしまい、行き当たりばったりのスケジュールだったものだから、帰りの時間がもの凄いことになりました(爆)。出発時間も遅かったんですけど...(苦笑) ここからは写真満載になります。

続きを読むから、読んでいってくださいませ。

Charlotte

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近久石さんばかりでしたが、この辺で熊木さんネタを。

「Charlotte」というテレビアニメの最終話で熊木杏里さんが挿入歌を歌ったということを聴いて、某サイトで曲を聴きました。『君の文字』という久しぶりに熊木さんが作詞作曲していない曲で、もの凄く斬新でした。最初、熊木さんの歌声だと気づかなかった...(苦笑) でも、いつもと違うからこそ、熊木さんの澄んだ声がより感じられました。

このアニメのサントラに熊木さんの曲が収録されるそうで、アニメは全く観ていませんが(苦笑)、この曲だけのためにサントラ買っちゃいそうな感じです。しかも11月のライブで披露されるようなので楽しみです。

WARNER MUSIC】アニメ『Charlotte』の最終話限定で挿入歌「君の文字」を担当!!
KEY Official Website】『Charlotte』熊木杏里が歌う「君の文字」がOSTに収録決定!
BARKS】アニメ『Charlotte』の最終話で響いた美声は、熊木杏里だった

※公式の動画がYoutubeにアップされたので貼り付けておきます!

にしてもワーナーからのお知らせって久しぶりですね。久しぶりにオフィシャルサイトを眺めたら「Charlotte」押しの宣伝文句が追加されて、前に記載がなかったプレゼントの送付先の依頼先が書かれていました。熊木さんが結婚した後、あまりワーナーミュージックが表だってプッシュするのが少なくなっていたんですが、このアニメ作品でもうちょっと話題になってほしいところです。

そうそう。この作品、主役って先だってWebラジオが終わって残念って言っていた「矢作・佐倉のちょっとお時間よろしいですか」に出ている佐倉絢音さんだったんですね。って、普段の声と声優としての声ってかなり違うんですね。少しビックリしました。

TVアニメ「Charlotte」 Original Soundtrack
Charlotte
Aniplex (music) (2015-11-04)
売り上げランキング: 1,030

WOWOWで先日のコンサートの模様が放送されたので振り返ってみます。元の記事はこちらです。

・合唱隊の皆さんがいると、いっそうコンサートに箔が付きますね。
・久石さんのインタビューがちょくちょく挟まれていて、「戦後70年となり、音楽で強いメッセージを出そうというつもりは無いけど、足下を見なきゃいけない時代だからというか振り返るといったところを表現したかった」「ナウシカも破壊と再生なので、自分が思った以上にコンサート全体が統一感が出た構成となった」「チューブラーベルが最初は鎮魂の鐘だったのが、最後は希望の鐘になって、そこまで計算はしていなかったんだけども、一晩のコンサートがまとめてひとつのコンセプトになった気がする」といった話がありました。
The End of the World の第三楽章の歌詞が確認できました。どなたが歌詞をつけたのは不明ですが。
The End of the World の第四楽章は合唱付きだったんですね。で、ソリストの高橋淳さんはここまで一貫して裏声(カウンターテナー)でした。

・久石さん、The End of the World の再構成について語ってました。「激しい曲が続いていて、精神性を表す曲がなかったので、D.e.a.d組曲の第二楽章(The Abyss ~深淵を臨く物は...~)の弦をベースに新たに歌をつけて、今回の第三楽章に入れた」とのこと。高橋淳さんの起用については、少し不思議な声が欲しかったとのこと。

...あまり書き過ぎちゃうと著作権的にまずいですかね...(苦笑)

Dream Moreは豊嶋さんのバイオリンソロがあったり、バスクラリネットのソロもあったんですね。全然覚えていなかったけど、綺麗でした。
Symphonic Poem "NAUSICAÄ" 2015は「蘇る巨神兵」が追加になっていたんですね! 全然気づきませんでした(苦笑)。そうそう。インタビューで「その時期の集大成を宮崎監督との作品で結集していた。コンサートでよくやるけどテーマ曲だったり主だった曲しかできなく、演奏されないような忍びない曲がいっぱいあるので、オーケストラの作品にしていくのが良いんじゃないかという風に思いますね」とおっしゃっていたのがちょっと耳に付きました。「蘇る巨神兵」もその一環だったんでしょうか。これまでの作品を振り返って交響組曲にしていくっていうことであれば、すごく楽しみではあります。ただし、「作曲家って思いつきだからね。実際にやるかやらないかは分からないけども(笑)」と半分冗談っぽくおっしゃってましたが、「でもたぶんやっていくと思うよ」と最後付け加えてくれました。宮崎駿監督作品から久石ファンとなったボクにとっては涎が止まらない企画です! 是非実現させてください!

・アンコールのYour Story 2015では、高橋淳さんは最初テノールで歌っていたのを途中でカウンターテナー(裏声)に何度か切り替えていたんですね。現場では全く気づきませんでした。全然声の質が違いますね。個人的にはテノールの方が好きです。
・アンコールラストのWorld Dreamsは、2011年に西本願寺音舞台で、娘の麻衣さんが歌詞をつけて、披露されて以来の歌詞付きのものが東京では披露されたんですね。出だしがコーラスに合わせるためか、オーケストラのみの曲の場合とキーが変わっているのに今回初めて気づきました(苦笑)。この曲、個人的にすごく好きなんですが、改めて歌詞有りバージョンも良いなあと思い直しました。式典序曲として作られた曲ですけど、オーケストラとコーラスで完全体って訳ではないですけど、曲に深みが増したような気がしました。歌詞も、落ち着いた日本語詩で、World Dreamsで「愛を誓おう 永久に誓おう」と締めるコンサート、悪くないなあと感じました。これは、現地で聴きたかったなぁ。んで、このバージョンのを収録してCD化希望です! ライブ盤も可です!!

そうそう。ミュージックフューチャー、行かれる方、楽しんできてください! 何かWOWOW観てたら、行きたくなって来ちゃった(苦笑)。今さら言っても遅い(爆)。

inarizushi.jpgこれ(↑)の名前が出てきませんでした。しかも二日連続...(汗)

やばいですよね。「これって...... 何て言うんだっけ... あれ、思い出せない...」っていうのが...(滝汗)

いなり寿司ですよね。やばいなあ、脳みそ劣化してるなぁ。

仕事以外のことはやる気が全く出ないから、それが多大な影響を与えてそうだなあ(苦笑)。何かしようっと!(爆) あ、仕事にやる気があるわけでは無いッス(爆)。ってことは全てにやる気が出ていないという...(核爆)

忘れてた!

| コメント(0) | トラックバック(0)

花咲舞が黙ってない」の最終回、すっかり忘れてた...(涙) 予約録画はされていたので、後日ゆっくり見ることにします(汗)。

そうそう。先日話した国勢調査の件ですが、思いの外、オンライン調査がスムーズに出来て拍子抜けしました(笑)。アクセス過多によるシステム障害は発生しておらず、現時点で全国で10万世帯を超える回答を受けているようで、一安心というか、何というか。

ただ、一方で国勢調査の偽オンライン調査サイトが現れるなどがあったようで。すでにサイトは削除されているようですが、他にも国勢調査と偽って家族構成や預金額を聞き出そうとする不審な電話が発生しているようです。そのような電話があった場合は、一旦、お住まいの市町村の国勢調査(統計)担当にご確認されると良いと思います。

withnews】国勢調査、さっそく偽サイト 画像に「偽物だよ!」総務省が削除要請

1 percent

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと最近気になるのが、スマホの電池残量。

ボクはXperia Aを2年使っているんですが、何もしていないのに電池残量が急速に減る症状が先週発生していて、充電していても残量が全然増えない状況でした。アプリも終了させているのに、なぜか電池消費が大きい。

しかも、何もいじっていないのに今はその現象は解消しているんですよね。いつの間にか解消していたので、原因は全く不明です。アプリの不具合だったのかも知れないですね。アップデートされて不具合が直ったから、電池消費が正常になったんでしょうか。

にしても、スマホの電池残量1%って、実際は1%ではないですよね? 今までの経験上、1%って10%弱くらいの電力を残しているんじゃないかなと思うくらい、結構1%状態で使用してもしぶとく使えます。機種によっては違うかも知れませんけど、Xperia Aではそうです。

たまに、その1%の余裕分のセンサー(?)がおかしくなって、たとえば40%くらいを1%くらいに認識してしまって、残量が急速に減るっていうパターンもあるのかなと勝手に妄想してます(苦笑)。本当はどうだかは分からないですけど(苦笑)。

ただ、先週はそういう現象ではなく、スマホが熱くなっていたので、ちょっと現象は違ったんですが... ただ確認したら電池が熱くなっていた訳ではなく、どこが熱かったのかよく分からず、ちょっと困惑してました。うーん、何が悪かったんだろう。

ググってみたら、結構熱くなるという報告はあるみたいですけどね。

この間、愛車の車検を受けた時に、スバルのディーラーさんから「ぶつからないミニカー」をもらいました。

butsukaranai.jpgスバルはレガシィから派生した「レボーグ」から、アイサイトがVer.3になってステレオカメラがカラー化されて信号機の判定やら、前方車両のブレーキランプの認識による減速などもできるようになったとのことで、国内での運転支援機構システムでは随一だろうと思います。ボクもレガシィを購入したのはこのアイサイトがあったからっていうのもあります。

...で、もらったミニカーなんですが、もらった当初は全く動かなかったんですが(苦笑)、電池が無くなっていただけで、電池入れ替えていたら元気よく動き出しました(笑)。

テールランプ(ブレーキランプ)もちゃんと点くんですね! しかも前方をちゃんと認識して壁みたいなのがあれば自動的に確かに止まりました! 何か普通に売っていたら結構な金額しそうな感じなんですが、進撃の巨人とのコラボ企画ってことで、アンケートに答えたらもらえちゃいました。ま、良いおもちゃです、ホント(笑)。

ま、ホンマもののアイサイト車に乗っているので、あまりミニカーに興味は無いんですが(笑)、これ、しばらく取っておいたら、プレミアが付いたり...しないですよね?(苦笑)

昨日、今日と続いた台風18号の影響に伴う豪雨で、関東と東北の河川の水かさが高くなり、茨城県と宮城県では河川決壊するという大惨事が発生してしまいました。

地元では気象特別警報は発表されていませんでしたが、雨脚の強い雨雲の停滞がつづき、累積雨量300ミリを超える地点もあったようで、結構大きな河川の水かさが増して、一部避難勧告などが出されていましたが、決壊や越水することなく、幸い大きな被害が無かったことがなによりでした。

結構、高いところまで水位が高くなっていたところもあったようなんですが、何とか持ちこたえてくれたようです。市内は面積の割に一級河川って呼ばれる、国が直接管理するような大きな河川が無いので、そういった意味では越水やら決壊するような可能性が若干低いところってことなのかなと思いました。

でも、地元でそういう被害が起こらなくて良かった...

けれど、宮城県、茨城県のような被害が、身近で起こる可能性があることは肝に銘じておかなければいけないなと思った次第です。今回被害を受けられた方、心からお見舞い申し上げます。一日でも早く、平穏な生活が戻ることをお祈りいたします。

namakubi.jpgこれは怖いですよね(苦笑)。昼間はいいけど、夜見たら、ホント怖い。

田舎の風物詩、と言っていいんでしょうかね(苦笑)。生首でしょ、生首(爆)。

この間撤回されたオリンピックエンブレムの問題ですが、あまり詳しい報道は読んでいないのであまり意見も言えないんですが、何か、エンブレム自体が「二次創作物」っていう感じが否めないのかなと感じました。

円とか正方形とかの見慣れた図形の組み合わせなので、似ていると言われるものは出てくる可能性は高いですよね。

さらにはトートバッグとか、背景写真とかも他のものからの流用を指摘されてしまって...

最近、「二次創作物」って市民権を得て、マンガのキャラクターを使って別ストーリーを作ってコミケで販売されるのとかは昔から行われていますけど、音楽でもヒップホップなどは既存楽曲をサンプリングしたものを組み合わせて別な曲にしたりするなんてこともよく行われるようになってきたので、もしかするとあまり罪悪感無く、さも当たり前のように、いわゆる「コピペ」をしたものを土台にして、新たなものとして作り出すというやり方だったのかもなと。

すみません。全く確認していないので間違っているかも知れないので、あくまでボク個人の考えなんですが、撤回されたエンブレムを作った佐野さんのやり方は、現代の日本を象徴したデザイン手法だったりするのかなと思ってしまったわけです。

国立競技場やらエンブレムやら、東京オリンピックは前途多難ですね...

国立競技場はやばいッスよ。資材と人件費の高騰が続いているし、新たに計画作り直しても、十中八九その金額では絶対に収まらないです。そういうものみたいなので。こういった工事ものって。

国勢調査

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年は5年に一度の「国勢調査」が実施されます。ずっと気になっていたことがあって、よく「国税調査」と言う方がいらっしゃるんですが、税金とは全く関係ないんですよね(苦笑)。「ぜい」じゃなくて、「せい」ですのでご注意ください。

そもそも、国勢調査って、「人口センサス」とも呼ばれていて、「センサス(Census)」って全数を調査するってことを意味していて、一番最初に調査を行った大正9年(1920年)に実施する際、諸説あるようですが、「国の情勢を詳しく明らかにするため」だとか、「国の勢力を調べるため」だとかの意味から「国勢」という言葉を「センサス」という言葉に当たられたようです。ウィキペディアからの引用ですが(苦笑)。

ちなみに。国勢調査は西暦下一桁が0か5の時に実施されるのは豆知識です。5年に一度ですから、ま、当たり前ですが、西暦ではうまく5の倍数にはまるようになってます。何の役にも立たない知識ですが(苦笑)。さらにちなみに、ボクは5年前、この調査のおかげでもの凄く忙しかったです(苦笑)。

そうそう。今年の国勢調査ではインターネット回答が全国で実施されるとのことで、インターネットはもちろん、スマートフォンからの回答が出来るようになります。前回は試験的に東京都のみで実施されましたが、今回、全国に広がったわけです。回答期間(9/10~9/20)はありますが、基本的に期間中は24時間いつでも回答できますので、お忙しい方なんかはインターネット回答をされた方が良いと思います。来週、調査員が配布するインターネット回答の案内にID・パスワードが記載されているので、そちらをご利用ください。万が一、案内が届かない場合はお住まいの市町村の国勢調査担当にご連絡ください。

でもちょっと個人的に気になるのは、システムダウンしないよなあってのが...(苦笑) ちょっと前の違う統計調査ではシステムダウンが発生しているので心配なんです。今回の国勢調査のシステムは、負荷テストを実施して大丈夫だったという話は伺っているんですが、日本全世帯が参加する調査のシステムですから、もの凄い規模なので、負荷が想像以上なんじゃないかと思うんですけど、万が一、システムが重かったとしても、生暖かく見守っていただいて(苦笑)、少し時間をずらして回答していただければと思います。

なお、これも勘違いされている方が多いんですけど、「住民票」のある市町村で調査をするものではありません。実際に寝泊まりしている場所で調査するものです(例外はありますが)。基本的には、「その場所に3ヶ月以上住んでいるか、又は3ヶ月以上住む予定」であれば、その場所で調査することになりますので、特に大学生の皆さんは、住民票を異動せずに引っ越しして一人暮らししている人もいらっしゃるかと思いますが、一人暮らししている場所で調査票を記入することとなります。(そもそも、住民票を異動させないと法律違反となる可能性があります...はい。)

今回の調査は、ボクの住む福島県では特に重要な調査になります。さらにはいわき市は双葉郡からの避難されている方がいらっしゃるため、震災後の人口の状況を初めて把握するものとなり、これまでは「だいたいこれくらいの人口はいるんだろうなあ」という非常にアバウトな感じの人口だったのが、今回の調査により、いわき市内で暮らしている方々の実数が初めて明かされることになり、そういった意味では全国的にも、地元的にも注目度の高い調査となるのではないかと思います。

また、国勢調査の結果、発表される「人口」により、選挙の調査区割り振りが決められたり(1票の格差がニュースになりますがその元となる人口が国勢調査から来てます。)、国から自治体に交付される地方交付税の算定に使われたりしますし、一般の会社でも統計調査結果が利用できるので、店舗の配置計画などに活用できたりします。全国約80万人の指導員・調査員が動く大規模な調査となりますので、面倒くさがらずに調査への回答についてよろしくお願いします。と言っても、統計法上、統計調査の回答は義務になっていて、報告を拒んだり、虚偽の報告をすると罰則が実はあります...(苦笑) 回答拒否のため罰則を適用された人はほとんどいらっしゃらないようではありますが、ただ別件で統計法違反により逮捕された方はいらっしゃいます...(汗)

特にインターネット回答については、面倒なことは少ないはずですので、是非ともご活用いただき、積極的に統計調査にご回答くださいませ。

国勢調査2015キャンペーンサイト】スマート国勢調査!

国勢調査オンライン】9月10日午前0時から受け付け開始

総務省統計局】統計調査結果の活用事例集

ちょっと残念...

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近楽しみにしていたネットの番組が今月中で終了になってしまうことを知ってちょっと残念に思っている今日この頃。

年甲斐もなく、ふとした切っ掛けで文化放送の「超!A&G」っていうアニメ&ゲーム系のWebラジオ番組「矢作・佐倉のちょっとお時間よろしいですか」っていう矢作紗友里さんと佐倉綾音さんの声優お二人がはっちゃけているラジオ番組を知って、面白いなあと思って見始めたばっかりだったんです。

以前はニコニコ生放送でやっていた「ファミ通LIVE」(麒麟の二人がメインMCをしてゲームを紹介する週一番組)なんかも面白かったんですが、面白い番組もいつかは終わっちゃうんですよね。

でもこの「ちょろい」(略し方が面白い)、自分の中ではちょっとではなく、非常に残念なのでした... ちょっと年の離れた先輩後輩コンビが送るハイテンショントーク番組なんですが、二人の掛け合いが面白いんですよね。どこかで違う形でやってくれないかなぁ。

ネット放送って、テレビとは違ってちょっと緩いところが良い味を出してくれるんですよね。ただ、徐々にテレビっぽくなって来つつあるところもあるので、ちょっと心配なんですけど、うまく棲み分けてもらいたいものなんですが。ネット特有の緩さを維持して欲しいなぁ。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

アイテム

  • marumiyajihanki-3.jpg
  • marumiyajihanki-1.jpg
  • marumiyajihanki-2.jpg
  • marumiyajihanki-4.jpg
  • shima-sekizenkan-8.jpg
  • shima-sekizenkan-7.jpg
  • shima-sekizenkan-6.jpg
  • shima-sekizenkan-5.jpg
  • shima-sekizenkan-4.jpg
  • shima-sekizenkan-3.jpg

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。