2012年8月アーカイブ

日時 平成24年(2012年)8月23日(木) 午後5時開場 午後6時開演
開場 サントリーホール
指揮とお話 すぎやまこういち
演奏 東京都交響楽団
 コンサートマスター 山本友重
主催 スギヤマ工房
協賛 スクウェアエニックス、キングレコード

構成
《第一部》
・序曲X Overture
・アンルシアの恵み Blessing of Anlucea
・ざわめく心 Great Panic
・王宮への招待 Invitation to the Castle
・街の息吹~まどろむ街並~夢のマイルーム~村人たちのおしゃべり~街の息吹 Lively Town ~ Slumbering Town ~ My Dream Room ~ Gossiping Villagers ~ Lively Town
・空飛ぶ小舟~迫る脅威~高なる鼓動 Sailing in the Sky ~ Unseen Danger ~ Racing Heart
・刃の旋律~渾身の力を込めて Clashing Edges ~ With all One's Might

休憩 Intermission

《第二部》
・天空の世界 The Heavens
・花の民プクリポ~地の民ドワーフ~トンテンカン~あの丘を越えたら Puklipo ~ Dwarf ~ Ton-ten-kan ~ Exploring the Hills
・風雅の都~五重魔塔 Elegant Ancient Palace ~ Monsters of the Tiered Towers
・水の民ウェディ~風の民エルフ~炎の民オーガ Weddie ~ Elf ~ Ogre
・暗闇をさまよう~終焉の迷宮 Wondering Place to Place in the Dark ~ Dungeon of no Escape
・死の世界より来たる者~死へのいざない~冥府の王 Visitors from the Underworld ~ Drawn between two Worlds ~ Fight with the Spirit Most Evil
・更なる未来へ Bright Horizons
・目覚めし五つの種族 Ending

《アンコール》
・おおぞらをとぶ(III) Heavenly Flight
・海図を広げて(IV) Sea Breeze


 ということで、先日、ドラゴンクエスト10のコンサートにはせ参じてきました。
 オンラインになったりと大きく変わったドラクエですが、以前、「9」の時に全くやっていなくて、音楽が頭に残らず失敗した経験を生かし(笑)、ドラクエをやるためにWiiを買うという暴挙に出ました(爆)。
 ただ、さほどゲームは進んでおらず...(汗)

 頭に残っていることをちょっとだけ書き残しておこうと思います。
 
 「序曲」は、9から変わりましたが実は10で少し変わったのに驚きました。最初のファンファーレとサビの間にスネアドラムがリズムを刻むところが入ったところ。聴いたとき、ファンファーレの間の休符が長くて、「あれ? やっちゃったのか?」と一瞬驚いてしまいました(苦笑)。この大元って、すっかり忘れていたんですが、2007年のコンサートの時のアンコールで少しやってたのが原型だと思います。スペアリブさんに思い出させてもらいました。で、もちろん、現在、Wii版のゲームに収録されているものではありません。CDが出るまでのお楽しみってことになりそうです。CDは12月頃に出せそうだとのことですよ。
 
 「アンルシアの恵み」「ざわめく心」は覚えてませんでした。序盤に出てくる曲だと思うんですが...(汗) 王宮、街系の定番の曲はやはり気持ちよかったですね。でも、「夢のマイルーム」とかはさっぱり...(苦笑) っていうか、ゲーム内に家を建てられるようになるみたいなんですが、まだオープンされていないので一般ユーザーはやったことないし...
 
 前半の注目は「刃の旋律」でしょうか。ゲーム中に何度も流れるから一番印象に残っている楽曲のひとつですけど、オーケストラになると重厚感が増しますね。ゲーム音源だとちょっと軽さが出ちゃうんですけど、生演奏は非常に良かったです!
 
 後半は、ドラクエで出てくる種族などがメインで出てきますね。すぎやまさんもMCではこの五つの種族を手がけて、IVの「導かれし者たち」を思いだしたって言ってましたね。IVは五章に話が分かれて進みましたし、それぞれの主人公ごとに曲をつくったのが印象に残っているそうです。...で、ボクとしては全部網羅してプレイできてないので、なんとも...(苦笑) ボクはエルフを選んでプレイしていますが、「風の民エルフ」はもちろんですが、エルフだと「風雅の都」「五重魔塔」のイベントが早めに出てくるのでこちらは頭にしっかり入ってました。特に「風雅の都」って、宮中音楽みたいな、雅楽の要素がふんだんに入った曲になっていて印象的でした。
 
 そうそう。ラスボスの曲は、ものすごく前衛的すぎてよく分かりませんでした(苦笑)。ボスと戦ってみないと分からないけど、ハッキリとしたメロディがない曲なので、ちょっとどうなのかなと個人的には感じました。オンラインゲームになったし、ちょっと試験的にやってみたんでしょうか。
 
 エンディングの曲は... これはゲームクリアしないとたぶん評価できないです。というかもう覚えてない...(苦笑)
 
 で、アンコールは「おおぞらをとぶ」と「海図を広げて」という名曲2曲。なんか、今日のアンコールをこの曲が全部持って行っちゃった印象が...(汗) 個人的にはもう一度「序曲」をやるのかなと思っていたんですが... たぶん、どっちの曲もトランペット出てなかったですよね? 金管楽器がメインに出る部分がないから、やるのかなとずっと思っていたんですがやらずに終わっちゃった。
 
 ちょっと締まらない終わり方ですが、とりあえずパッと思い出せたのがこのくらいです。その後、ひょんなことからルイーダの酒場に行くのに混ぜてもらったのが良い経験になりました。ドラクエ好きにはおもしろいところですね、あれは。変わったメニューで食べ物もおいしかったし。
8月4日、すみだトリフォニーホールで行われたペンジョン・ファンド・コンサートの曲目だけ、とりあえず書いておきます。

16時45分より久石さんによるプレトークが行われ、それぞれの曲の解説をされました。
で17時定刻どおり開演。

<前半>
コープランド作曲 市民のためのファンファーレ 金管楽器・打楽器のファンファーレは勇壮的でした。
ガーシュウィン作曲 キューバ序曲
アイヴス作曲 答えのない質問 なんだか難しい曲でした...

ステージ上、久石さんの弾き振りができるよう、ピアノが配置転換され、ステージ中央に来ました。

久石譲作曲
Symphonic Variation "Merry-go-round" (映画『ハウルの動く城』より)
One Summer's Day (映画『千と千尋の神隠し』より)
Tango X.T.C.

休憩(20分)

ジョン・アダムス作曲 ロラパルーザ
バーバー作曲 弦楽のためのアダージョ
バーンスタイン作曲 『ウェスト・サイド・ストーリー』より シンフォニック・ダンス

アンコール
ジョン・ウィリアムス作曲 シンドラーのリスト (ヴァイオリン独奏:豊嶋泰嗣、新日本フィル・ソロ・コンサートマスター)
久石譲作曲 World Dreams


豊嶋さんのヴァイオリンソロは良い味が出てました! ラスト、World Dreamsが演奏されたのはちょっと予想していなかったので、お得感がボクとしてはありました。個人的に好きな楽曲だったので。

でも、クラシックが多いとなかなか前準備というか、勉強していかないと駄目ですね(苦笑)。どうしても眠くなってしまう...(汗)

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。