2010年4月アーカイブ

 ケータイにワンセグ用アンテナがあったの、今気づきました(苦笑)。

 とりあえずそれだけ(爆)。

 書く時間がなかなか取れないわけであります(涙)。...が、せっかくなんでケータイについてちょっとだけ感じたところを書いておきます。

 新しくしたドコモのSE-03Bですが、スマートフォンじゃないので、スケジュール管理が上手く出来ないんです。Windows Mobileなどが入っているスマートフォンであれば、Outlookでの予定表と文字通り「同期」して互いの変更内容の連携が取れるんですが、今回はドコモで用意している「ドコモケータイdatalink」でOutlookからのデータをインポートしながらという形になります。

 ...でも、この「ドコモケータイdatalink」ではビジネスではちょっと厳しいですね。通常のケータイの予定表に毛が生えた程度のもので、Outlookからのインポートは可能ですけど、「同期・連携」を取っているわけではないので、予定情報を全部上書きするか、追加するかしかできないのが不満点です。今までwillcomのスマートフォンを使っていたから余計に気になってしまうんでしょうけども... ま、タダでdatalinkが使えるのはありがたいところではありますが、有料にしても構わないので、できればOutlookとの同期・連携機能が欲しいところ。

 ...それであればスマートフォンを使えって言われそうな気もしますが...(苦笑)

 とは言え、オイラの買ったSE-03Bは、「ドコモプロシリーズ」なので、「プロ」と言えばビジネスである程度使えるケータイであるべきだと思うんです。そう考えるとスケジュール機能は強化されていても良いのではと率直に感じてしまいます。

 スケジュール機能では不満がありますけど、他の部分は結構気に入ってはいるんです。QWERTYキーボードが工夫されて、その上数字キーも追加されて、キー入力がすごく使いやすくなっているし... 後はドコモ独自のiコンシェルとかは良く分かってないですが...(苦笑) 良く分かっていない機能がたくさんある状況ではありますが...(苦笑)

 ただし、電池の減り方がすごく早いですね。毎日充電しないとたぶん電池切れを起こします... 仕方ないんでしょうね、これは。最近、ケータイが高機能、高額化しているし、それだけ消費電力も喰っているということなんでしょうね。

光回線にしてみて

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ということで、金曜日に光回線に変える工事をしてもらって晴れて回線が開通しました!(パチパチパチ)

 何が変わったかというと... 動画がサクサクと観られるようになったのが嬉しいですね。ちょくちょくニコニコ動画を眺めているんですが、土曜日だったかな、「おとや」っていうゲーム音楽の作曲されている方たちが生放送しているのにちょうど出くわして観てました。クロノの光田さんしか知っている人いなかったですが、結構楽しめましたね。何か、ゲームデザイナーになりたかった学生の頃に戻った気分を味わえました。

 って、光回線の話ってわけではなくなっちゃうな、これ(汗)。ニコニコとかYouTubeとかの動画系サイトには不自由しなくなりますよね。ただ、他の部分は基本的には同じッスね。回線が速くなるだけって言えばそれまで。当たり前なんだけど。

 ただ、光回線に切り替えるついでにプロバイダもdion(auone net)からBiglobeに変更しました。何かいろいろ特典を付けてもらえたので...(苦笑) そんなに儲かるものなのかな、プロバイダって。ま、Yahoo BB以外だったら基本的にどこでも良かったので(笑)。

 ちなみに携帯電話を変えた話は次にしようと思います。こっちはいろいろと言いたいことがあるんです、ハイ(苦笑)。

 さて、のだめも観てきたのでちょこっとだけ書いておこうと思います。

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
定価:¥ 3,990
新品最安価格:11%OFF ¥ 3,534 (24店出品)
売上ランク:947位
レビュー平均:4.54.5点 (20人がレビュー投稿)
発売日:2009-12-09
レーベル:ERJ
カテゴリー:CD
クリエーター:のだめオーケストラ(演奏) エデルマン(セルゲイ)(演奏) ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ(演奏) ラン・ラン(演奏) 東京フィルハーモニー交響楽団(演奏) 池田昭子(演奏) 太田雅音(演奏) 金子鈴太郎(演奏) 小山清(演奏) ペク・ジュヤン(演奏)
ディスク数:3
時間:235(分)
by amazon通販最速検索 at 2010/08/04

ストーリー
 もう説明をする必要が無いような気がします。パリを拠点にルー・マルレオケの常任指揮者として活躍する千秋真一と、千秋を追ってパリにピアノ留学したのだめこと野田恵のドタバタ恋愛コメディーと言ったところでしょうか。でも、前編のラストで千秋とのだめが距離を置くことになって、この後編はちょっとシリアス路線に舵を取った感じがします。

映画館の様子
 この映画も大入りでした。じいちゃん、ばあちゃんを連れた家族も見かけたし、また、1日の上映回数も「アリス・イン・ワンダーランド」よりも多く、それだけでも注目作だってことが分かります。本当に観客が多かった。

印象
 「ストーリー」のところでも書きましたが、ちょっとシリアス路線で、あまりはっちゃけているシーンが多くなかったなあという印象を受けました。これまでマンガっぽい特殊効果をバンバン使っていたのに、後編は少ない上、ちょっと控えめになっていて、前編との差別化を図りつつ、クライマックスに向けた雰囲気作りなのかなといった意図があるのかなと思いました。

 あと、前編の時に書きましたが、峰龍太郎(瑛太)と三木清良(水川あさみ)のエピソードが入っていて、良かったなぁと思います。って、原作を読み返したらちゃんと描かれているシーンだったんだけど(苦笑)。

原作との比較
 ...ということで、原作をすっかり忘れてしまっているため省略(爆)。

俳優陣の演技
 もう安心して観ていられますね。マンガからそのまま出てきたような感じで、全然違和感がなかったです。そうそう、シュトレーゼマンを演じた竹中直人さんの指揮振りがすごく良くなった印象を受けました。ドラマ編ではもうちょっとのように感じたんですが、この後編での指揮は、「巨匠」っていう雰囲気が感じ取れました。みんな、ピアノやら指揮などの練習、大変だったろうなあと思いながら観てみるのも面白いですね。ピアノなんかは、実際に弾いているアングルで撮っているところもあったから、あまりウソがない映像で素晴らしいなあと思いました。

音楽
 音楽に満ちた映画なので、そもそもサントラって感覚では無いですよね。映画中に使われているクラシック音楽が映画の肝であり、またBGMでもあるっていうのは面白い体験ですよね。


 ...という感想ですが、前編と比べると、後編はさほど受けたインパクトは大きくはありませんでした。でも、ラストを上手く収めることが出来ていて、鑑賞後はスーッとした心地よさがありました。ただ、完結しちゃった部分で一抹の寂しさはあるんですけど、映画のラストシーンから、千秋やのだめが、これからも前に進んでいくんだろうなあなんて想像するのも楽しかったりしますよね。

 のだめ好きには是非とも観ていただきたい一本です。

〔オーナーのお薦め度〕
のだめカンタービレ 後編 ★★★★★☆ 星5つ
(前編は星6つでしたが、ちょっとインパクトが押さえられた部分から1つ星を下げました。だけど、前編を観ている人は是非後編も観てもらいたいもんです。って、別に金をもらって宣伝しているわけではないですが...(苦笑))

〔オーナーの評価点〕
のだめカンタービレ 後編 70点(100点満点中)
 ちなみに前編は73点を付けてました。

 映画館で「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきたので、その感想をちょっとだけ。

ALiCE IN WONDERLaND
定価:¥ 2,600
新品最安価格:20%OFF ¥ 2,070 (19店出品)
売上ランク:5946位
発売日:2010-04-14
レーベル:WALT DISNEY RECORDS
プロダクトグループ:Music
カテゴリー:CD
フォーマット:Soundtrack
ディスク数:1
時間:51(分)
by amazon通販最速検索 at 2010/08/04

ストーリー
 ストーリーは、大人になったアリスが、記憶の彼方に消え去ってしまった「ワンダーランド」にまた舞い戻り、ワンダーランドの女王たちの権力闘争に巻き込まれていくという、こういう風に要約すると何だか全然面白くないストーリーになっちゃいます。ま、ネタバレ防止のためってことで。

 僕自身は「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」などは全く読んでいないんですが、映画を観る分には十分楽しめました。でも元ネタが分かっていると、リンクしてくる部分もあってもっと面白みを感じるんでしょうね。

映画館の様子
 結構、老若男女問わず座席が埋まっていたように感じました。そうそう、この映画も3Dで観たんですが、メガネが改良されていて、バンドで押さえられるよう紐が付いていて、メガネオンメガネのボクには負担軽減につながっていて、そのあたりは好印象でした。観る側も、3Dにずいぶん慣れた感じなのかも。

印象
 画面の印象がもの凄くカラフルでした。そもそも白の女王のホワイトと、赤の女王のレッドというベースカラーがあって、その上でいろんな色が配置されていて、カラフルさがもの凄く目立ってました。それと、CG技術がさりげなくちりばめられていて、現実では不可思議な情景や物ごとを、映画の中ではいかに自然に振る舞わせるかということに気を配っていたんだろうなと感じました。画面上では全く違和感は無かったのが素晴らしかったと思います。

俳優陣の演技
 マッドハッターを演じるジョニー・デップは、こういった変わったキャラクターはなかなか上手いですよね。安心して観てました。今回、主役のアリスを演じるミワ・ワシコウスカは、序盤はちょっと違和感を感じたんだけど、それがアリス自身が変な夢を見たり、KY(苦笑)だったりするところから来ているものだと徐々に感じて、序盤を過ぎたらそんなことすっかり忘れてました。これから活躍が期待されるところですね。


 終盤に大きなバトルシーンがありますが、そこは特に見所ってことでもなく、やはりカラフルな映像美の世界を楽しむ映画なのかな、という感じを受けました。「不思議の国のアリス」などの原作を読んでいないので何とも言えませんが、原作に出てきたところを映像化したりしているところなんかは、それぞれイメージしていたものもあると思うので、評価が分かれてしまうのかも知れません。

 

〔オーナーのお薦め度〕
アリス・イン・ワンダーランド ★★★★☆☆ 星4つ
(お薦めは何とも判断しづらいです。もの凄いインパクトがあったわけでもないので。サラッと観る分には良いと思いますが、タフな映画ではないです。でも悪くもない。)

〔オーナーの評価点〕
アリス・イン・ワンダーランド 67点(100点満点中)

携帯替えたいなぁ

| コメント(2) | トラックバック(0)

 職場が変わったこともあって、心機一転して携帯電話を替えたいなぁなんて最近考えてます。

 実はドコモの携帯と、ウィルコムのPHSの2台を持ち歩いている状態で、それを1台に戻そうかなあなんて。たしか、3年前、前の職場に入ったときに、いろいろ考えてウィルコムの端末を購入して使い始めたんです。

 ま、ずっと2台持ち歩いても仕方ないなと考えたのと、昔から使っている端末もずいぶん古くなったので買い換えたいなと考えてるところなんですが、狙っている携帯電話が品薄状態みたいなんです。docomo PRO series SH-03Bってヤツなんですが。

 ウィルコムのPHSも、シャープのアドエス(W-ZERO3)を使っていて、シャープ製品に親しみがあるから、っていう部分もあって選んでいる部分もあるんですが、メールをする時に文字を打つのが面倒臭くて、キーボード付きじゃないとイヤだなあというところも強いかも。ちょっとソニーエリクソンのXperiaも気になりましたが、たぶん使いこなせそうにないので(苦笑)、パス。iPhoneに感じは似ていますよね。これからはこういった「スマートフォン」がスタンダードになってくるんでしょうか。

 にしても端末価格、高くなりましたねぇ。3年前、ウィルコムの端末を買ったときは3万円だったのに、今は倍もするんですか... いくら分割手数料無料とは言え、高い買い物です。ま、この代わりに通信費用が安くなっていると考えれば良いのかな。でもそんなにも通信費が安くなっているような気もしないんだけど(苦笑)。

ひと段落?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 とりあえず引き継ぎがひととおり終わってひと段落したような、してないような。

 新しい仕事は、うーん、大仕事を仰せつかったようななんというか。多くの人が関係するような、短期集中型の仕事なので、「参ったなぁ...」という感じ。秋口には死んでそうな気がします(苦笑)。

 あまりネタがないのでこれ以上書けませんが、メンテナンス情報が入ったのでお知らせまで。

メンテナンスのため、shosproject.net が一時休止します】
 休止時間: 2010年 4月 20日 (火曜日) 
                 午前 01:00~05:00時 の間の30~60分程度

※ 休止するのはホームページ、ブログとなります。「Be HISAISHIST or MIYAZAKIST BOARD」は別サーバーのため休止はありません。

 いつの間にか我が家がムツゴロウ王国状態になってしまい、ネコが多くなってしまったんですが、先日面白い状況に遭遇したのでその写真を貼り付けておきます。

 

nyanko.jpg

 水を飲もうとしたニャンコがジョウロに頭を突っ込んで抜けられなくなってしまった図です(苦笑)。ちょうど救助作業に当たっていたところをせっかくなのでパチリと撮っておきました。

 仕方が無いのでジョウロの先から切り目を入れて救助しようとした矢先に「スポン!」と抜け出せたみたいで事なきを得ましたが、ニャンコにとってはかなり怖い経験だっただろうなあと思います。

 でも、まさか頭を突っ込んで抜けられなくなるなんて思いもしませんでしたね(苦笑)。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

アイテム

  • nyanko.jpg

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。