2010年3月アーカイブ

書き込み失敗

| コメント(0) | トラックバック(0)

 さっき全く違うブログ記事を書いていたんですが、何かの拍子に「戻るボタン」を押してしまったようで、ほとんど書き終わったものが吹っ飛んでしまいました(涙)。悔しいです!(ザブングル風に)

 風邪は何とか良くなりました。のどがちょっと調子悪い時がありますけど、ま、大丈夫。

 にしても、明日、わが職場で異動が発表されるんですが、仕事の引き継ぎってどうしたもんでしょうね? 一応異動となっても良いようにドキュメントに残しておこうと整理中ではあるんだけど、全部を整理するわけにもいかないですからね。

 大抵、「分からなかったら聞いて!」ってことにはなるんだろうけど、わが職場では仕事内容が180度違うことも良くあるので結構大変。さてさてどうしたもんかな。

 ま、それよりも異動の発表が遅すぎるですよ。25日発表で1日付だから。引き継ぎの準備ってことを全く考慮されてないですよね、これ。

 何がっていうと、まだ咳が残っていて...(汗)

 のどにちょっと引っかかりがある感じで、まだ落ち着いてない感じ。良くなったかなぁと思ったらこれだもんなぁ...

 ま、早めに寝ないといけないですね。そんなわけで読書がなかなか出来てないです。うーん。

 ということで、クライマックスシーンは見逃してしまいましたが、「ライアーゲーム」の感想を書いておこうと思います。

LIAR GAME2 ~シーズン2&劇場版 オリジナルサウンドトラック~
定価:¥ 2,100
新品最安価格:19%OFF ¥ 1,680 (17店出品)
売上ランク:10117位
レビュー平均:4.04.0点 (9人がレビュー投稿)
発売日:2010-03-03
レーベル:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
プロダクトグループ:Music
カテゴリー:CD
クリエーター:中田ヤスタカ(capsule)(作曲) 中田ヤスタカ(capsule)(演奏)
フォーマット:Soundtrack
ディスク数:1
時間:53(分)
by amazon通販最速検索 at 2010/08/04

ストーリー
 ドラマを観ている人が多いと思うので詳細は割愛しますが、ライアーゲームっていう人を騙してお金を奪い合うマネーゲームに巻き込まれてしまった、バカ正直な女子大生の神崎直(戸田恵梨香)が、元天才詐欺師・秋山深一(松田翔太)の助けを借りながらゲームを乗り越えていくという感じで、映画では、サブタイトルどおり「ファイナルステージ」として、最後の「エデンの園ゲーム」が繰り広げられました。
 ゲームの内容は... 説明が小難しくなっちゃうのと、ネタバレしそうなのでこちらも割愛(苦笑)。ただ、ホントにちょうどクライマックス直前で映画館を後にしてしまったので、最後の肝心な所が分かってません(笑)。ゲームを支配していた「X」って誰だったのか、分からないし。今度、テレビでやったときなどにでも確認しようとは思いますが。

映画館の様子
 テレビドラマからの映画だったので、結構お客さんが入ってました。フジテレビって「のだめカンタービレ」もそうだし、今度「踊る大捜査線」もありますよね。ドラマから昇格して映画化されるのが多いですねぇ~
 映画館では、全体の雰囲気としては楽しんでいる方が多かった感じがします。ただ、あまりみんなで笑い合うシーンは無かったけど。逆にゲームから伝わる緊迫感は共有してたかな。

印象
 こういう類の映画は一度ネタが分かってしまうと面白みが無くなってしまうんですけど、それでもゲームでの巨額のお金をやりとりする緊張感もあったし、独特な「ライアーゲーム」の試合会場の雰囲気もドラマそのままで良い感じだったし、結構面白かったと思います。
 逆に、ドラマそのままで、わざわざ映画館で観るほどでも無いと言われるとそれまでかな... 是非映画館で、というまでものは無いので、DVDでチェックされてもOKかも知れません。ヤフーで感想をチェックしたら、結構賛否両論ありますね。ボクとしては期待してなかった割には結構良かった、という評価をしてます。それに場面が基本的にゲーム会場のみなので、場面切り替えが激しくないからあまり考える必要ないから、観る分には楽かな。ただ変な装飾品のある独特な雰囲気で疲れちゃったり、しっくり来ないということはありそうです。

音楽
 ドラマと基本的に一緒のものだと思うんですけど、音楽を効果音的に、いわゆるME(ミュージックエフェクト)として多用しているところもあって、結構音楽が印象的だったりします。タイトル部分の音楽なんかも、ドラマからずっと一貫して使われていますけど、すごく印象的な曲ですよね。(でも、確認してないけど、良く聞くとちょっと音を変えているようですね。)


 全体的に考えても、そんなにマイナス点も無かったから、「あれ? 結構良い作品だったのかな?」という感じ。でも抜きん出たものが無いから、少しイマイチ感もあります。ネタが分かっちゃえばおしまいだし。「映画」として考えるとちょっと微妙なのかな。暇つぶしに観てみるかっていう感覚でみたら、悪くないと思います。やっぱりドラマが好きかどうかで、変わってきそうですね。

オーナーのお薦め度
ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ ★★★★☆☆ 星4つ
(ドラマ版を楽しんでいた人にはお勧めできます。苦手だった人はもちろんお勧めしません(苦笑)。)

 

オーナーの評価点
ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ 69点(100点満点中)

 アメリカ・アカデミー賞を総なめにした話題作を早速見てきたのでちょっと感想チックなことを書いておこうと思います。

 にしても、今日は参りました。「ハート・ロッカー」と「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」を観ていたんですが、「ライアーゲーム」を観ている最中に、携帯が鳴っている人がいて『マナーモードにしておいてよ~』と思っていたんですが、その直後に映画館の中がかなり揺れはじめて焦りました。携帯電話の緊急地震速報が鳴っていたんですね... 直後にボクは映画を途中にして帰りました... クライマックス見逃した...(涙)

ストーリー
 平たく言うと、イラクでの不安定な情勢と、イラクとアメリカとの敵対関係を背景にしながら、アメリカ軍の爆発物処理班の班長が、仲間とともに命を賭けて爆発物を処理していくというもの。っていつものごとく全く内容が全く伝わっていないでしょうね(苦笑)。

映画館の様子
 アカデミー賞を受賞ってのと、アバターのジェームス・キャメロン監督の元妻キャスリン・ビグロー監督がメガホンをとっているということもあって、結構客の入りが良かった。話題作ですもんね。

印象
 正直なところ難しかったです。主人公の班長ジェームスも戦場の緊張感の虜になってしまった面と、仲間を思いやる面、家族への思いなどがいろいろ入り交じっているのも感じたし、他の登場人物もそれぞれいろんな側面もあったから、いろんな深い部分は何となく感じたんだけど、それがよく把握できなかった(汗)。何となく言葉に出来ないというか。でも、何か強いものがあったように感じました。
 それと監督が女性なんですが、全く女性っぽくない演出でした。敢えて女性っぽさがあったとすれば、土埃が舞い散る場面や、薬きょうが落ちる瞬間などをスローモーションに映すカットが入っている部分は女性っぽさを感じました。

 にしても、戦場を舞台としているので、撃ち合いや爆死シーンなどもあるので、そういう意味ではすごくインパクトの強い、アクの強い映画でもありました。そんな非日常で命の危険にさらされながら、それぞれの兵士がいろんな日常を抱えているっていう部分に面白みっていうのがあるんでしょう。


 でもボクにはちょっと難しかったです。「ピアノ・レッスン」みたいな感じ。良いんだか、悪いんだか分からないという...(苦笑) ま、ボクはおこちゃまだから分からないんでしょう、たぶん(笑)。

オーナーのお薦め度
 ハート・ロッカー ★★★★☆☆ 星4つ
(評価は高いんだろうなあと思うんだけど、ボクとしては「面白い!」って確実に思えなくてお薦め度は余り高く出来ないッス。深さは何となく分かったんだけど。)

 

オーナーの評価点
 ハート・ロッカー 73点(100点満点中)

 今回から映画の評価点を付けました。100点満点で付けてますが、減点法では無くて基準点を項目別に設けてプラス・マイナスしているので余り高い点数は出ませんが、70点以上が高評価となります。

遠笛

| コメント(2) | トラックバック(0)

 今日、熊木杏里さんのベストアルバム「風と凪(なぎ)」がキングレコードからリリースされました。

風と凪
定価:¥ 3,500
新品最安価格:10%OFF ¥ 3,135 (19店出品)
売上ランク:5356位
レビュー平均:4.54.5点 (5人がレビュー投稿)
発売日:2010-03-10
レーベル:キングレコード
プロダクトグループ:Music
カテゴリー:CD
アーティスト:熊木杏里 熊木杏里 feat.清塚信也
ディスク数:2
時間:93(分)
by amazon通販最速検索 at 2010/08/04

 一応ひと通りシングル、アルバムは持っているので新たに買う必要性は高くないんですが、ボーナストラックがあったこともあって、余り考えずに購入しました。

 その中で「遠笛」という曲があります。

 映画『バッテリー』の主題歌になった「春の風」にカップリングされていた曲で、ちょっと寂しげでもあるんだけどさわやかな曲です。この「ちょっと寂しげ」ってのが熊木さんらしさの部分でもあるんだけど。

 ...で、曲自体の話ではなくて、この「遠笛」って文字ですが、皆さんってなんて読まれますか? ボクは「とおてき」って読むものだと思っていたんですが、広辞苑では載っていないんですよ。あるいは「えんてき」とか「とおぶえ」とかって読ませるのかな? 読み方がハッキリ分からなかったので、どうなのかなと思った次第です。

 「汽笛」は「きてき」ですし、「遠笛」も「とおてき」で良さそうな気がするんだけど、いろいろ考えると「遠」を訓読みで読ませて、「笛」を音読みさせるという、読み方が合っていないのが気になってきたりとかして...(苦笑) そうそう、5年前に音読み訓読みの話をしたこと、ありましたっけね。

 誰か分かる人がいたら教えてください!

 風邪を引いてから1ヶ月ほどが経過して、何とか調子を取り戻してきました(汗)。

 そんなこんなで久しぶりに読書を。最近全然読んでいなかったんですが、読み半端だった本の読書を再開したんですが、その本がこれ。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
定価:¥ 777
新品最安価格:¥ 777 (3店出品)
売上ランク:529位
レビュー平均:4.04.0点 (267人がレビュー投稿)
出版日:2007-05-18
出版社:講談社
プロダクトグループ:Book
カテゴリー:新書
作者:福岡 伸一
ページ数:286
by amazon通販最速検索 at 2010/08/04

 内容が複雑で難しい本なのに、間を置いちゃったから、やっぱり内容の把握をするのが難しい。その上眠くなります(苦笑)。でも、"生きている事"っていうのは内包する原子などが入れ替わり立ち替わりしながら同じ状態を保っている「動的平衡」という状況なんだっていう考え方には、ちょっと目から鱗でした。ボクら人間の肉体も構成する原子レベルでは、少し前の自分と今の自分では違うものに置き換わっているんだけど、生命体としての平衡を保っているっていうのは面白かった。

 眠くなるのでなかなか読み進められないけど、他にもストーリーものとかも読みたいし、「Web進化論」もさらっておきたいなぁと思ってはいるんですが、読み進めるスピードが遅くて何とも... 速読が出来る人がうらやましい。 

風邪が抜けない

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先日、病院に行って薬をもらってきたんですが、まだ風邪が抜けずに体調が万全じゃなくて最近書き込み自体も出来てません...

 咳が止まらないんですよ、なかなか。鼻水とかは大丈夫なんですけど、ナンなんでしょうね。

 そんな中、ここのところ毎週末、仕事系イベントが入っているのは実は勘弁して欲しいんだけど、キャンセルできないから困る(苦笑)。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。