2009年1月アーカイブ

愛のつづき

| コメント(0) | トラックバック(0)
 最近、「愛のつづき」という曲をヘビーローテーションで聴いてます。
 
ルパン三世 : くたばれ!ノストラダムス ― オリジナル・サウンドトラック / B00005H0NZ
1995-07-01
ASIN:B00005H0NZ
b


 ずいぶん昔にこのブログの前身の「思馳日記」でも書いたことがあったんですけど、ブログになってからは書いていなかったので、ちょいとぶり返します。

 上のアマゾンのリンクでも分かるとおり、1995年に映画館で公開された映画「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」のエンディングテーマとして、作詞を荒川洋治さんが、作編曲を大野雄二さんがされた楽曲で、歌を坂上伊織(現 先海伊織)さんが歌っています。

「愛のつづき」の歌詞

 某ニ○ニ○動画に今、アップされちゃっているのでそちらで今の段階で聴くこともできるんですが、たぶんすぐに削除されちゃうでしょうね。

 ルパン三世の曲だと、「カリオストロの城」のテーマソングである「炎のたからもの」が有名なんですけど、この「愛のつづき」は隠れた名曲で、個人的には「炎の...」よりこっちの方が好きです。歌詞はそこはかとなく悲しげなんですけど、愛に包まれてるんだなっていうのが感じるような温かさがあるんです。

 で、ちょうどこの映画が、ルパン三世の声を演じられていた山田康雄さんが亡くなられた直後に公開された映画で、この曲が流れ終わった後に「永遠のルパン三世 山田康雄さん ありがとう」というテロップが流れるんですが、山田さんが亡くなってポッカリ空いた心をこの曲が埋めてくれたような感じもありました。結構、この映画やっている時はルパン三世にどっぷりはまっていた時期だったのでちょっとショックだったもんですから...(苦笑)

 いつか、この曲を生で聴いてみたいなあと思ってます。ということで、この曲の良さを知ってもらいたくて緊急アピールでした(爆)。泣き歌として応募してみようかな...(笑)

神式

| コメント(3) | トラックバック(0)

 ご無沙汰してました。

 先日、叔父が亡くなってしまってその葬儀に出ていたとかでバタバタしてました。いや、ブログを書く時間はあったと言えばあったんですが(苦笑)、ちょっと疲れちゃっていたので休んでました、ハイ。

 で、その叔父の葬式だったんですが、結構珍しい「神式」ってやつで、うちの地元では、お焼香の代わりに「米」を一方の入れ物からもう一方の入れ物に3度移して、2礼、2拍(音を立てない忍び手)、2礼をするというやつなんですが、結構、「米」を目の前にして止まってしまう人が多くて...(苦笑) お焼香がほとんどでしょうからね。でも、心がこもっていれば間違っていても別に気にならないので、もし「神式」の葬儀に出くわしても、仏式のお焼香のやり方でやっても、とがめられないと思うのであまり考え込まない方が良いっていうことが分かりました。

 もちろん「神式」なので数珠も不要なんですが、お米は使わないところもあるみたいですね。というか、お米じゃなくて「玉串」(榊の枝)を捧げる方がメジャーっぽいですね。地元では遺族、親族がこの「玉串奉奠(たまぐしほうでん)」ってやつをやって、一般参拝者は「米」を捧げる形式でした。

 ま、参考にはほとんどならないような気がしますが、仏式と神式とではいろいろ葬儀も違うんだなということが分かって勉強になりました。ちなみに僕の地元の町では、廃仏毀釈がまともに実施されちゃったらしくお寺は1つもなく神社ばかりなので葬儀も神式が多いらしいです。

おツサレさま

| コメント(0) | トラックバック(0)

 湯屋に行ってゆっくりしたいなあと、大浴場があまり好きでない僕がボソッと呟いてみるテスト(苦笑)。

 猪突猛進型であまり計画的に仕事ができないタイプで、とりあえず目の前にある仕事を猛烈にこなして、なんとか余裕を作ろうとすると違う仕事が入ってくるといった悪循環スパイラルに陥っているような気が...(汗)

 そんな感じでテンヤワンヤしていて疲れているため、今日はわざわざ早めに帰宅して早めに寝ようと思います。ちょっとは体力回復するだろうっと。

 ただアメリカ大統領の就任式が気になるんですよねぇ。ま、ニュースででもチェックすればいいか。

阪神淡路大震災。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 やっぱり忘れちゃならない出来事だと思いました。

Gigazine】あの「阪神・淡路大震災」で本当は一体何が起きていたのか、その真実がよくわかるムービー集

 14年も経つと風化しちゃうけど、こういった映像を見るとその惨劇を改めて思い知らされます。大地震は起こりえるから、しっかり対策しておくに越したことないですからね。

 こうなったら行政は何もできません。大きな災害になればなるほど、消防署も役所も何もできなくなります。とはいえ、対策って言っても非常食を用意したり、防災グッズ揃えたり、家具が倒れないように対策するくらいしかできることないんですけどね。

 ...僕はまず部屋の片づけをしないと、本棚やらの下敷きで死んじゃいそう...(汗)

 最近、「地デジ」切り替えを考えてはいるんですが、道のりが険しくて...(苦笑)

1 パソコンで地デジ視聴・録画するためのボードを購入したい。

2 どうも地デジ視聴するのにアンテナの調整が必要。ついでなので地元ローカルと東京ローカルを観れるようにして、BS、110度CSもOKにしたい。

3 実はまともに映るテレビが我が家にほとんどないため、地デジなどが移る安めのテレビも欲しい。

 ......以上、全部クリアするのにいくら掛かるのでしょう...(涙) とりあえず長期計画を立てて、ひとつずつクリアしていくようにしたいとは思っているんですが、そもそもアンテナの調整なんかはどこに頼んでいいもんやらサッパリ...(苦笑)

 これだもの、地デジ切り替えが思いのほか進まないのは当然ですよ。って、自分基準かい!(爆)

あれ? 本名?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 iTunes Storeで久石さん関連の懐かしいものがあったのでご紹介します。

iTunesStore】はじめ人間ギャートルズ(iTunesが起動します)

 どこにも久石さんの名前がないので、何も知らない人は「?」と思うでしょうけど、「藤沢 守」名義になっているのは久石さんの作品。久石さんのご本名は藤澤 守さんなんですよね。久石さんって、本名で呼ばれることってあるのかな? 病院とか役所とかでは本名で呼ばれるか...(苦笑)

 ただ、インタビューなんかでは、当時国立音大在学中だったから、本名出るのマズイっていうのでクインシー・ジョーンズをもじって名前をつけたっていう話だったんですけどね。出始めのころの久石さんの曲を聴きたい方は、ぜひ聴いてみてください。ちょっとだけ視聴もできます。

定額給付金

| コメント(2) | トラックバック(0)

 最近政治ネタは書いていても面白くないし、そもそもあきらめているので、触れないようにしていたんですが...

 定額給付金絡みで平成20年度第2次補正予算案が衆議院で可決したってニュースがありました。

47NEWS】「給付金」攻防、参院へ  2次補正衆院通過、松浪氏は造反

 各種マスコミ報道で定額給付金について、7割の人が反対している現状を見て、自民党のほとんどと公明党の衆議院議員の人たちは賛成票を投じているわけですが、この状況がチャンチャラおかしいとしか言いようがないですよね。

 賛成票を投じている議員さんたちは、本気で「定額給付金」が多くの人のためになると判断して賛成票を投じているのかと考えると、たぶんそうではないんでしょ。松波議員1人だけ退席して造反ということになりましたけど、他の自民党の議員さんたちも、定額給付金に関して「?」と感じている人は多いはず。

 本来、議員は「代議士」と呼ばれるように、住民の代表として選ばれて、それぞれの判断により賛成、反対それぞれの票を投じるべきはずだと思うんですけど、それが住民を向いておらず、政党の執行部の意向に沿って票を投じるシステムになっちゃっていることに呆れちゃうというか...

 ちゃんと調べて書いていないので何とも言えませんけど、個人の意見より政党の方針を優先させてしまうのは、選挙方法やら資金調達、いろんな面をひっくるめて制度疲労を起こしているのかなと最近感じるようになってきました。

 たとえば大事な事案に政党の方針に異を唱えて除名され、次回の選挙では無所属になったら全然戦えないという状況に陥ること自体、やっぱりおかしいと思うし、そもそも政党が議員個人の投票行動を拘束させるのは、憲法的にどうなのかと疑問を感じるようになってきました。

 政策集団としての政党対政党の構図はOKですけど、あくまで判断するのは個人の議員であるべきはずなのに、今の状況のまま、政党執行部の方針により議員の行動が拘束される手法を続けていくと、たとえ政権が交代したとしても、今後同じようなことが繰り返されていくことになると思うんですが、どうなんでしょう。

 いくら議論しても「どうせ数の論理で決まるんでしょ?」と天の邪鬼になってしまうんですが、僕が間違ってるんでしょうかね?

うし?

| コメント(2) | トラックバック(0)

 「松阪牛」って、最近、テレビで『まつさかうし』って読むようになりましたよね? この間、テレビ番組でタレントが「まつざかぎゅう」と連発でしゃべっていたら、わざわざ「正しい読み方は『まつさかうし』です」っていうテロップを表示させていたし。

 なんか違和感ありますよね。でも、『まつざかぎゅう』でも間違いではないってことですね。あくまで、三重県松阪市では、松阪は「地名は濁らないようにしよう」、牛は「『松阪』が訓読みなので、読み方を合わせよう」と地元の協議会が制度化しただけの話のようで...

 まあ、それに便乗して間違っているのを見つけて電話をするようなクレーマーでもいるのかもしれませんが(苦笑)。

 でも、「うし」って読んでしまうと、生きている動物の方を思い浮かべがちですよね。「肉」の方をイメージしづらいというか。これも慣れの問題なんですかねぇ。じゃあ、地元の「福島牛」とか「常陸牛」も「ふくしまうし」「ひたちうし」になるのかな? うーん。

excite】松阪牛は、いつから「まつさかうし」に?

OKWave】まつざか うし?

Yahoo知恵袋】松坂牛。まつざかうし、まつざかぎゅう、テレビによって呼び方が違いますがどちら...

 なかなかBBSに書き込んでないのに、このネタ、どうしても書きたくなったので...(苦笑) 今週末はBBSに書き込もうっと。

 日付が変わったので昨日になっちゃうんですが、地元でいろいろと災害・火災などがありました。

 昨日の未明は、貯蔵タンクから原油が流出したり、夕方は工場で爆発、そんでもって夜は火災で1件全焼と立て続けに災害・火災が起こっていて、仕事はじめの日なのになんやかんやとバタバタしてました。

 年末も火災があって全国版のニュースになっちゃったりしましたが、前にも言いましたけど、火災は気をつければある程度予防できますので、火の元確認は十分行いましょう! 気の緩みですべて燃えつくしてしまうということにもなりかねないので、この時期は気を付けてくださいね~

Runner of the Spirit

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まず、皆様、新年明けましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします!

 で、先日の箱根駅伝、音楽目当てで(!)観ようと思っていたんですが、なんか疲れが溜まっていてずーっと寝正月だったので、朝、起きられませんでした(苦笑)。

 ダイジェストとかを観たら、往路5区の山登りで東洋大学の柏原選手が快走を見せたんですが、出身高校見たら地元じゃないですか!? ちょっとビックリしちゃいましたよ(苦笑)。で、そこに隠れていたんですけど、復路10区早稲田大学のアンカー三戸選手も地元。あまりこういったスポーツ系で地元の選手が出るのってあまり無いんですけど、何となく同郷のよしみで頑張ってほしいなあと思っちゃいますね。でも陸上って地元強かったかなぁ??(苦笑)

 そうそう、肝心の「Runner of the Spirit」ですけど、高校とかでも演奏してもらえるようにとわざわざ吹奏楽での作曲をされて、演奏も佼成ウィンドオーケストラが担当ってことで、豪華な楽曲ですよね~ ちょっと聴いたところでは、箱根路の山々の風景と、清々しい学生たちの力を織り交ぜたような曲に感じました。ただ、ここは吹奏楽ってことで、いわゆる久石メロディ的なメロディアスな部分はなりを潜めているので、人によって好き嫌いはありそうかなと思うんですけど、僕としてはこういうファンファーレ的な要素を含めた曲は結構好きかな。

 でも、ちょっと甲子園的なメロディに似てるような気がしなくもない部分もあったように思うんですが(苦笑)、その辺は学生つながりなのでちょっと似ちゃうのかなぁなんて...(汗)

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。