負けてもうた…

| コメント(2) | トラックバック(0)

 野球日本代表、決勝トーナメント2連敗でメダル獲得できず残念でした。結果的に予選リーグと同じ順位で韓国が初の金メダルとなりました。

 終わった後でああだこうだと書くのもなんですけど、今回の大会の采配は短期決戦には向いていなかったのかなという感じでしたね。結果が出ていなかった中日・岩瀬にリベンジさせるために何度も登板させたり、横浜の村田もヒットがなかなか出ない状況で使い続けた。その時々で調子のいい人を使う采配をしていなかったのが敗因かな。これは人選も同じ部分があるんだけど…

 ただ、ストライクゾーンがなんだか変な感じはしましたけどね。アウトサイドのボールはことごとくストライクを取ってもらえていない感じで。その部分で結構投手陣は良い出来なのに、結果的に打たれてしまうようになっちゃった部分もあるかな。

 ま、何事も相手があったのものだから、負けてしまったものは仕方ないです。次のオリンピックはいつになるか分かりませんが、今度はWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)があるようなので、また頑張って欲しいですね。今度は短期決戦に勝てる人選をしてもらって、ですが。

トラックバック(0)

このエントリーへのトラックバックURL :

コメント(2)

今回の采配は「??」なことが多かったですよね。

個々の選手は力を尽くしたのかもしれないけれど、
出すべき選手を出していたのか、というと
また別の話で。

あと、配球も「なんでそこ!?」と思うことが
多かったような。

しかし、アメリカの選手ってAAやAAAの
選手ばっかりだったんですよね…。

確かにそうですねぇ。

選手起用は全体的に引っ張りすぎ。
あれだけ調子の悪かった横浜の村田とか
中日の岩瀬はねぇ… もうちょっと調子の
良い選手を使う選択肢はありましたね。

配球で一番「おいッ!」と思ったのは
予選の最終戦の対アメリカで初めて
タイブレーク制が導入された時の初球、
送りバントするのか打ってくるのか
分からないのに、送りバントと決めつけたか
のような棒球を投げさせたところは、
ガックリ来ました。素人でも様子を見るのに
ボール球からと考えるのに…

ただ、外角低めをあれだけストライクに
取ってくれないとなかなか投げるコースが
無くなっちゃうというのは否めなかったけど。


…とまあいろいろと言いたいことは出てくる
んですけど、戦後にああだこうだと言っても
仕方ないんですが、今後のためにしっかりと
分析しておいて欲しいですね。

あと、韓国を見習って、国際大会があるときは
シーズン中も国際球を使用するとか、日本
野球界全体としてもしっかりサポートする体制を
作って欲しいものです。

WBC優勝も幻だったんじゃないかとか思われて
しまいかねないし。

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

アイテム

  • dai7.jpg
  • yakei.jpg
  • sakura_nakoso.jpg
  • notepc.jpg
  • saharashoten3.JPG
  • porttowerselion.JPG
  • hum1.JPG
  • hum2.JPG
  • udon.JPG
  • shitimi.JPG

このブログ記事について

このページは、ショーが2008年8月23日 23:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これまでの苦労を考えると…」です。

次のブログ記事は「冷めてます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。