2008年02月14日

L change the WorLD


 この間、「チーム・バチスタの栄光」とともにこの作品も観ていました。

 松山ケンイチが完全にLになりきっていたのにビックリした。テレビで観ていた松山ケンイチの雰囲気が消えていて"L"になっちゃっていたのは驚きでした。印象がこんなに変わるもんなんだなあと正直思いました。猫背でいろんな動作が個性的過ぎるところもなかなかだったし。違和感なく、文句無しでした。

 そうそう、真希役の福田麻由子ちゃんの笑顔がすごくかわいかったなあなんて。ちょっとロリっぽいって言われるかも知れないけど(苦笑)。

 他の出演者では細菌学者役の鶴見辰吾が強烈だった。何が強烈だったのか言ってしまうとネタバレになるので言えないけど、監督が「リング」の中田秀夫氏だからこそっていうことも言えるかも。他にも工藤夕貴とかもなかなかの感じだったと思います。ただ、個人的にはFBI役の南原清隆は…うーん、ちょっと設定も厳しいところだったかな。そもそも劇中にも「日本人のFBIっているのか?」みたいな話も挙がったし。少し違和感を覚えました。他にも高嶋政伸が悪役として出ていたんですが、個人的にどうしても「HOTEL」の『姉さん、事件です…』が頭からなかなか離れなくて…(爆)

 話は…… そもそもこの映画のストーリーの前提を言ってしまうと、この前の「デスノート the Last name」の最後のトリックが分かってしまうためネタバレになっちゃうんですよね(苦笑)。ま、簡単に言うとLは一定期間無敵状態になって戦えた、ということでしょうか。ってよく分からないな、これでは(苦笑)。

 ま、兎にも角にもスピンオフ作品なので、どうなるかなあと思ったんですが、まとまっていて非常に楽しめた作品でした。元々の「デスノート」前編・後編は直前にテレビでちょっと観ただけだったんですが、マンガの世界観を残しつつ、"L"を活かしきったと言えるでしょうね。どうも、スピンオフって言うと、キャラクターだけ使って全然違う映画を作ってしまうような印象もあったりするんですが、キラと同等にやり合えた主役級だからこそスピンオフが成り立つんでしょうね。他のキャラをスピンオフしたら、デスノートじゃなくなっちゃうでしょうね。

 そうそう、事前に映画宣伝番組で、「海外で空港を使ったジャンボジェット発着のシーンがあって迫力があった」なんて言っていたので、てっきり『Lたちが海外へ渡って敵と戦うんだろう』という思いこみをしていたんですが、そのシーンは日本国内の空港として映ってました(苦笑)。その割には滑走路脇が草ボウボウだったので、「日本の空港じゃないだろ!?」って思わず突っ込みを入れそうになってしまいました。

 それとひとつ気になったのが、環境保護団体のような組織が地球保護のために人類を細菌兵器で根絶やししようとするという設定かな。エンドクレジットの際に「この物語はフィクションであり、実在するいかなる個人、団体とも関係はありません。またこの映画を撮影する際に、動物を虐待したことは一切ありません。」とわざわざ入っていたので、環境保護団体への配慮が若干見られました。見ている最中、『これ、抗議が来たりしないのかな?』とちょっと心配したんですけど、まぁ、フィクションですし、こういった設定の映画もいろいろあるのでボクの心配しすぎなだけってことでしょうか。

 なんだか映画の内容と全然関係ないような話ばかりになってしまいました…(汗) 結構楽しく観られたので、前作を観て楽しんだ方は、是非是非このスピンオフ作品を観てもらえると上手くリンクするのでは無いかなと思います。
 ただ、逆に考えてしまうと前作を観ていないと、話が何のことだかサッパリ分からないという状況になってはしまうんですが… だから公開直前に前作をテレビ放映していたんでしょうが…。 


オーナーのお薦め度
 L change the WorLD ★★★★★☆ 星5つ
(この映画の音楽担当は川井憲次さんだったんですね! この作品も映像の方が強くて、音楽があまり印象に残ってません…(苦笑) むぅ。作品としては1作品で完結というモノでは無いので、この作品も星は4.5に近いです。こういう原作モノは仕方のないことなのかも知れません。)

trackbacks

このエントリーへのトラックバックURL :

福田響志 福田麻由子 関連最新情報 from 福田麻由子 画像・動画 最新情報ブログ

[田中麗奈]相沢紗世 あいざわさよ 相沢沙世田中麗奈と福田麻由子は、 夢の共演か...

comments

comment form
管理者MENU : EDIT / SendTB