2007年12月アーカイブ

締めくくり

| コメント(0) | トラックバック(0)

 やっと年賀状を作って送れました。今日。今日出したので、元日には届かないとは思います。すみません(汗)。あとは郵便配達のバイトくんたちに頑張ってもらうしかないです。。。

 で、今年1年のブログの締めくくりに何かをやろうかなあと思ったんですが、あまり頭の中に余裕がないので、今日はのほほんと書いて締めくくりです。ホントは、今年1年観た映画を振り返ってみようと思っていたんですが、昨日、一昨日と書き込み出来なかったので…(苦笑) ま、それは年明けにでも。

 今年の前半は仕事で異動になってやっている仕事が180度変わっちゃっててんやわんや。仕事の引き継ぎする直前に風邪を引いてしまい、高い栄養ドリンクを飲みながら、拙い引き継ぎをしながら、新しい職場に移ったりしました。

 その後は変わった仕事に振り回されてしまったかなぁと。元々無かった自信がもっと無くなってしまったり(苦笑)、仕事に向いていないなあと思ったり、かなり凹んだ1年でした。ま、凹んでもボクはつぶれたりしませんが(爆)。

 そんな状態だったのでプライベートであまり何もする気が起こらなくて、まずいなあと思って、仕事がちょっと落ち着きはじめた頃から映画をまた見始めるようにしたんですけど、他にはやっぱり何も出来なかったなぁ。仕事人間っぽい感じになっちゃって… 一番なりたくないんですけどねぇ。好きな仕事をやれているんだったらともかく。昔からそういうところバカ真面目だからダメなんだよね〜

 そんな中でやっぱり人間関係は大切ですよね。仕事が変わって、新たな人との関係を持つようになって、上手くやれているのが救いというか。人付き合いは苦手っていう思いがあるので、振り返ってみると自分に合格点をやれるかな、なんて。

 ま、そういう1年でした。そんなところなので、来年、と言ってもあと数十分後ですが、プライベートというか仕事以外の時間をもうちょっと何かしないとなという部分が目標でしょうかねぇ。家でボケーッとする時間を少なくするようにするのを目標にしようと思います(苦笑)。って、何かレベルの低い目標ですが、自分にとってはこれでもハードル高いんです(爆)。

 あら、紅白歌合戦も最後の歌になっちゃったので、今年の締めくくりも終わりにします。

 皆さん、いい年を迎えてくださいませ。そして、いろんな人に良いことが起こりますように!

迷い猫

| コメント(0) | トラックバック(0)

 我が家の白猫「シロピー」が家出してしまいました…

 家の近くを探しては見たものの姿が無く、寒空の下で凍えてるんじゃないかなあとちょっと気がかりです。元気でやっているといいんだけど。

 ちなみに明日の日記は休みです。ちょっとした仲間内の忘年会があるもんで。

 シロピー、いつの間にか帰ってきてたら嬉しいんだけどなぁ。

 メチャクチャ物忘れが激しくて、今日はすごくカリカリしてます。

 仕事で迷惑にならないように片付けておこうとしたものを、ちょっとした物忘れから片付けられなくなってしまって、自分にちょっと腹が立つ状態です(苦笑)。

 ま、常に物事を"考えず"に、とにかく突っ走ってしまう性格から来ちゃっているので半分諦めてはいるんですが(苦笑)。考えないで、その時の勢いに任せちゃうので…(汗)

 だから学生時代のテストとかでケアレスミスが多かったなぁなんてちょっと振り返ってみたり(苦笑)。解答を書いたり、文章を書き終わった時点で勝手にスッキリしちゃって見直さなかったりしちゃうんでね(笑)。

 あ、ミスっちゃ絶対ダメなヤツはこれでもかってくらい見直しますよ、さすがに(笑)。

ハゲタカ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 NHKで「ハゲタカ」っていうドラマの再放送をやっていて、ちょっと飛び飛びで観ていたんですが、メチャクチャ面白かったッス。


 ま、ストーリーは外資が日本企業を食い物にするような話...(爆) って、そんなに単純な話ではないですけど、ドラマとしてはなかなかな作品だと思います。

 ただ、時間が無くて何話か見逃してしまい、それが悔しくて、某アマ○ンでDVDを買ってしまいました(苦笑)。時間を作って観ようと思っているんですけど、「椿三十郎(オリジナル)」のDVDも買ってしまったので、むぅ...という感じです。

 にしても、仕事と年賀状作成に追われて大わらわです。もう元日配達は半分諦めました(汗)。

 クリスマスでも普通に書き込みです(笑)。その割には昨日、一昨日と休みましたけど(苦笑)。

 にしても、今日は某スーパーに行ったんですけど、本当にクリスマス一色でした。クリスマスケーキはもちろん、チキンとかいろいろ、いわゆるクリスマスパーティーの食べ物ばっかりで普通の食品がすごく少なかった…(汗)

  なんだかボクは毎年同じようなクリスマスです(爆)。もうちょっと前進しなきゃいけないんだけど、なかなか(汗)。来年は前進できる一年にしたいのう。

 あ、いや、来年と言わず今年もまだあるんだった。切っ掛けがあればいいのう。ってなんだかいつも訳分からない日記になっちゃうな。

 …ぜんぜんやってません(苦笑)。

 今日は少し時間があったはずなんですが、パソコンの前で居眠りをしてしまったため(苦笑)、全然作業をしませんでした…

 明日と明後日で仕上げないと、来週は仕事がいろいろと残っているからそのまま年を越す羽目に…(汗) 年賀状も明後日に投函しないと元旦配達がされない可能性があるし。。。

 …それでも、ギリギリまで追い込まれないと手がつけられないんですよね。人間、そういう風に出来ているんでしょうか?(汗)

眠い…

| コメント(0) | トラックバック(0)

 すみません。ここのところ忙しくて日記をまともに書けていません。

 平日も休日も何か入っていて、年賀状制作が全然出来ていない(汗)。ちょっと弱ってますが、眠気には勝てないため、寝ることにします(爆)。Zzzzz....

参った。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 久しぶりに散歩をしました。最近、なかなか出来てなかったんです。足が痛い…(苦笑) でも、前と較べるとちょっと体力は付いているのかもね。

 にしても年賀状がまだ作れていなくって困ってます。参ったなぁ〜 そろそろ手をつけないと間に合わなくなるのに… デザインすら手をつけられてませんです。

 参った参った。

無事帰還しました

| コメント(2) | トラックバック(0)

 職場旅行から戻ってきました。

 今日は江ノ島と鎌倉をちょこっと歩いてきました。ちなみに江ノ島で引いたおみくじは「大吉」でした! いろいろ拝んできたし、良いことが起これば良いなぁ〜 というか、自分で起こすようにしないとダメですよね(笑)。

 おみくじに「待ち人はたよりなしに来る」と書いてあったのですが、たよりないと困っちゃうので便りは下さい(爆)。って、誰に向けて言ってるんだ?(笑)

 明日も早いのでこの辺で!

 今、伊東温泉の某ホテルにいます。職場の同室の人たちはみんな眠りについて、僕はその傍らで日記書き(笑)。

 天気は悪くないんですがちょっと曇っていたので富士山は見えずじまい。明日は見れるかな?

 にしても佐世保の事件、ぜんぜん知らなくてちょっとびっくりしました。こんな事件、日本でも起こってしまうんだなっていう衝撃を受けつつ、そういう状況を冷静に受け入れられる自分がいました。

 現場には居合わせた人は大変だったでしょう。ニュースの映像からも伝わってきました。いきなり「死」を感じさせる事件に居合わせたら平静でいられるわけないですし。

 とにかく犠牲になられたお二人にご冥福を祈るばかりです。

 でも、僕らもこういった事件に巻き込まれる可能性があるんだということを受け入れなければいけないんでしょうか… そんな心の準備は到底出来なそうです。

 なんでそんなこと職場旅行の最中に感じちゃうんでしょうね。

明日は職場の旅行

| コメント(3) | トラックバック(0)

 そういうわけで明日起きるのが早いのでサッサと寝ることにします。

 明日は日記書けるかな? 休む可能性が高そう。。そうそう、ちなみに行き先は伊東温泉方面です。伊東って実は何県にあるのか分かってませんでした(爆)。

 連絡できなかったんですが、HeeFooさんのGACON Live、明日ですね! そういうことで行けませんが、普段より近いところから成功をお祈りしてます。。参加する方、サポートする方、皆さん楽しんでください!!

 ちょっと前の話なんですが、郵便局の窓口に行って封書を20通くらい出して現金支払いをしたときのこと。
 郵政民営化とかでレジスターとかも変わったのか、高機能なレジになっていて、POSシステムとして活用されて……いるのかな? いつの間にかそんなレジが置かれるようになっていて、思わずレジを打っているオバちゃんの手を眺めていたら「30代男性」ボタンを押しているのを目の当たりにしてほんの少し凹んでしまいました(笑)。

 ま、来年には30歳なので誤差の範囲だろうとは思いますが、どうしても気にしちゃいます…(苦笑) 間違えてしまうのは仕方がないんですけど、出来ればこういったPOSシステムのレジを打っている場合はちょっとお客に配慮して欲しいなあなんて思ったりしちゃいます。

 押しているボタンが分からないようにするとか、ボタンに「○○才男性」とかを書かずに暗号を使うとか(笑)。あるいは機械側で年齢を判定するようにするとか…(爆)


 というくだらないことを考えてしまいました。。(汗)

大変疲れ気味

| コメント(0) | トラックバック(0)

 なんかかなりだるくて、朝起きるのがちょっと最近つらいッス。

 そんなもんで、「バイオ・ハザード3」の感想は書かずに眠ることにしますた。
 なんか疲れてるんですよね。参った参った。

 今度の土日は職場の旅行だし、ゆっくり休んで年賀状を作成する時間が無いぞ〜

 橋本弁護士が大阪府知事選に立候補って……

asahi.com】橋下弁護士、大阪府知事選出馬へ 12日会見し表明

 いくら有名だからって、議員経験や行政経験が無くて勉強せずいきなりなっても何も出来ないような気がするんだけどなぁ。そのまんま東氏は県知事になるために事前にいろいろ勉強していたから、いろいろと出来ているけど、いきなりだとなかなか難しいと思うなぁ。どうも、お飾り的な知事になっちゃって、実務は他の人になっちゃいそうな… 「中央から良い人材を連れてきますから」なんて話を某自○党がしてそう(笑)。

 ボクだったらやりたくないな(笑)。


 そうそう、「バイオ・ハザード3」の感想はもうちょっとお待ちを!

椿三十郎(2007)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 それでは連日映画の話題となりますが、今度は「椿三十郎」です。なんか、このタイトルを変換するといつも『椿さん重郎』になっちゃうんですが…(汗)


 にしても、ボクは黒澤明版のオリジナルを観たことがありませんが、この「椿三十郎」は観ていて楽しかったです! ちょっと前にやった「武士の一分」とは全く違う映画で、痛快アクション映画って感じで、テンポがすごく良かったように感じました。

 やっぱり触れないわけにはいかないのは主役の織田裕二。存在感たっぷりでした。織田裕二っていうとどうしても「世界陸上!」って即答してしまうほどイメージが出来上がっていたんですが(笑)、作中のコミカルな部分とシリアスな部分を、自然に演じ分けているのが良かったですね。過度にコミカルではなく、かといって重苦しくもないという。織田裕二という俳優が持っている天性の部分なのかも知れません。でも、パンフを観ると、大声で歌うようにセリフを言ったりといろいろ工夫もされたりもするんですよ

 脇役も個性的でした。室戸半兵衛役の豊川悦司も、織田が「動」なら、豊川が「静」という感じでキャスティングが上手いなあなんて思いましたけど、それよりツボだったのが押し入れに閉じこめられている侍・木村役の佐々木蔵之介です。ピンポイントに出てきては客席を笑わせてくれる。若侍9人に正論を吐く。敵なのか味方なのかよく分からない立場もあって、メチャクチャ面白かったです。これは脚本がすごいんでしょうね。他にも中村玉緒・鈴木杏のおとぼけ母娘コンビとか、ちょっと若侍のとりまとめをする頼りなさげな武士役の松山ケンイチも良い感じを出していて、全体的に役者たちの演技がすごく良かったと思います。

 そんな「時代劇」ではあるんだけれど、古くさくないんですよ。パンフを観ても、ちょっと現代風にアレンジしているようで、所作などの動きも、普段の時代劇ではふすまの閉め方や歩き方などを現代風にちょっと崩したり、特に不安になって右往左往する9人の若侍の姿は時代劇じゃなく、ほぼ現代劇を観ているのと同じような感覚でした。全体的な動き、行動が現代のものにしてあって、強引に合わされていないところが返ってすんなり観れているのかも知れません。だから、所作は気になる人はすごく気になるのかも。

 あと、この映画の音楽は印象的でした。大島ミチルさんのオーケストラをバックにトランペットのメロディが鳴るメインテーマは耳に残ってます。思わず映画館でサントラを購入してしまいました。聞き込んではいないけど、なかなか良い感じで音楽が鳴っていたように思います。メインテーマにキャッチーなメロディーがあると、印象に強く残りますよね。

 と、いろいろ申しておりましたが、結論としてはオリジナルが気になって仕方が無くなるという感じでしょうか(笑)。痛快で「面白かった」ってのが素直な印象で、そうなると黒沢・三船版はどんな感じなのだろうと気になっちゃいます。制作側はメチャクチャプレッシャーがあったでしょうけど、オリジナル、リメイク関係無しで非常に楽しめました。ちょっと気になるなぁって思っているのなら、観ておいて損はしないですよ。

オーナーのお薦め度
 椿三十郎(2007) ★★★★★☆ 星5つ
(この映画、星5つと6つの間ってところでしょうか。痛快なんだけど、人間くささも醸し出していて、痛快アクション映画なのに、演技やら物語に深さを感じられるのは監督の采配からなのか、脚本の素晴らしさからなのかはボクにはサッパリ分かりません(苦笑)。でも、カット割りはずいぶんオリジナルから変えているんだろうなあとは思います。)

マリと子犬の物語

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ前に観に行った映画の感想を書いていないのに、新しいヤツを観て来ちゃいました。これから年末土日は忙しそうなのでたぶん今年は見納めかな。

 今日観たのは「椿三十郎」と「マリと子犬の物語」の2本。今日は幸せな1日でした(笑)。


 ということで、本日の目的だった「マリと子犬の物語」。

 ひと言、「良かった」と言える作品かと思います。実話から創り出したフィクションということだそうですが、犬の「マリ」と子犬3匹は実際にいたわけで、旧山古志村に取り残されるという肝心な所は一緒で、あとはいろんな登場人物がプラスされているような感じ。

 でもその前に劇場の人だかりはすごかったです。一番広いシアター(たぶん200人以上は入るところです)がほぼ満席でした。ちょっと甘く見ていたので前から3列目くらいの首が痛くなりそうなところで観ちゃいましたよ。

 映画自体は… 前半から見事にやられてしまいました(苦笑)。ま、実際に起こった事なのでだいたいストーリー構成は察しが付くと思うんですが、のどかな村の風景からあの大地震。犬たちと離ればなれなったところからのいろんな葛藤。そして…って感じなので、中盤に掛かる前のところであの忌まわしい「震災」の様子が映し出されます。

 観ていて、万が一の事があったら自分に何が出来るのだろうと考えて、「でもほとんど何も出来ないんじゃないか」と感じて胸がいっぱいになりました。一匹の犬が人間を支えるように、人間がどのくらい人間を支えてあげられるんだろう、なんてことを感じました。犬と人間の物語なんだけど、それを越えた部分があったように思います。

 だから動物好きの人向けってわけではない映画です。子犬たちとかが本当にかわいいですけど(笑)、動物映画っていうレッテルを貼って観ちゃうのはちょっともったいない気がしますよ。ちょうどボクもいろいろ個人的にリンクしているところがあって、どうしても自分と映画の状況をダブらせちゃうところがあって。犬と人間だけじゃなくて、親子との絆、兄妹の絆といろんな形で「つながり」が表現された映画なんだと思います。

 で、この映画は久石さんの音楽なんですよね。事前にサントラを買っておいて、ずいぶん聴いていたので出だしとかは音楽を楽しみながら観ていたんですが、途中から映画に見入ってしまって、中盤以降は全く音楽のことは気にせず、号泣してました(爆)。ただ、最初は「オーケストラじゃなくて、アンサンブルとかでも良かったんじゃないのかな?」とも思ったんですが、パンフレットの久石さんのコメント「王道を行くオーケストラで正当な映画音楽をつけたい」っていう話を目にしてなるほどなあと納得。山古志村の自然や、震災の自然の驚異を表現するにはやっぱりオーケストラになっちゃうだろうし。珍しく映画にピッタリ寄り添った曲を創られていたように思います。

 ってことで、是非とも多くの人に観てもらいたい映画です。犬嫌いでもOKだと思うんだけどなぁ(笑)。

 にしてもせっかく今年はずいぶん映画を観たので、アカデミー賞みたいな感じで勝手に観た中でのベストを近いうちに書ければなあなんて考えてます(笑)。

オーナーのお薦め度
 マリと子犬の物語 ★★★★★☆ 星5つ
(個人的に大好きな映画だったので星6つでも良かったんですけど、その前に観た『椿三十郎』もかなり面白くて、「感動するのが良い映画なのか?」とちょっと考えてしまい、星が5つに。その影響で『ALWAYS』もさかのぼって星の数を直してしまいました(爆)。)

忘年会シーズン到来

| コメント(0) | トラックバック(0)

 そんな時期なんですね。さっそく忘年会が1件、今日ありました。仕事関係ですけど…(苦笑)

 酒は毎度の事ながら飲まず仕舞いだったんですが(笑)、楽しくお話しできたような気がしたので自分の中では75点くらい。ただ地理に疎くて2次会の場所が分からず、出席を断念して帰宅なんていう失態を犯したのは秘密です(汗)。

 でも、まだ他にも忘年会だったり、忘年旅行だったりと12月はなんか仕事以外の部分で忙しいですよね。仕事以外なんだけど仕事関係ってのはナンだかなぁ、だけど(苦笑)。

 で、今日は帰宅したあと、「SP」を観て、今は白ネコ「シロピー」とパソコンの前にいる状態です。

 ドラマの「SP」って、何回か観てますけど面白いですね。アクションシーンなんかは、日本の“殺陣”とは違う肉弾戦を表現しようと、出演者やらカメラワークがいろいろ凝っているなんて、ドラマの番宣で言ってたけど、確かに他のとちょっと毛色の違うドラマって感じが微妙にします。

 こういったのを映画でやると面白いかも知れないですよね。

 なんかパソコンが動かなくなってしまい、記事も更新できず消えてしまいました(汗)。

 ここのところ忙しいため、時期に書き直そうと思います(涙)。師走は忙しいのう。

 もちろん久石さんのです。


 まだ手元には無いんですが、明日には某アマ○ソから届いているはず。オーケストラサウンドが定番になっちゃって、今回もオケらしいですが、どんな感じになってるのかな〜

 映画の前売り券もすでに購入済なんですが、いつ映画館に行ける事やら…(汗) どこか時間を取って観に行きたいなあと思います。

オッケーイ!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 なんか2ちゃんねる見ていたら「オッケーイ!」の文字ばかり目に付いたのでなんだろうと思ったら、今日の野球日本代表のアジア最終予選で、古田敦也氏のかけ声だったんですね(笑)。

 韓国に勝っていたので正直、楽勝だとばかり思っていたんですが、ダルビッシュが2ランを打たれて逆転された時にはちょっとビックリしましたけど、宮本の走塁やら、サブローのスクイズからの怒濤の攻撃は圧巻でした!

 注目選手がいない中、いろいろ言われていたようですけど、なかなかまとまりのあるチームだったような気がします。星野監督が涙目だったのも印象的だったなぁ。「出場できて当たり前」と言われることのプレッシャーったらなかっただろうし。

 ということで、北京オリンピック出場、おめでとうございます! やっぱ、国対国の戦いはどんな競技でもなぜか燃えてしまいますね。

公式戦と違うなぁ

| コメント(3) | トラックバック(0)

 北京オリンピックアジア予選の野球ですが、4-3で辛くも韓国相手に逃げ切りました。

 ずっと観てましたけど、もちろんなんですけど公式戦と緊張感が違いますよね。選手たち全員気合いが入っていて、それがキッチリ表に出ている。その気持ちを共有して、一丸となって戦い、プレーにもそれが現れる。

 気持ちが表に出ていて、思っていることを共有するってことは大切ですよね。

 大切だけど、実際には難しいですよね。ボクの非常に苦手な分野(苦笑)。伝えたくても伝え方がよく分からなくて…(汗) しかも対人恐怖症っぽいところあるしね(笑)。よく「何考えているか分からない」って言われるんですよ(苦笑)。

 別に変なこととか、裏で何かを考えるなんてしてないんだけどね。そう思われるのは自分の思っていることを表に出していないことの裏返し、ってことなんだと思います。対人恐怖症っぽいところがあるから、自分の思っていることを出して、相手に嫌な思いをさせるのがイヤだってのが先立っちゃうから発言しないようになっちゃっているんですが、そればっかりで肝心なことも伝わらなかったり…(苦笑)

 あれ? 話が変わって来ちゃったぞ…(苦笑) ま、とにかく、日本が韓国に勝ったのでめでたかったということですね(笑)。それでボクは、ちゃんと気持ちを表に出して相手に伝わりやすいようにすると(爆)。

 …ホント、何言ってるんだ、今日は(苦笑)。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。