2007年10月アーカイブ

事件です。。。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「姉さん、事件です…」なんてドラマありましたっけね。

 今日は、ちょっと事件がありました。
 というのも、ばあちゃんが失踪するという自体に…(汗)

 交番に捜索願を出したら、その直後、ちょうどその交番の近くで歩いているのが偶然発見されて、事なきを得ました。

 同居はしていないんですが、隣町なので行こうと思えば20分くらい車を走らせればばあちゃんの家に行けるんですが、ここのところ全然顔を見せに行ってなかったので、久しぶりにばあちゃんにあったんですが、一人でトコトコ歩いて行っちゃうくらいだから元気なんです。家から交番まで6、7キロくらい離れているはずだし…

 ちょこっとボケが入っちゃったようで、あまりボクのことをちゃんと覚えてないみたいで、そこがボクの中で少し引っかかったというか、ちょっとショックだったのかなぁ。そんなのがあって、すぐそばなのに会いに行かなくなっちゃってまして…

 母から放浪癖があるって聞いていたんですが、ちょっとビックリでした。こういうときにGPS付きの携帯電話とかを持ってもらっていた方が良いんでしょうね。

 とにかく無事だったのでなによりです。行方不明になっちゃうと、今回はすぐに見つかりましたけど、見つからなかったら交通事故やら、これからの時期だと凍死してしまったりしちゃいますから…

喉がおかしい…

| コメント(5) | トラックバック(0)

 ハンドベルはちゃんと参加できました!! というか、ボク自身はハンドベル演奏無かったんですけどね(苦笑)。

 にしても、台風が来てから喉が痛くなって… そんなにひどくは無いんですけど、チクチク痛いというか… 扁桃腺が弱いんで、喉痛には慣れているんですが、あまり良いものではないです。

 「扁桃腺」と「偏頭痛」をたま〜にゴチャゴチャになってしまって、読み方が訳分からなくなる人、いませんか? …ま、それはボクなんですが…(汗) 偏頭痛がワケが分からなくなってたまに「へんとうつう?」と頭の中で変換されてしまう時があります。それもこれもMy“扁桃腺”が悪いんです、たぶん(笑)。

 ブログで書くネタが本当に無くなってきました。一石三鳥くらいある名案がないかなぁ、なんて考えてます。いい加減な書道でも書いてアップするとか…(苦笑) ポッドキャスティングをするとか…(爆)


 ま、その前に喉をなんとかせねば……

ハンドベル

| コメント(3) | トラックバック(0)

 明日、中学校時代の後輩の結婚式があるので、それの余興のため練習をしておりました。

 その余興でやるのがハンドベルなんですが、簡単な曲であればそんなに難しくなかったです。タイミングだけ間違えなければOKかな? ま、ベルはおそらく初心者向けの小さめのものでしたけど、手首のスナップを利かせばそこそこの音量も出るし。

 ということで、明日は後輩の結婚式ですが、台風が迫っているのでちょっと心配… 仕事で駆り出されるようになっちゃうので…(汗) むぅ、南無阿弥陀〜

 映画ネタの前に。

 最近、ようやく思い立って仕事から帰ってきてから散歩をするようにしました。で、ちょっと走ってみたら身体が重くなって走れなくなっちゃってますね(苦笑)。足が全然ついていかない感じで、運動会のお父さん状態(笑)。少しは運動しないとダメですね〜

 では、映画「キングダム -見えざる敵-」について。

 そもそも観るつもりの映画ではなかったんですが、時間の関係で観てしまった映画です。

 なのであまり期待しないで映画を観たんですが、ま、そこそこ面白かったです(苦笑)。簡単に言うとアメリカvsイスラム原理主義の過激派みたいな感じなんでしょうかね。アラブの地からアメリカ人を追い出すためのテロから始まるんですけど、そこからお互いのつぶし合いの話ですね。

 そんなことを言ったら単純な話になっちゃうんですけど、主人公たちのFBIとアメリカ政府との対立であったり、いろいろ味付けがされていてストーリーの流れ的には悪くなかったです。徐々にFBIの主人公(ジェイミー・フォックス)とサウジアラビア国家警察の警官が徐々に心を通わせていくところなんかは良かったんですが、ま、基本的に見所はガンアクションシーンになってきちゃいますかねぇ。

 最後がちょっと切ないというかなんというか。「それじゃ、“今後もつづく”ってこと?」っていう救いのない状況になってしまって… 現実もそうなのかも知れないけどつらいな、というラストでした。

 ネタバレになっちゃうので詳細は書いてないですけど、ま、疲れたときにサラッと観る映画としてはOKだと思います。中身はさほど無いのと、涙を誘うシーンは無いので、その辺を考えて、観る方は観てみてくださいませ。

オーナーのお薦め度
 キングダム -見えざる敵- ★★★☆☆☆ 星3つ

ポアンカレ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ちょっとご無沙汰しちゃいました。

 昨日、一昨日と体調不良プラス精神不安定により休暇を取っていました(苦笑)。だから4連休。目一杯寝て、目が覚めたらちょっと起き出してニコニコ動画あたりで懐かしいものやら、小難しいモノなどを眺めてはボケーッとしてました。

 それはもう半死人状態でした(汗)。でも、NHKの番宣を観て「観たい」と思っていて観るのを忘れてしまったのがアップされていたのでちょっと眺めてみました。

 ポアンカレ予想っていう数学の難題(長いヒモを1本持って宇宙一周したとき、宇宙にめぐらせた1本のヒモを回収しようとして、みごと回収できれば宇宙は丸いと言えるはずというもの、らしい。)を、100年もの間、数学者の人たちが証明を試みてずっと失敗してきて、ようやく証明できた人もその後全く表舞台に出なくなったという話なんですが。

 そんなことを数学で証明できるのがものすごいなと思うんですが、宇宙の真理みたいなものに触れることができるってことにものすごく惹かれました。宇宙空間って前々からなんとなく好きだったし。ま、細かい考え方はちんぷんかんぷんだったけど(苦笑)、こういう果てしもない難題というか疑問に立ち向かうのって面白いですよね。ボクもこういう数学は無理ですけど、若干哲学チックで正解の無いことを悶々と考えるのが好きですからね。

 ただ、金曜日から昨日の夜までダークな気分で、そのまま横になっていろいろ考えていたら全然眠れなくなっちゃったんですよ。ずっといろいろ考えていたら、ダークな、というより全て悪い方にしか考えられなかった思考、と言った方が正しいんですが、そんなウダウダと頭の中で渦巻いているものがちょっと晴れたんです。「悪いことばっかり思うな。考えろよ。違うこともあるだろよ」みたいな、簡単なことに気付いたわけで…(苦笑)

 そんなこんなで、もうちょっと「考えてみよう」というのを再認識したら、ちょっと気分が晴れて、今日はちゃんと仕事をしに職場に行きましたとさ(爆)。

 そういうことで、わけの分からない文章を推敲も無しにアップしてますので、意味不明かと思いますので読み飛ばしてください(苦笑)。


 でも、実はニコニコで時間を割いてみていたのは、ささきいさお「銀河鉄道999」だったりするんですが…(笑) 彼の歌声は神の領域ですよ、ホント!(爆)

 映画の感想の前に…

 今日、某スーパーに言ったら、飲食店の前に「栗入りたい焼き」というのぼり旗を見かけました。
 一瞬、どこを区切って良いか分からなくなりました。と言うのも、「栗入りたい焼き」と、「入りたい」が目に飛び込んでしまったから…(苦笑)

 『何に入りたいんだろう?』と一瞬、素っ頓狂なことを思ってしまい、思わず一人で笑ってしまった怪しげなボク(苦笑)。

 ってことで、「Life 天国で君に逢えたら」の話に移りましょう。

天国で君に逢えたら (新潮文庫) / 4101303711
飯島 夏樹
新潮社
2006/12
ASIN:4101303711
※こちらはDVDじゃなく「本」ですので念のため!
b

 知っている人も多いと思いますが、プロサーファーの飯島夏樹さんがガンと戦うという内容の作品です。主題歌はサザンオールスターズの桑田佳祐さんの「風の詩を聴かせて」。

 個人的にこういったヒューマンドラマ系(いわゆる泣ける作品)は好きなので、ボクとしては好印象でした。映画を観に行く理由のひとつに「感動して泣きたい」っていうのがありますよね。そういった面で、オススメしても良い作品ですね。

 ただ、映画序盤のプロサーファーとしての活動の部分の描写は、必要な部分だとは思うんだけれど、ヒューマンドラマの描写を期待しているボクにとってはイマイチな感じがしちゃいました。

 やっぱり中盤から後半にかけての病気との葛藤やら家族とのつながりの部分が作品の肝だと思うし、ボクにとってもいろいろ考えさせられる部分がありました。一人の人を信じて愛しきれるかとか、死と向き合えるのかとか。

 夫婦を演じた大沢たかおさんと伊東美咲さんも、その子どもたちも良い演技をしていました。特に伊東美咲さんの母親は、子どもの年齢を考えると普通はアンバランスに感じるはずなんですが、映画の中では堂々とした「強い母親(実際にはちょっと違うんだけど)」の印象を受けて、そのおかげかアンバランスさが無く、子どもたちとの関係がすごく自然だったのが好印象でした。

 オーナーのお薦め度
Life 天国で君に逢えたら ★★★★★☆ 星5つ

 あ、いちおう星の数の付け方って、こんな感じでつけてます。
★☆☆☆☆☆ 星1つ → 「金返せ!」(爆)
★★☆☆☆☆ 星2つ → 「面白くない…」
★★★☆☆☆ 星3つ → 「イマイチ」
★★★★☆☆ 星4つ → 「よかったよ!」
★★★★★☆ 星5つ → 「オススメッス!」
★★★★★★ 星6つ → 「素晴らしい! 絶対観た方が良いよ!」

 …とまあ、全て感覚的につけており、根拠はございません(苦笑)。それにボクは社会派系を好む傾向があるので、そうじゃない作品は得てしてオススメ度は低くなるし、もちろん社会派系は高くなるので、そのあたりは自分の好みに合わせてプラマイ1程度で誤差修正をお願いします(爆)。

 最近、日記が書けて無くてすみませんです。「書こう」っていうモチベーションがかなり低下してまして…(苦笑) ネタがあまり無いと特に。日々いろいろ起こるんですが、そのほとんどは仕事の事だし、そんなことは書く気にならない(爆)のと、書きたくても書けなかったりするので…(苦笑)

 で、映画評をすっかりと怠けていたので、短めに2つくらいずつ書いていくようにします!

オーナーのお薦め度
HERO ★★★★☆☆ 星4つ

HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版 / B000RZEIFG
Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
2007/08/22
ASIN:B000RZEIFG
b

 キムタク演じる久利生検事がものすごくはまり役になっている映画でした。スカッとした作品になっていて、サッと楽しむ映画としてはOKです。テレビシリーズを事前にチェック出来ていればより楽しめると思いますが、観ていなくても大丈夫です。でも、ドラマの枠を越えて何かを感じ取れる作品とまではいかなかったので星4つのオススメにしました。
 そうそう、服部隆之作曲のメインテーマはものすごく惹かれる曲ですね。ノリの良いメロディと軽快なリズムが映画そのものを表しているようで、メインテーマは◎でした。

ファンタスティック4 銀河の危機 ★★☆☆☆☆ 星2つ

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] <新生アルティメット・エディション> / B000S6LHVW
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2007/09/07
ASIN:B000S6LHVW
b

 この映画はなんだったんだろ?(苦笑) アメリカのマンガが原作ってことと、この前に前作の映画があったことを全然知らない状態で観たんですが、話にひねりがあるわけでもなく、メッセージ性が高いわけでもなく、アクションシーンが大迫力というわけでもないので(爆)。
 そんなとこで、あまり心には残らない作品でした(苦笑)。

最近、調子悪い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 いや、パソコンが、なんですが。。。

 ニコニコ動画とかYouTubeとかを眺めていたら、バッとブルーバック画面が突如現れて…って、この間、同じこと書いたな…(苦笑) 最近頻発しているので、ちょっと困ってます。

 にしても、また映画を観に行ってきました。「キングダム-見えざる敵-」と「Perfect Stranger」の2本。実は「Closed Note」も観てみたかったんだけど、時間の関係で没に…

 感想を書くって言っておいて全然書いてませんが、ま、気が向いたら書くってことで(汗)。そうそう、今日観た2作品はそんな悪くなかったですよ〜 「Perfect Stranger」は完全に裏をかかれました(苦笑)。注意深く映画を観ていけば気付いたんでしょうけど…

情報情報。

| コメント(4) | トラックバック(0)

 久石さんが音楽を担当している映画『マリと子犬の物語』の主題歌が11月28日に発売されるという情報が入りました。

HMV】平原綾香−今、風の中で

 作詞は平原さん、作曲は久石さんということでちょっと楽しみです。以前、NHKの番組で共演して、一緒に何かをできればなんて話を冗談めいて言ってましたけど、意外に早くコラボレーションが実現しましたね。あ、「いのちの名前」ですでに共演はしてたか…(笑)

 にしても、この映画のコマーシャルで流れていた曲が「仔鹿物語」or「タスマニア物語」のどちらかの楽曲を流用してたんですよね。ファン心理としては、「ちょっと大丈夫かな…」と心配なところ。。。


 もうひとつ。今度はジブリネタ。というか、mixiやっている人はすでに観てるでしょうけど、紅の豚でマルコが載っていた飛行艇「サボイア S-21 試作戦闘飛行艇」が、全長2cmの精密な模型として売り出されるそうで、値段が63万円!?(爆)

ITmedia +D Style】飛ばねぇ豚はただの豚だ:全長2センチの飛行艇、63万円

 ものすごく高い買い物です。2cmだと、ボクの場合どこかで無くしてしまいそうなので絶対に買わないです(苦笑)。ジブリ美術館内で、木製で作られた精巧なミニチュア(全長20〜30cmくらい)が同じくらいの値段で売られていたのを思い出しました。飾るのであれば、こっちの方が好きかな、なんて。

 ま、現物見ていないのでなんとも言えませんけど、ちょっと高すぎる買い物ですね。

雑感

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今から映画の感想書くには時間がないので…

 にしても、最近パソコンの調子が良くないんです。インターネットエクスプローラが勝手に終了しちゃったりし、2度ほどブルーバックの画面が現れたり… メモリがおかしいぞってパソコンくんが言っているようなんですが、チェックしてもエラーは出ないし… まだパソコンくんの寿命、ではないはずだけど…

 話は変わるんですけど、ネット上でいろいろ見て回りたい時に使うと良いサイトってないでしょうか? いろんな情報が出ているんだけど、Googleにしても、Wikipediaにしても、「自分がその言葉を知っている」ものでないと検索でヒットしないから。

 最近、ホントに知らないことが多すぎることに愕然としているので(汗)、「へぇ〜」という情報を得る方法ってないかな、なんて思ってます。そうしないと前に進まなさそうなので… ただ、ひとつネックなのが、ボクの理解力なんですが…(苦笑)

3日間何もせず…

| コメント(0) | トラックバック(0)

 土日は頭痛で寝ていたからっていうのもあるんですけど、家から一歩も出ずにひきこもり状態でした。

 まずいなあとは思っているんだけれど、何をしていいか分からない状態で、今日も寝たくないなあってのでまだ眠りにつかず(翌日の2時半過ぎだし…)。

 ま、いい加減にそろそろ寝ようとは思いますが。

苦笑い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日と一昨日の日記を自分で読み返して苦笑いしてしまいました(苦笑)。

 調子悪いんだか、調子が良いんだかよく分からないですよね(爆)。メチャクチャ不安定感が漂ってますね。。。

 ま、要するに精神的にはちょっと良くなってきたんだけど、疲れが溜まっているんだかで身体はなんかズーッとだるい状態が続いている感じなんです。だから今日もサッサと寝ないと…(汗)

 だから映画ネタも、時期に書くということで勘弁してくださいまし。

 にしても、沢尻エリカと堀北真希がたまにどっちだか分からなくなってしまうボクはちょっと変でしょうか?(苦笑)

ちょっと体調不良

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日というか、最近疲れ気味です。なので、そういうときはサッサと寝るに限ります。映画「HERO」のことでも書こうと思ったんですが次回以降ですね。


 そうそう。久石情報を仕入れました。が、イマイチよく分からない未確認情報です。今年もやるってことなのかな? 関係先サイト見ても全然載ってないし… よく分かりません。。??

http://search.pia.co.jp/perform.htm?pcd=274160&sheetNo=216017

 どもども、だいぶ気分が良くなってきたので、へなちょこ映画評を書いておこうかなと思います。ただ、あまり体調がよろしくなさげなので、素晴らしく短く書きます(苦笑)

 ど忘れしてしまうので一番前に観た「ヱヴァ」から。


 この作品は、観た直後の印象は「展開がメチャクチャ速い」っていう感じでした。そもそもテレビシリーズを再構築したものだから、話自体はメチャクチャカットしたりしてるはずだから展開が速くなるわけでしょうけど。

 ただ一番問題だったのが、ボク自身が全く「ヱヴァ」のストーリーを覚えていなかったこと(爆)。友達から当時ビデオを借りてテレビ版は観ていたはずなんですが…(苦笑) 全然覚えていない…(汗) 『ヤシマ作戦』なんてあったっけ、とか…

 でも。。。映画の質というか、肝の部分と言えば良いのか、上手く表現できませんが全然作品自体は衰えていないな、という感じがしました。10年前もやっていた作品とは思えません。ま、当時から「尖った」作品ではあったんですけど、今回はボクの中ではすごくフィットする、あ、いや「シンクロする」(と言った方が良いかな…笑)感じがものすごくあります。今の時代にこそ、って感じはちょっとしました。

 にしても、一度映画化した作品を10年後にまた再構築して作り直すのって、あまりないですよね。10年前の映画版でも描けなかった何かがあるんだろうとは思うんですけど、そうなるとこの「序」の位置づけって、ボクシングのジャブみたいな感じで、昔観た人には思い出させて、初めて観る人には導入付けをする映画だったって事になるのかな? うーん、分からない… 教えて、エライ人!!

 今回の「序」には惣流・アスカ・ラングレイ(だっけ…汗)って出てなかったなぁ、なんてふと思ってみたり。最後の最後になるまで、「そういえば、もう一人いたよな…」っていう感じでした(苦笑)。本当に頭から「ヱヴァ」を消し去っていたみたい…(汗)

 短くすると言っておいて思いのほか長くなってしまったので、この辺にしておきます(苦笑)。

 …にしても、「クローズド・ノート」を観てみたいなあと思っていたのに、沢尻エリカの映画舞台挨拶とかの言動とか観ちゃうと、「ん〜」と思っちゃいますね。結局謝るんだったらなんであんなことするのか、全然理解できん…

オーナーのお薦め度
 ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序 ★★★★☆☆ 星4つ
(10年経ったことを感じさせないのはグッド。でもやっぱり「序」だし…(汗) それと「ヱヴァ」特有の演出(例えば極太明朝体のテロップ使用とかなんとか)は好き嫌いはあるかも… そうそう、今回の「序」では惹かれる音楽はあまりなかったかな。シリーズではなかなか良い曲があったりするんだけど。ま、「序」だから(苦笑)。)

F1

| コメント(0) | トラックバック(0)

 たまに長い日記を書いたと思ったらまた休んでしまうというやや安定感のないブログで済みませぬ。ずっと勢いだけで書いていたので、勢いのない今はちょっと書きづらいんです、ハイ。

 にしても、先日富士スピードウェイでしたっけ? 30年ぶりにF1が開催されるってことでずいぶんと話題になりましたけど、バスとかが全然やってこなかったりとか、運営がかなりイマイチだったなんて2ちゃんあたりで非難囂々みたいですが…(苦笑)

 30年前のF1レースで、どうもクラッシュで観客が2名亡くなってしまったとかで、しばらく日本でのF1レースが中断になった切っ掛けのコースでもあるらしいですね。

 そんなことを書くと富士スピードウェイだけが悪者っぽい印象になっちゃいますかね…(汗) でも、F1の歴史って死屍累々としたものだったようで、YouTubeとかで検索をかけると結構クラッシュで亡くなられている場面に出くわします。

 昔は、ライバルが死んで、友が死んで、そして自分も……みたいな感じも大げさではなかったように感じました、ボクには。そう考えると今のF1ってものすごく安全性が高まっているんでしょうね。でも、300キロを超える速度で走っているレースだし、何が起こるか分かりませんから、さらに安全性に磨きを上げていって欲しいものです。観客だって死ぬ可能性が0ではないですからね。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

このアーカイブについて

このページには、2007年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年9月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。