2007年2月アーカイブ

 地震とかが起こらなくって良かった良かった(笑←昨日の日記を見てね!)

 …って、今、ハロゲンヒーターに濡れたタオルを掛けておいてそのままにしていたら焦げ臭いにおいが…(汗) 危ない危ない。危うくのだめ部屋を火の海にするところだった…(汗) なんだかタオルから香ばしいおいしそうな残り香があって、猫のシロピーがかみついてます(苦笑)。

 みなさんも火の回りに気をつけましょう!

 今日、仕事帰りで駐車場に向かって夜道をひとりで歩いていたら、パッと上空が明るくなったんです。

 周りを見渡しても特に変化は無いし、かみなり雲が上空を覆っていたような気配もない。なんだったんだろう? カメラのフラッシュとも違い、上空全体が薄めの黄色い光に一瞬包まれたんです。うーん、雷だったのかなぁ? それとも原発の事故とかで放射線が云々かんぬんとか……は無いよね(苦笑)。そんなのだったら、今ごろニュースがすごいことになってるだろうし。あるいは地震でも起こるんだろうか? 地震の前に何か気象に異常な状況が起こるなんてありますからね。ちょっとだけ用心しておこうっと。

 そんなことを言っていたら、ふと小学生の時に、ちょうど盆踊りの帰りだったかな、上空を見上げて夏の大三角形を眺めながら歩いていたら、ちょうどその大三角形のど真ん中が「ピカッ」と光って、ものすごく気になったことを思い出しました。星の爆発だったのか、なんだったのかは当時新聞とかで調べたんですが結局分から無かったんですけど、妙にワクワクしたような心持ちだったことを覚えています。

 不思議なことってあるんですねぇ。

 アカデミー賞はどうだったかな、とかっていうくらいで話題がないんです(苦笑)。

 あ、そうそう。昨日のことなんですけど、ちょっと本屋に行ったら、一昨日と同じネタになってしまうんですが、熊木さんの歌声が聞こえてきたわけですよ。なんだろうと思って振り返ってみたら、映画「バッテリー」を紹介する特設ブースみたいなのが設置されていて、コマーシャルフィルムが流されていて本が平積みされ、CDも置かれていたんです。

 で… まだ第6巻を読んでいなかったので、どうしようかと迷っていたんです。単行本が3月に入ってすぐに発売だったので。でも買っちゃいました(苦笑)。買っておいて安心するタイプなので… そんなこんなで読もうとする本が平積み…(笑) 少しずつ読まないとなぁ。映画を観るのが先か、原作を読み終えるのが先か… たぶん映画を観る方が先かな。

バッテリー〈6〉    教育画劇の創作文学 / 4774606367
あさの あつこ
教育画劇
2005/01/07
ASIN:4774606367
b

 やけに部屋が寒くておかしいなと思ったら、部屋の空気を入れ換えるために窓を開けていたのをすっかり忘れていました。すっかり忘れて、その部屋で「寒いなぁ」と思いながらうたた寝していた僕って一体…

ノンタイトル

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ネタを考えていたんですが、猫がじゃれてきて邪魔してきます(苦笑)。かわいいんですけど、ちょっと邪魔(笑)。最近、手を噛んでくるから困るし。

 そんな中、またまた熊木杏里さんネタ。

熊木杏里【名作CM監督中島信也氏と熊木杏里が対談】

 中島監督が妙に面白かったのでピックアップしてみました(笑)。クリエイターって違うなあとちょっと感じたインタビューでした。って、その前に熊木さんのことをちょっと分かっていないとあまり伝わらないか…(汗)

 困ったときはペットネタか熊木ネタになっちゃいますね(苦笑)。今回はそれをドッキングしてみました(爆)。

asahi.com】ホンダ出身の入交氏、代表執行役社長を兼務 旭テック

 「入交氏」…… この珍しい名字、どこかで聞いたことあるなあと思ったら、記事中に書いてありました! 

93年にゲームソフト大手のセガ・エンタープライゼス(現セガ)に移籍して98〜00年には社長を務めた。

 あぁ〜 セガの社長やった人!! セガの社長時代にこの珍しい名字を目にしたんでした! でも偉い人はどの会社の社長もできるんですね。ホンダ→セガ→RHJインターナショナル(旧リップルウッド)→旭テック… うーん、全くバラバラですよね(苦笑)。「経営学」に強い方だと、こういうことも有りなのかな? なんか複雑な気持ちです。

 そうそう、セガの湯川専務ってどうしているだろうと思ってウィキペディアで調べてみました。

フリー百科事典ウィキペディア日本版】湯川英一

 今や会長になっていたんですね! でも当時のメガネは伊達メガネだったとは… 知らなかった。にしても、今やDreamcastって忘れ去られてますよね…(汗) セガはハードからは撤退してゲームソフト会社になっちゃったし。あ、業務用はまだ作ってるか…

疲れが溜まってる

| コメント(0) | トラックバック(0)

 なんだか昼間に集中力を切らして意識がもうろうとしてしまったり、思考力がゼロだったりしたので今日はさっさと寝ることにします。

 寝る子は育つ!!(爆)

最近読んでいる本

| コメント(2) | トラックバック(0)

 今、この本を読んでます。


 え? 何でかって? ま、僕も同類の"人嫌い"なので、人嫌いが人と上手くつきあえるコツがないかなあというので読み始めました(笑)。

 この本の中で、『友達が多くいることが良い』『みんなと一緒なのが良い』という風潮から、友達がいなければまともではないという義務感が生じてしまい、表面上での「友達」を演じているけれど、些細な違いなどから一転していじめとなってしまうのでは、というようなことが書いてあって、そういう考え方もあるなあと目から鱗でした。僕にとってはなかなか興味深く、面白い本です。

 ダブルスタンダードとか、本音と建前を使い分けるのが嫌で、偏屈だったり、天の邪鬼だったり。正直でありたい、と思うとなかなか人と付き合いづらかったり、極力多くの人との関係を作りたがらなかったりしちゃって(苦笑)。

 そんなような人はちょっと読んでみると面白いかも知れません。ひきこもりの方、偏屈な方、人嫌いの方へオススメ(笑)。僕は全部当てはまるな、この3つ…(爆)

思い出せない…

| コメント(2) | トラックバック(0)

 iTunesを見ていたらスティービー・ワンダーの曲があったので、思わず「I Just Called to Say I Love You(リンク先はアメリカ版ウィキペディア)」をダウンロードしました。

 10年ほど前になるんですけど、英語の授業でこの曲をよく聴かされたんです。良い曲だよなあと思いながら、たまにカラオケでも歌ってました。でも、いまいち歌詞の内容がよく分かってなかったりするんですけど…(苦笑) 他にも「Stand by me」とかいろいろ聞かされたり歌わされたりしました(笑)。

 そんな英語の授業で、コメディドラマを見せられたのを思い出したんです。小さな女の子が家出かなんかしてて、回りの大人とトラブルを起こすようなドタバタ劇なんですが、居候しているおじいさんと最初は仲が悪かったんだけど、徐々に心を通わせるようなストーリーだったようなおぼろげな記憶が残ってます。で、そのタイトルが思い出せなくてものすごく気持ちが悪い…(苦笑) 主人公の女の子の名前がタイトルに入っていたはずなんですが、それが思い出せない…(汗)

 長ったらしい名前で特徴があったはずなんですが、如何せん10年ほど前の記憶で、ストーリー自体もうろ覚えなのと、国内で放送されたドラマなのかすら分からないので、ネットでいろいろキーワードを入れつつ検索をしても全くヒットしません(涙)。

 うぅ、もう少しで思い出しそうなのに〜!!(笑) こうなったら同級生に聞くしかないな(爆)。もう少しで思い出しそうなのになぁ。

変顔選手権

| コメント(3) | トラックバック(0)

 我が家に住み着いている猫・シロピーとクロピーの珍妙な写真を撮ることができたので公開しようと思います。撮影者は我が妹ですが…(笑)

クロピー「何だこれ?」

シロピー「苦しゅうない」%83V%83%8D%83s%81%5B%8B%EA%82%B5%82%E3%82%A4%82%C8%82%A2.jpg

クロピー「大あくび」

シロピー「はにゃ?」

 この写真を見てメチャクチャ和んでしまいました(笑)。一番上の写真はピンぼけしてはいるんですけど、ものすごく表情がおもしろくてかわいい。ちょっとビックリしている表情も入っているし。あと大あくびしているところなんかもベストショットですよね。

 ということでネタが尽きたら猫写真をアップしようと思います(爆)。って、たぶん定期的になりますね(核爆)。

 いつも何を書こうかなぁ〜と思って、テレビをボーッと眺めながらいつの間にかものすごい時間になってます。だったら書かなきゃ良いのに、とも思うんですがね(苦笑)。

 今、テレビで女子フィギュアスケートをやっていて観ているんですが、アメリカのキミー・マイズナー選手がかわいいなあなんて思いながら観てたりして…(爆) 笑顔がかわいいです、彼女は。うんうん。

 でも17歳なのに世界のトップを守っていくって大変だよなぁとも思ったり。でもなぜに解説がTOKIOの国分太一氏だったんでしょ? そんなことを気になっちゃいました。


 そんな、あまり中身のない日記でした。

ふと思ったこと

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日は何があったかなと、ニュースサイトをちょっと見て回ったら、藤原紀香さんと陣内智則さんの結婚式があったんですね。テレビとかはこの話題で持ちきりなんだろうなぁ〜

 でもその脇にはいろいろ事故・事件のニュースが書かれてあるんですよね、いつも。ふと、全くニュースのない日って、起こらないかなぁって思いました。事件、事故が全くなくて、ものすごくのほほんとした1日が1年に一度くらいあっても良いかな、って。

 ま、絶対にあり得ないでしょうけどね。そんなことになったらテレビ局とか新聞社が商売あがったりになっちゃうし(笑)。

日本アカデミー賞

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日、日本アカデミー賞の授賞式がありましたが、我が地元を描いた『フラガール』が最優秀作品賞に選ばれて嬉しい限りです。

asahi.com【日本アカデミー賞に「フラガール」】

 最優秀助演女優賞の蒼井優さんや、最優秀監督賞の李監督などなど、合計4部門の受賞となったようですね。先日のキネマ旬報の読者選出1位もあったし、地元を舞台とした映画が話題となって、なんか不思議な気分です。みんな、「常磐ハワイアンセンター」は知っているんですね〜 でも、今の名前って知っている人、どのくらいいるのかな? 今の名前は"続きを読む"で書いておきます!

 そうそう、音楽賞にノミネートされていた久石さん(男たちの大和 YAMATOより)は、残念ながら6度目の最優秀音楽賞の受賞とはなりませんでした。ま、さすがに6度目ともなると、よほど良い音楽で「他にあり得ない」というくらい傑作でないと、映画音楽の巨匠と言われている久石さんに最優秀賞は無いんでしょうねぇ。

 にしても、そろそろ映画を観に行きたいなぁと考えている今日この頃です。「それでもボクはやってない」が映画館で公開終わっちゃいそうで困ってます(爆)。

モノの考え方

| コメント(0) | トラックバック(0)

 僕自身の経験で感じたんですが、人が何かを「考える」時、その考える方法は人によってそれぞれ2つのパターンに分かれるんじゃないかなと。

 1つめのパターンは、考えていることをしっかり整理しながら、問題点はどこか、対応策をどう取ればよいのか、いろんな結果の想定などなど、さまざまなことを組み立てて考えることができる人。たぶん、この方法が一番最良の方法なのでしょうね。ブレーンストーミングなんかも、いろんな発想を元に整理して考えたりしますもんね。

 もう一方のパターンは、思いつき待ち(苦笑)。頭の中で物事がうまくマッチングして「ひらめく」あるいは「思いつく」のを待つタイプの人。この方法は時間を浪費したり、その時のコンディションによって全く成果が挙がらなかったりするので、ちょっと問題のある考え方。


 おそらくこの2つのパターンに分かれるんだと思うんです。なんでこんな話をするのかというと、僕が後者のタイプだから、困っちゃうなぁ〜ということを言いたかっただけなんですが…(苦笑) 何かを考えようとして、「うーん」と考えていても、気付くと頭の中が真っ白で何も考えてないっていうことが多くて……(涙)

 おそらく、「整理がうまくできない」から、そうなっちゃうんだろうなあ。身の回りの整理整頓がきちんとできている人は、しっかり整理して物事を考えられるから論理思考に強く、身の回りが散らかっている人は、整理して考えられずに思いつきを待つようになっちゃう。

 「整理の仕方」って、難しい人には難しいんだと思います。僕がそうだから(苦笑)。できる人は「簡単な話」なんだけど、できない人には「難しい」んです。なぜかは現時点では分かりませんけど…(苦笑) だから、整理できる人はすごいなあと、最近、特に感じてます。

 もしかしたら訓練とかで、「整理」する能力を鍛える方法があるのかも知れませんね。そのうち調べてみよっと。

 「インディペンデンス・デイ」みたいなノリでタイトルにしてみました(笑)。

 そういうことで、今日はバレンタインデーでしたけど、みなさん、いかほどチョコレートをもらったorあげたのでしょうか? ま、僕みたいなへそ曲がりは「チョコメーカーの策略には乗らぬ!」とか抜かしておいて、でももらったらもらったで嬉しかったりなんていうようなバカ者なんですが…(笑)

 戴いてしまったらお返しを考えるのが大変ですよね。あまりありきたりなものでは喜ばれないよなあと考えると「うーむ…」と悩み込んでしまうものです。何とかしてください、先生。

 うーん、喉が痛い。前から風邪気味だって言ってますけど、喉から来てます。マスクをしないとまずいかな… ゴホゴホ…

 「かぜ」繋がりではないけど、映画「バッテリー」の主題歌、熊木杏里さんの歌う『春の風』のPVがキングレコードホームページで公開されました。映画ともども楽しみになってきました!

キングレコード【熊木杏里
バッテリーオフィシャルホームページ

 にしても、6巻目(最終巻)はまだ読んでいないんですよ〜 文庫本が発売されるのを待っているんですが、4月5日発売予定だってことらしいので…うーん。文庫本じゃない方を買ってしまう、という手もあるんですが… むぅ。とにかく待ち遠しいです。

 今日はテレビ朝日で「テスト・ザ・ネイション」がやっていたので、ここ2年ばかりテストを受けていたので今年も張り切って受けてみました。

 って、今回はIQテストでは無いのね…… 今まで文化の日にテストをやっていたのに今回は無かったのでどうしたのかなあと思っていたんですが、テストの趣向を変えたってことなんでしょう。今回は人間関係指数っていう、人間関係を図るっていう内容だったので、人間関係を上手くこなすのが苦手な僕は逆に興味を持ってしまったわけです(苦笑)。さて、いかほど悪いのかと。

 さて、いかほどだったか…… 以下、続きを見てみてください。って、タイトルからだいたい結果は分かっちゃうかな…

 今日は東京都交響楽団のコンサートを聴くために調布に来てました。「都響・調布シリーズNo.8」っていう公演で、主催は都響だったもんだから、観客層に年配の方が大勢来ていらっしゃってました。


↑調布市グリーンホールの入り口の様子。

 都響と言っても指揮はすぎやまこういちさんで、前半はビートルズ&自身作曲のグループサウンズをオーケストラアレンジしたものを、後半はドラゴンクエスト8から抜粋された内容でした。 ということで、ドラクエ繋がりのコンサートってことです。

 個人的には最初に演奏された『イエスタディ』の静かなストリングスに魅せられ、その後力強い曲調の『オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ』っていう流れは気持ち良かったです。オケアレンジは初めて聴いたので新鮮でした。 弦楽四重奏版だったら、すぎやまさんのCDを持っているので聴いていますが、オーケストラだと全然変わってきますね。

 その後のすぎやまさんのGSも初めてのものが多かった〜 ザ・タイガース『君だけに愛を』はバイオリン・ソロがあってコンマスの山本さんの紡ぎだす音色が最高でした。 でも、タイトルだけで見ても曲がすぐに出てこなかった…(苦笑) 『♪君だけに〜 君だけに〜』ってヤツだったんですね。このフレーズのところもバイオリン・ソロで力強く演奏されてました。あとは『シーサイド・バウンド』なんかは、アップテンポで楽しげな曲だったんですが、元々の曲をよく聴いていないので比較できない…(苦笑)

 後半のドラクエは何回か聴いているので真新しいのは特に無かったんですが、『神秘なる塔』という曲に打楽器が多く出るので、コンガ、フィンガーシンバルなどの楽器紹介があって楽しかったです。カウベルはその名のとおり牛の首に付けて居場所を知らせるものだったとか。

 ということで楽しい一日でした。都響はさすがに演奏うまいです。のだめのAオケなだけあります(笑)。

 その後、リンクを張らせていただいているスペアリブさんと夕飯を食べながらいろいろとおしゃべりを。話が盛り上がって終電に乗り遅れるとこでした(苦笑)。

 何で盛り上がったかと言うと歴史の話。案外お固い話題で、縄文、平安時代あたりではどんな風に日本語が話されていたんだろうなんてことをしゃべってました。当時の音声なんて残ってないし、ハッキリしないですよね。「卑弥呼」もホントに“ヒミコ”って呼んでいたのか分からないし。もしかしたらポンタと言っていたかもなんて言って大笑いしてました。

 後はドラクエの通貨「ゴールド」の通貨価値は円換算でいくらだろうとか。今やオンラインゲームのアイテムを現実の通貨で買う時代らしいし…(そのネットゲームのアイテムを『買う』感覚は信じられないけど。)

 最近、いろいろへこんでいたんですが、良い気分転換になりました。後はこの気持ちがどのくらい続くか。このごろ一週間と持たないからなあ…(涙)

 今日は遠路はるばる仙台から「師匠」と呼ばせていただいている友人がいわきに来たので、地元にある海洋学習施設「アクアマリンふくしま」へ案内して、一緒に見て回りました。上の写真はその時に撮ったもので、マイワシの大群です。鰯も大勢いると大迫力です。

 お昼はとなりのいわき・ら・ら・ミュウというおみやげ物屋(?)で食べました。市の魚は「メヒカリ」なんですけど、よく考えてみるとメヒカリのことをあまり知らなくて、「メヒカリって本当に目が光っているのかな?」とか、そんな話をしながらいわきの魚を楽しんでもらいました。

 地元民ってあまり地元の観光スポットに行かなかったりするんですよね。アクアマリンふくしまには、場所は近くなんだけど、僕は2回くらいしか来ていなかったので、こうして改めて来てみると、新たな発見がありますね。上のマイワシなんかは、ちょっとビックリっていう感じがありました。

 そういうことで返って、師匠が来たことが切っ掛けで逆にこちらが楽しんでしまった感じになってしまいました(苦笑)。

風邪ぎみぎみ?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 喉が痛い、頭もちょっと痛い。ゆえに風邪?

 ということで、ちょっと風邪っぽいので蕎麦を食べて風邪薬を飲んで寝ます(苦笑)。それなのになぜかもうすでに翌日の午前2時。ぐはぁ。

書道

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ふと、書道をやってみたいな、と思いました。

 「唐突に何を言うんだ?」と思われるでしょうけど、職場とかで良くのし袋や香典に名前を書くのを頼まれたりするんですけど、すごく癖字で、自分の字が好きになれないんですよね(苦笑)。それに硬筆はまだ良いのですが、毛筆は力の入れ具合が難しくて苦手なんです。

 でも、「字が上手い」と言われて、よく頼まれちゃうんです。自分では、人並みには書けていると思うんですが、上手いとは思ってない。

 それだったら、もうちょっと本格的にやってみても良いのかな、なんて思ってみたりして… 長所は伸ばさないとね!

 最近、週刊アスキーを購読するようになって、使ってみたい携帯電話が書かれてありました。それがこんなの↓。

CNET Japan】QWERTYキーボードがついた“携帯電話”--Nokia E61

 携帯電話にキーボードがくっついているってのが魅力ですよね〜 レビューをいくつか見てみたらキータッチが良いらしいし。

 SoftbankとNTTDocomoで使用できるようですけど、iモードとかには対応していないので、実際に使うことはないかなと思うんですが、僕みたいなDocomoユーザーがiモードを使いながら、フルブラウザも扱えるようなキーボード付き携帯って発売されないかな、なんて期待してます。時期に出ても良さそうなんですけどねぇ。

タイムリー

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日、『最近ネタがないのと時間がないのと余裕がないので、毎日日記更新ではなくて、ネタが挙がり次第更新するスタイルに変更します』と言ったんですけど、ふとほぼ日ダイアリーを眺めたらメチャクチャタイムリーな糸井さんのひと言が載っていたので紹介。

ブログとかホームページとかをやっていて、
書くことに苦しんでいる人とか、これを読んでいたら、いいこと教えましょう。
「何もかけないと言うことは、ない」のです。
もちろん! 内容がおもしろいかどうかは、別です。
僕は、絶対におもしろくない自信のある日もあります。
(2007年版ほぼ日ダイアリー2月6日(火)下段にある『今日のダーリン』より)

 …そのとおりです(苦笑)。ま、僕の場合は最近、毎日おもしろくないんですが…(苦笑) 余裕があれば「モノ」ネタなんかもやったりしたいんですけど、思考回路がショート寸前♪(←某アニメソング)なため、コメントもままなりません(爆)。

 あ、もうひと言だけ。久しぶりに警察の検問に遭いました。免許証見せただけだったんですが、どうしてもドキドキしてしまう僕はやっぱり小心者なんでしょうか…(苦笑)

 最近ネタがないのと時間がないのと余裕がないので、毎日日記更新ではなくて、ネタが挙がり次第更新するスタイルに変更します。チェックしていただいているみなさん、ごめんなさいませ。

 にしても、パラシュートが開かなくて事故を起こすってたまに聞きますけど、自衛隊で起こっちゃったんですね。

asahi.com】パラシュート開かず陸自空挺団3曹死亡 東富士演習場

 僕より年下なのに… 何とも言いようが無いです。叔父が自衛隊にいるのでちょっと気になるニュースです。気をつけているとは思いますけど、さらに気をつけて欲しいなと。

 とにかく今回事故に遭われた方のご冥福をお祈りします。

 な〜んにもやる気しません。

 そんな中でも少しだけ部屋の片付けをしました。1/5も片付いてませんが… テレビとか観てしまうと、何も考えずにボーっとした時間を過ごしてしまう…

 ホントは充電期間を設けたいんだけど、サラリーマンはそんなことできないしなぁ。

 今日は上司のお母さんが亡くなられてそちらのお通夜に参加してきました。

 お経も久しぶりに聞いたんですが、サッパリ何を言っているか分からないですよね。そんな中で不謹慎にも「亡くなったらお経って意味が分かるようになるのかな?」とふと思ってしまいました。お経ってお坊さんが亡くなった方のために読む言葉ですよね? 僕も死んでお経を読んでもらったら、それをありがたい言葉として理解しながら聴いているんかな、と…… うーん、個人的には死んでも分からないような気もするんですけどね。

 でも、お経をよくよく聴いてみると、なんか「ホーミー」に近いような一種の音楽的な要素を感じました。声の出し方が腹の底から流れるような感じで、発声方法が普段のものと違うんでしょうね。ホーミーの音色に近いものを感じました。そこにポクポクと一定のリズムでならされる木魚の音色と、たまに入る拍子木と鐘の音。ホント、一種の音楽だな、なんて思いました。

 もしかするとお経って、その「言葉」っていうよりも音楽で亡くなった方を送り出すものなのかも知れませんね。

 でも、「死ぬ」ってどういうことなんだろうなあ、なんてふと考えることがみんな、ありますよね。「あの世ってどんな感じなのかな?」とか。「死」を考えると、今の「生」を意識することってできますよね。たまになんですけど、今、自分の意識がここにあるってことがすごく不思議に思えることがあるんですよね。

 脳みその神経に電子パルスが走って意識が形成されるとかって小難しいことはサッパリ分からないんですけど、個人的にはモノの塊にこうした「意識」が発生しているのってすごいことなんじゃないかって本当にたまに感じるんです。「なんで、こうやって今、モノを考えることができるのかな?」って感じで。

 そんな変なことをたまに考えるんですけど、さらに今度は「あの世って無いんじゃない?」ってことも考えたりしました。誰にでも来る「死」をなるべく怖いモノにしないように生み出されたものって感じがしますよね。だいたい宗教ってそういう側面があるだろうし。今ある「意識」がすごいものであると感じられるのと同時に、なんか不安定さってのもあるような個人的に感じるところがあるので、それを包み込んでいる肉体が無くなったら、全部無くなってしまいそうだな、なんて。

 死んだら物質的な「無」に帰って、意識的なモノも全て無くなってしまう、なんてロマンティックもへったくれもないようなことを考えてしまいました。そんなことは死んでみないと分からないけど、死んでみたら生きている人に伝えられないし(苦笑)。

 ま、とりとめのない話になっちゃいましたけど、たまにはこんな話も良いですよね。って、一時期はこんな話ばかりだったような気がするけど(笑)。ま、誰にでも「死」ってのはあるわけだから、一生懸命生きなきゃいけないですよね。そんなこと言いながらダラダラと日々過ごしている自分はどうしようもないヤツなんですが…(苦笑)

めちゃんこ寒い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日も遅いお帰り気味でした。

 メチャクチャ寒いです。昨日からすごく寒いですよね〜 雪が降っているところもありそうだ。あるのかな? あるんだろう、うん。

 あ゛〜 大したこと書けぬ〜 いつも考えが全く無い状態で動き出してしまい、結局何をどうしたいのか分からないままの状態が多くて、困ってます。考える前にとにかくやってみて、問題があったら「うーむ…」と考える行き当たりばったりタイプなので… 事前に頭の中で整理して物事を考えることができる人が羨ましいです。

 ということで、思考力を鍛えなければと思う今日この頃でした。

クラッシュ後遺症

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先日、職場のノートパソコンでエラーが発生した話をしましたが、どうもハードディスクがイカれてしまったようで、現在修理中。ハードディスクの交換が必要だってことだったんですが、完全におかしくなる前にデータを退避できたのでなんとか事なきを得ました。

 そんな中、今度は自宅のパソコンが起動時に奇妙な音を発しはじめました(涙)。今は普通に使えていますが、ちょっと気になる… 何の音なんだろう?? 確認する時間と余裕がない…(苦笑) 参ったもんです。

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年1月です。

次のアーカイブは2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。