2006年10月アーカイブ

時間が、時間が〜

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「フラガール」のレビューをそういえば書いていなかったなぁと思っていたんですが、いつの間にか日付が変わってしまい、時間的に無理めになりました(爆)。「フラガール」の件は今度時間があるときにでも書こうと思います。

 それ以外は〜 仕事の話を書いても面白くも何ともないし、そもそも仕事の話は書けん!(爆) 書けないわけです、ハイ(笑)。今までも書いたことないし。で、帰宅時間が遅かったら、何も書くことが無くなってしまうではないですか!(苦笑)

 そんな理由でいつも、時事ネタが多くなってしまいがちなんですが、それも事実をなぞって書くくらいで対したこと書いてないしなぁ〜(汗) そんなこんなで話題が偏ってしまう毎日です。

 決して「月9の『のだめカンタービレ』を観よう!」と言う意識が働いている訳ではないのですが…(苦笑) でも、何でか始まったあたりに帰宅するような感じにここ3週間くらいなってます(汗)。

 にしても、原作ののだめの方がもちろん面白いですけど、ドラマもドラマで面白いですよね。今日のオープニングの入り方が綺麗で面白かったですよね。ベートーベンの第7番を演奏していて、そのままオープニングタイトルっていうのは面白かった。このドラマのオープニングタイトルをちょっと遅めにしているのはなかなかのアクセントになっているなあって思います。

 にしても最後はどういう風にまとめるのかなあ、って原作を読んでいる僕にとっては気になるところですけど、このドラマ、配役がピッタリはまってますよね。のだめ役の上野樹里さんは、めちゃくちゃはまり役になっちゃっていて、あんな「ボケ役」できるのにビックリ。…って普通の感想文になっちゃうな、これじゃ。

 でも、こういうのでクラシックが楽しく感じてもらえるようになると良いかな、なんてホントに思います。何せ「クラシックでなんでノれるの?」っていうことを言われて、「むーん」っていう感じになっちゃうんですよね。歌が入らないとノれないって考えている人が多くて… いや、僕も思い入れがないとクラシックやらアコースティックな曲ってノれなかったりしますけど(苦笑)、好きな曲であれば普通にノれたり、優雅にリズムを刻んだり、あるいは指揮者のまねごとをしてみたり(爆)。

 ビートの早い曲なんかは少ないですけど、オーケストラの大音量っていう武器があるから、「ジャーン!!」っていうところは気分爽快になるし、そんな中で綺麗なメロディがいろいろと出てきてしっとり聞かせてくれたりするとお得な気がしますよね(爆)。いろんな要素を見せてくれるので、オーケストラは好きです。ま、あまり曲は知らないですけど(爆)。


 でも、地元ではオーケストラのコンサートはあまりやってくれないですけどね(笑)。ま、僕の場合はオーケストラを聴く前に、どんな曲なのか公演前に予習しておかないと「ほけぇ〜??」という状態になっちゃうのでダメなんですが…(苦笑)

 目的地もなく南に車を走らせてみました。

 疲れているときはダメですね。良いことが全く頭に浮かび上がらず、いろいろ考え込みながらドライブ。でも、ほんの少しだけ気分が良くなったような気がしないでもないです。

 でも、相も変わらず、いろんなことをへそ曲がりに考えてしまい、最近の高校の履修不足問題なんかは、「どうせちゃんと授業を受けても、何しゃべってるんだか分からないような先生の授業を受けたところで何も変わるわけでもないし、別に良いんじゃない」なんて考えちゃう始末(苦笑)。

 「日本史」の授業を学生の時に受けていて、何しゃべっているんだか分からない先生の授業を受けていて、腹が立ったことを思い出してしまいました。最初からやる気の無くて、ただズーッとしゃべって、それも何しゃべっているんだか分からない授業で、メチャクチャ頭来ていたのしか覚えていなくて、授業の内容なんて全く覚えてません。1単位なんてそんなもんじゃないかな、なんてどうしても僕は思っちゃいます。

 今日もなんだか頭が痛いので、早めに寝ます。掲示板に誰か書き込んでおいてください(苦笑←オーナー失格)。

寝ませう

| コメント(1) | トラックバック(0)

 せっかくの休日だったんですが、部屋でまたーりと暮らしました(苦笑)。

 ちょっと喉が痛かったり、頭が痛かったりしたもので…(苦笑) にしても、最近、お腹がいっぱいなはずなんですが、「何か食べたいなぁ」って感じになっちゃうんですが、これはストレスの副産物なのでしょうか?(爆) 最近、なんかちょっと変。

 明日はちょっと出かけて気分転換することとして、今日はさっさと寝ることにします。

 ソフトバンクの携帯電話、「0円」っていうフレーズに踊らされそうになりましたけど、いろいろヤフーの記事を見ると「ただし…」っていうのがいろいろと付くみたいでなんだかよく分からない(苦笑)。

 料金体系について、当初はあまり孫社長が言及していなかったので「携帯電話料金が高いと言っていた割には、業界の再編を避けてすぐに料金はいじらない」っていう見方をされていたんですが、ナンバーポータビリティ制度スタートと同時にいろいろと出してきましたから、すこし寝耳に水って感じでした。

 ま、メールの使い勝手をメインに考えている僕なんですが、時間が無くて端末がどんなものだか調べる時間を取れず、「ふーん」って眺めるだけなんですが…(苦笑)

 北海道日本ハムファイターズがあっさりと日本一を決めてしまいました(笑)。

 中日、どうしちゃったんでしょ? もっと強かったはずなんですけど… って、試合を観ていないのでよく分からないんですが、なんだか打線が全く機能しなかったような感じですよね。1番の荒木と、2番の井端の打撃成績が良くなかったようだし…

 やっぱりプレーオフをやって直前まで競った試合をしているパ・リーグの方が身体が動くってことなんでしょうか? 中日は消化試合だったわけだし、気持ちが乗らなかったとか。ま、来年はセ・リーグもプレーオフを開催するので、来年の日本シリーズが楽しみです(爆)。


 にしても、やるんだったらもっと競って欲しかったなと思いますよね。

対応が早い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「ゲド戦記」の歌詞の問題の件で、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーがホームページ上にコメントを発表しました。

スタジオジブリ【「テルーの唄」の歌詞の表記の問題について】

 感心したのは、素早く自らの非を認めて謝罪したこと。今、福岡のいじめ自殺事件での学校の対応とか、福島県知事の汚職事件とか最近のいろんな問題がある中で、スカッとした謝罪だったな、と思います。素直に謝ることってなかなかできなかったりするんですよね。(ま、「千ちひ」のDVDの時は補償問題も絡んできてスカッとしませんでしたが…汗)

 …それにしても最近感じるのは、「非」があったらとことん叩かれる風潮があるように感じます。とことん立ち直れなくなるくらい叩かれてしまうから、逆に隠そうという動きが生まれて来ちゃうということもあり得るわけで、もちろん「非」があれば良くないことで正すべきなんですが、もう少し「寛容に」対応することも必要なんじゃないかなと思うわけです。

 福岡のいじめ自殺事件でも、いじめの切っ掛けになった元担任の教師がやり玉に挙がっていますけれども、あまりに叩きすぎるんじゃないかという風にも思うんです。こういうことはあまり書きたくありませんが、思い詰めてこの教師も自殺しかねないんじゃないかと。

 自業自得だという人もいるでしょうけど、当の本人はまさか「人を殺す」自体になるとまでは思っていなかっただろうし、叩いている側も「言葉」で人を殺めかねない、という意識をもう少し持つ必要があるのではないかと思います。マスコミなんかは最近暴走気味なので、もっと慎重に報道すべきだと思うんですが… 何せ鳥インフルエンザの時に、養鶏場の社長夫妻が自殺したなんていう"前科"がありますからね。

相談

| コメント(2) | トラックバック(0)

 昨日は取り乱しました(汗)。今日は落ち着いてます(爆)。

 精神的にちょっと落ち着いた段階で、突如(では無いんですが…)いろいろ相談を受けたりして、仕事のことやら、プライベートのことやらああだこうだと今日は話していました。

 他人事だと思うと、肩の力が抜けて良いアドバイスできるというか、ホントに第三者的な視点で考えることができますよね。

 渦中に自分自身が身を置いているケースはどうしても訳が分からなくなっちゃいます。自分の問題って、浮き足立っちゃって落ち着いて考えるのって難しいですよね。なんだか焦っちゃう。それに僕みたいな小心者で卑屈なやつだと、何もかも悪い方向に考えが傾いたりしちゃいます。

 ま、そんな自分の傾向があるから、アドバイスをする時は逆に「悪く考えさせないように」「良い方向へ」話を持っていくようにするんですけどね。人に相談するときって、不安だから相談するんだから、その不安を取ってやるのが一番ですからね。…ま、仕事の相談の時は、アドバイスしても状況を打開できないケースもいろいろ出てきますけどね


 でももちろん僕も万能でも何でも無いわけで…(苦笑) 自分自身悩むときは大いに悩むわけです。
 相談できる人を多く作るってのは、大切なことかも知れませんね。オイラはどのくらいいるだろうか… え? ゼロ!?(爆)

 なんだか気分的に最悪。悪いようにしかモノを考えられない。

 こんな状態になることって良くあったりして… いや、ちゃんとやりますけど、メチャクチャ卑屈に考えてしまい、自分で自分が嫌になる卑屈スパイラル(苦笑)。ま、そんなことはどうでもいいことなんですが…(苦笑)


 にしても、このブログで使っているムーバブルタイプ(MT)っていうソフト、重くて全然ダメだぞ…(汗) コメント1つ書くだけでも、ちゃんと書き込みはできるけど「エラー」の表示が出ちゃいます…(汗) うーん、ブログを変えたの失敗だったかな…

 いつの間に「普門館」での吹奏楽の全国大会をやっていたんですね。ここ数年、日本テレビ系の「笑ってコラえて!」っていう番組で、吹奏楽に情熱を燃やす高校生にスポットを当てていて、以前にブログで記事にしてこともありました。

 去年は「普門館」の改修工事で、名古屋国際会議場が会場になりましたけど、改修工事が終わって、今年はまた普門館に戻ったようですね。
 なんでそんなことをいきなり書き出したかと言うと、ふとasahi.comの記事で普門館ネタが入ったんですが、地元の高校が金賞を取ったってことで嬉しくて(笑)。

asahi.com【9校が金賞に 吹奏楽コン・高校の部】

 地元の磐城高校が金賞ってことで、嬉しいわけですよ。最近、地元が吹奏楽王国になりつつあって、ここ数年、いくつかの高校が金賞、銀賞を受けていたりして、すごく頑張っているなあって感じられるわけです。高いレベルの演奏で全国の大会で頑張っているってすごいですよね。

 ま、僕は高専なのでOBでもなんでも無いんですが、そばにOBがいっぱいいますからね。OGはまだいないかな…(最近共学化になったばかりなので…) 地域住民としては嬉しい限り。

 にしても、「頑張っているぞ〜」ってのを目にして、ふと自分を見返してみて「じゃ、自分は何をしているんだろう」と思うと…… こんな感じ→orz(爆)

 今日は飲み会などがあるためちょっと早めに顔を出しに来ました。

 にしても、盗作などなどでいろいろ巷が賑わっているなあと思ったら、「ゲド戦記」も何やら話題に挙がってきたので驚きました。

日刊スポーツ【松本零士氏、槙原敬之に歌詞パクられた】
日刊スポーツ【盗作騒動、槙原も松本氏も譲らず】
 松本零士氏が、槇原敬之氏がケミストリーへ提供した『約束の場所』の歌詞が、銀河鉄道999のセリフに似ているってことで抗議したってことらしいんですが、そうしたら槙原側が「『銀河鉄道』っていう言葉も先人の作った言葉ではないか」という泥仕合を呈してきてますよね。
 どうしても似てしまうっていうことってあると思うんですけどねぇ。両人とも苦労して作り上げたものだから、どうしても退けない部分があるのかも知れませんね。


 そうしたら今度はこんな記事が…

毎日新聞【映画:ゲド戦記の挿入歌、朔太郎の詩と酷似!? 宮崎吾朗監督が「作詞」】

 もともと「萩原朔太郎氏の『こころ』に触発されて…」っていうのは至る所で目にしていたのですが、「今ごろ、なぜ?」っていう感じで… しかもそれを僕の好きな「愛のつづき」の作詞をされている荒川洋治さんがおっしゃっているとは(汗)。

 でも、シングル盤に、萩原朔太郎氏の『こころ』についてまったく触れられていなかったのはミスだったのかも知れませんね。ただ、法的には萩原氏の死後50年を経過しているようなので、いわゆるパブリックドメインになるから特に問題はないんですけども、ここで指摘されているのは「作品」として、ってことなんでしょうね。

 荒川さんは現代詩作家として、「作品」に敬意を払ってもらいたいってことをおっしゃっているのかな、と思うとこの荒川さんの発言は納得できるところがあります。いくら「パブリックドメイン」とは言え、詩作家の方は、余りにも有名な方の表現を借りて自らの作品を作るってことは、「オマージュ」の何ものでも無いから、礼儀として元々の方に断りを入れるとか、クレジットを必ず出すとかっていう対応は必要なんじゃないのってことなんでしょう。それが例え詩人ではない宮崎吾朗監督だったとしても、ってことなのかな。

 個人的には、プロの詩人ではないから…っていう気持ちも無いことは無いんですが(苦笑)、そのあたりはちゃんとハッキリCDなどに記載しておくべきだったのでしょうね。


 にしても、最近よく「パクリ」関係の話題が出ますよね。ドラクエからの曲のパクリも某巨大掲示板で話題になってたりするし… うーん。

にゃんこ!

| コメント(2) | トラックバック(0)

 リンクをしている「きょうも、ひとりごと。」の雅子さんから、『猫を見せて!』というリクエストを受けていたので、大きくなった猫の写真を載せてみようかなあとふと思い立ちました。我が家には猫2匹、犬4匹、共存してます(笑)。

 小猫だった時のはこちらに。黒い猫もいるんですが写真に収められなかったので後日(笑)。あ、ピントボケしているやつならあるので、そちらをアップしておきます(苦笑)。


 ちなみにこの白い猫の名前は「シロピー」。黒猫は「クロピー」(笑)。「ピー」はどこから来たのかは我が家に妹に聞いてください(爆)。当初は「ジジ」と「ビビ」だったりしたんですが(笑)、今は「シロピー」「クロピー」に落ち着いてます。

 ちなみにシロピーがオス、クロピーがメスで、毎日じゃれ合って大変ですが、かわいくて仕方ないですね(笑)。じゃれて手を噛んできたり、頬ですりすりしたり(笑)。にしても、犬とうまくやっていけるかなあって心配だったんですが、大丈夫でした。最初は猫が「シィィーー!」って威嚇していたんですが、最近では慣れっこになったようで何事もなく犬の脇をトコトコ歩いたりしてます。

 ま、あまり見かける光景ではないですよね。なんだか動物園状態だな、我が家は(爆)。ムツゴロウ王国も倒産しかけているらしいし、気をつけないと(核爆)。

 久石さんのコンサート中にもかかわらず、他のシンガーの方の話をするのもちょっと気になるところですが、ヤフーのトップページで先日から書いている熊木杏里さんの記事が載ってビックリしたので、ちょっと話題にしてみようと思いました。

http://www.oricon.co.jp/news/confidence/37669/

 ただ、この曲でひとつだけ気になるのが…

 ♪本日 私はふられました 分かっていました 無理めだと…

 …「無理め」って普段使うのかな、っていうのがズーッと引っかかってました(笑)。ま、作詞が熊木さんじゃなくてCMプランナーの人だったんですけど、使わない言葉ですよね。もうちょっと違うフレーズ無かったのかなぁ〜

 な〜んて、メチャクチャ細かいことを気にしても仕方がないんですけど(笑)。

新しい私になって / B000JGG7U2
熊木杏里
キングレコード
2006/11/22
ASIN:B000JGG7U2
b


 にしても、今日の帰り道に車に轢かれて息絶えているタヌキを見かけました。そういうのを見る度に、「かわいそうだなぁ」って思っちゃいます。動物たちと共生できる環境があれば良いんですけど、なかなか難しいですよね。

 人間が生活するためにタヌキが死んで良いなんてのはちょっとかわいそうだなぁとかを突き詰めて考えていくと、「じゃ、なんで人間は生きてるんだろ?」なんていうように考えちゃって、人間って地球上にいない方が良いんじゃないかなんて思っちゃうのは僕だけなんでしょうか?(苦笑) 知性があるから、地球を潰しちゃっているような気がして、けなげに生きているタヌキの方がよっぽど良いことをしているような気も……(苦笑)

 ちょっと人間不信っぽいこと言ってますね…(爆) 気にしないでおいてください(笑)。ま、個人的に「生物が知性を持った」ってことは突然変異なんじゃないかななんて思っているくらいなので(爆)。

 …なんか途中から話題がガラリと変わって、とりとめのない文章になってしまい失礼しました(核爆)。

エデンの楽士たち

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ふと気付いたら、今日は「都響版:交響組曲『ドラゴンクエストVII』エデンの戦士たち」の発売日でした! すっかりと忘れていましたが、ずいぶん前にアマゾンで頼んでいたので、とくに無問題(笑)。

交響組曲「ドラゴンクエストVII」エデンの戦士たち / B000I6BMBM
すぎやまこういち(東京都交響楽団)
アニプレックス
2006/10/18
ASIN:B000I6BMBM
b

 このゲームについては、いろんな嫌なことが思い出されますが(苦笑)、もうほとんどのことは忘れてしまいました(爆)。石版をはめていろいろと冒険するのは良いんですが、「どこに行きたい!」と思っても通じている石版の場所が分からず右往左往したりしたし、シナリオが若干流れ作業的な部分があったりして、少し「むむむっ」っていうところが少なからずあったような…(苦笑) ま、それもこれも「VIII」のインパクトで薄らいでますが…(爆)

 でもそんなゲームに隠れていますけど、「VII」って名曲が揃っていたりすると思うんです。ゲーム自体の印象が薄くて、音楽もあまり覚えていなかったりしますけど…(汗) 「王宮のホルン」とか、「血路を開け」、「海原の王者」なんかも良いし、「遥かなる空の彼方へ(石に乗って飛ぶやつ、だったかな)」のバイオリンのソロはなかなか気持ちいいし。そしてなんと言っても、「凱旋そしてエピローグへ」は名曲の1つでしょうね。当時のスタッフの方にも大好評だったそうですし。

 そうそう。これのコンサートレポートも書いてましたね(笑)。

 うーん、でもとりあえず何度かローテーションして聴かないと良さが分かりません(苦笑)。耳が肥えていないので(汗)、違いがよく分からないんですよ。いや、何となくは分かるんですが、具体的に何が違うのかはサッパリ…(苦笑)

 あ、でも「トゥーラの舞〜復活のいのり」がオーケストラアレンジされたのはひとつの目玉でしょうね。ドラクエ好きの方、ぜひぜひ聴いてみてくださいな!

 最近、ネタを探す精神的な余裕がありません(苦笑)。

 ちょっと前だったら、何かしら思いついてダイアリーにメモっていたりしていたんですが、そのダイアリーにはほとんど仕事のことしか書き込まれなくなってしまって…(汗)

 あ、そうそう、ダイアリーと言えばほぼ日刊イトイ新聞の「2007ほぼ日ダイアリー」が届きました! 今回はちょっとお金をかけて革製のカバーを頼みました。なんか落ち着いて良い感じです。あと母にも1冊プレゼントしてみました。でも、職場とかでこのダイアリーを使っている人って未だに見かけません。使っている人、多いはずなんですけどね。


 …あれ、とりあえずネタになったな、今日は(笑)。

 何をって? 「のだめカンタービレ」ですよ。

 原作のマンガをちょっと短めにして、「マンガちっく」に表現しているなぁって感じで、なんとか原作にある感覚を再現しようとしているなあっていう感じが伝わってきます。ま、下手に変えようとするより良い感じはしますね、今回は。

 で、ちょっと気になるのが、西村雅彦氏の配役。

 いや、たまたまこの間、「交渉人 真下正義」で、西村氏がオーケストラの指揮者をやっているところを観たんですが、指揮がメチャクチャ(苦笑)。音と指揮が全く合ってない… ちょい役だったとしても、指揮者であれば少しくらい勉強してほしいなっていうのがあったので、その人が「音楽」を題材にしたドラマでちゃんとやれんのかな、って心配なんです。

 あともう一つ挙げれば、西村氏が映える役って「おっちょこちょい役」だったり、「憎たらしい役」などのアクの強いキャラクターなので、「良い人」の役なんかはあまり合わないんじゃないかなって気がするんですが…(苦笑)


 そんな細かいところは気になりましたけど、面白かったですね。こんな感じで続けていって欲しいです。月9の割にはかなり変わり種って感じもしますけど…(爆)

消してもうた…

| コメント(2) | トラックバック(0)

 地道に日記を書いていたら消してしまった…(汗) コンサートについては、レポートにできたらします(苦笑)。どうなるかは分かりませんが…(汗)。

 にしても渋谷って「眠らない街」ですね〜 オフ会が翌日午前5時までやっていたんですが、帰り道は普通に歩いている人が多くて… たぶん終電に乗れなかった人とかなんでしょうけど、地元の昼間より歩いている人が多い…(苦笑) ビックリしました(爆)。

 話は変わって、昨日は昨日で東京から速攻で帰ってきて、こんなやつを食べてました。

 地元の菓子屋で売っている「超特大シュークリーム」ってやつです。結局計11人で、ケーキみたいに切りわけてもらってやっつけました(笑)。すごかったです、これは。皮が厚いんだけど食べ応えがあったし、中はカスタードはあまり入って無くて(全然入ってなかったかな?)、生クリームが多かったんだけど、おいしかったです。でも、生クリームはいくらおいしくても、食べ過ぎたら気持ち悪くなります(苦笑)。

 そんなこんなを昨日やって、今日は休養です。いろいろと疲れました(爆)。

 すみません。テストをさせて下さい。

 テストの題目は先日最新刊が発売になって、月曜日にドラマがスタートする「のだめカンタービレ 16巻」から。

 なんか限定版にはシャープペン(ボールペン?)がついてくるらしいんですが、そちらを買わずに通常版を購入しました。前回は微妙に「ぎゃぼー」と鳴く、ぬいぐるみ付きの限定版を買ったんですけどね(笑)。

 ドラマはやっぱり国内編の部分で完結っていう感じにするんだろうなぁ〜


 後でちゃんと書きますが、金曜からの足どりをちょっとメモっておきます。

金曜日
・池袋で『フラガール』を観た。地元の映画だけど、「たいしたことねぇだろ」と高を括っていたら、見事に玉砕しました。満席ってわけじゃなかったけど、泣けるポイント3箇所以上で、すすり泣きの声が会場中から聞こえました。こりゃ、参った。

・久石譲コンサートツアー『Asian X.T.C.』を渋谷・オーチャードホールで鑑賞。バラネスク・カルテットの演奏を聴きながら、7年前の「PIANO STORIES'99 Emsemble Night with Balanescu Quartet」を思い出しながら聴いてました。テレビカメラ多数。会場周辺にWOWOWの車両が多数見かけられました。また、終了後にはカネボウシャンプー「ICHIKAMI」の試供品が配られてました。

・オフ会参加したら翌日午前5時まで話していて眠い(爆)。

土曜日
・地元に速攻で戻って、なぜか「超特大ジャンボシュークリーム」なんぞを食べました(笑)。


 なんか簡単に箇条書きにするとあっけないなぁ(苦笑)。ちょっと疲れたので後日、整理しながら書きたいなぁとは思いますが、書けるのだろうか??

 ちょっといろいろ予定(?)が立て込んでいるので少し顔見せ。

 …にしても眠い(爆)。昨日からほとんど寝てません(苦笑)。

明日はコンサート!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 明日はオーチャードホールの久石さんのコンサートを聴きに行きます!

 ただ、十分な準備ができていないのがちょっと気になるところですが…(苦笑) にしてもちょっと早めに出て、東京で「トンマッコルへようこそ」を観れないかなと思ったんですが、まだ公開されていないんですね(苦笑)。公開日、全く確認してませんでした。

 なので代わりに「フラガール」を観てこようかなと思ってます。ま、どうでもいいことなんだけど…(苦笑)

ポータビリティ?

| コメント(2) | トラックバック(0)

 うぅ、このブログは「Movable Type」っていうメジャーなプログラムに変更したんですけど、書き込みの度に「500エラー」っていうのが発生してしまい、トラックバックやらpingというのを飛ばすことができなくて困ってます(苦笑)。なんだか「タグ」が原因だっていうことらしいですけど、まだ記事が多くないのにエラーが多発しちゃうのは参っちゃいます(涙)。とりあえずプログラムのバージョンアップを待つのみです。

 ま、それはいいとして…

 最近、携帯電話で「携帯ポータビリティ」の話題が多くなってますよね。2、3年くらい前から話が挙がっていた、携帯電話を例えばNTT DoCoMoからauに変更する際に、通常だと電話番号が変わったんですが、それを変更せずに使うことができる制度だっていうことはだいたいの人が分かってると思います。

 これって、気付いている人が多いと思いますけど、あくまで電話番号は持ち越せますけど、メールアドレスは絶対に変わるんですよね。さすがにauを使いながら、アドレスの会社名をdocomo.ne.jpのままにしておくことなんてできないですしね。結果的に携帯会社を変えたら、「メアド変わります!」って連絡は入れなきゃいけないんですよね。

 僕なんかは電話を掛けるのが大嫌いなので(笑)、だから逆に掛かってくることも少なく(爆)、電話機能はほとんど使ってません(核爆)。だから、あんまり電話番号自体に執着はないです。かといって、せっかく覚えている電話番号を変えるのもあまり気持ちは進まないです。メアドの変更を考えると、積極的に変えたいっていう気持ちになりません。

 ただ、僕の場合はメールの使い勝手がよい端末があれば、もしかしたら乗り換えなんかを考えるかも知れません。今はN900iを使っているんですけど、メールを一度読んだあと、「後で返信しよう!」と思っていたのにすっかり忘れてしまうケースが多くて、既読メールの「未読」へ戻す機能だったり、付せんつけてチェックさせる機能なんていうのが簡単にできる端末が出てれば、他社への乗り換えもやぶさかではないかななんて思ったりしてます。

 でも、NTT DoCoMoに入社している後輩がいるからなぁ、なんて言うのもあるので乗り換える場合はコッソリと乗り換えということになりますが(爆)。って、たまにこのブログ、見てるみたいだから怖いなぁ(爆)。

中日優勝ですね!

| コメント(3) | トラックバック(0)

 プロ野球・セントラルリーグでは中日ドラゴンズが優勝を決めましたね。でも、北朝鮮問題などがあって何となくマスコミの扱いが低いような気も…(苦笑) 僕としては巨人が弱い時点でセ・リーグはあまり興味が無くなってしまったので(笑)、落合監督と川相選手には頑張って欲しいなという感じ(爆:両者とも巨人経験者)。

 それよりもパシフィック・リーグの方が面白いですよね。ソフトバンクホークスの2年越しの悲願に向けて西武にプレーオフ第1ステージで勝利し、俄然面白いですよね。個人的には基本はシーズン成績順に順当になって欲しいなあという考えもあるんですけど、今回はやっぱりソフトバンクでしょう。

 2年連続で1位通過しているのに、リーグチャンピオンになれなかった雪辱っていうのが十分伝わってきているので、今年、1位通過している日本ハムにアドバンテージの1勝が与えられている中で、逆転優勝するっていうシナリオが描ければ、最高の優勝になりますよね。

 個人的には是非ともそうなって欲しいな、なんて思っちゃってます。北海道日本ハムファイターズのファンの方には申し訳ないけど… とにかくこの勝負は必見ですね!

およよ?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 なんだかお堅い話を早い時間に書いてしまったので、音楽の話題を。

 以前から応援している熊木杏里さんですが、先日、資生堂の企業CMで使われた「新しい私になって」という曲が人気になっているなんて話を紹介したんですけど、それがiTunesでダウンロードができるようになったようですね。ふと気付くと最近のアルバム・マキシシングルなんかも登場しているので、是非聴いてもらいたいなぁと思います。って、リンクを張ろうと思ってGoogleでやり方を調べたら、アフェリエイトのリンクの仕方しか表示されなかったので諦めます(爆)。iTunesを使っている人、「熊木」って入れて検索すれば一発ですので、ちょこっと聴いてみてください! 「新しい私になって」以外の曲は全部200円だった…(爆)

 あ、そうそう。前回の紹介したこのアルバム…

風の中の行進 / B000H5U0MQ
熊木杏里
キングレコード
2006/09/21
ASIN:B000H5U0MQ
b

 「風の中の行進」も、久石さんつながりで、久石さんのホームである「Wonder Station」を使用しているようです。ありがたやありがたや。…そういえば、久石さんの著作で本拠地を移したなんて話が出ていたような気がするんですけど、代々木のあそこから引っ越しちゃっているんでしょうかね? 気にはしていたんですが、そこのところはどうなんでしょ?

 にしても、久石さんの「Asian X.T.C.」はiTunesにお目見えするのはいつなんでしょうか? すでにアルバム購入している僕にとってはあまり関係ないんですが、少し気になる。忘れ去られてたりして…(苦笑)

 来るところまで来ちゃいましたね、北朝鮮問題は。

 もしかしたら、テポドン2に乗せて核爆弾が日本まで飛んでくる可能性も十分あります。気をつけなきゃいけないと思うんですけど、なんだかまだ「他人事」のような気がしてしまう僕たちもいます。

 60年も戦争なんてやっていないし実感がないとは当然かも知れませんけど、なかなか難しい対応を迫られるんでしょうね、日本は。余りにも「圧力」を強めると、本当に核爆弾を飛ばしてくる可能性も十分あるわけだし。かといって、話し合いに応じる国かと言ったら疑問があるし。

 バタバタしてきましたね。怖いなぁ。

また…

| コメント(3) | トラックバック(0)

 眠ることができません(汗)。参った。

 ちょっといろいろと考えすぎてる、自分。「ケ・セラセラ」でいこうや、と自分に言い聞かせてみるテスト(爆)。

 そうそう、この間の時、最初に「眠れない」って書いたんですけど、ら抜き言葉だからって「眠られない」って直したんです。でも、個人的に「眠られない」って少し違和感を覚えつつあるんですが、気のせいでしょうか? 「〜られる」って、尊敬だったり、可能や受け身を表す助動詞にもなっちゃうから、どうなのかなあって疑問に思っちゃうんですけど、いかがなもんでしょ?

 やっと頭痛も治まってきました。よかったよかった。ただ、あまり油断はできないので家にこもってました(苦笑)。で、なんとかさっき、ドラクエのコンサートレポートを書き上げてアップしたところ。…あ、推敲してないや(汗)。ま、間違いを見つけたらその都度直す方向で(苦笑)。

 さっき、フジテレビ系列で小泉前首相の秘書官の飯島さんのドキュメンタリーみたいなやつが放送されていたので途中からですが思わず見入ってしまいました。ちょっと前も日本テレビでも、岩城滉一さんを小泉前首相に仕立ててドラマをやってましたよね。

 こんな感じでドラマにされるような首相ってあまりいなかったですよね。そりゃ、ずいぶん時間が経ってからドラマになるようなケースはあったにしても、辞めてからまだひと月も経ってませんから、異例というかなんというか。それだけ印象に強い、そしてこれまでと違う首相だったんだろうなあと思います。

 にしても、小泉純一郎って人は、孤独を愛する人だったんですね。人に媚びないというかなんというか。

 僕なんかは孤独を愛しているわけじゃないけども孤独になっちゃっているんですが(苦笑)、表裏があまり無さそうなところはちょっと似ているかも知れません。ただ、あんなに僕は我を張れないなぁ〜 何せ他人が怖いから(苦笑)。知らない人だったらどうってこと無いんだけども(爆)。思い切り偽善者丸出しですね(苦笑)。

 ただ、「信じるのは己のみ」ってのは分かる気がします。あんまり仲の良い人たちを引き連れすぎると、いろいろ物事ってのはやりづらくなってくるものです。何かをやるグループを作って、だんだん人が多くなっていくとまとまりがつかなくなってくるもんですからね。近い人は最小限に留めておいて、「信じる道」を目指して一気にやってしまう、ってのはなるほどなあと思います。

 でも一方ではつらかったりすると思いますよ。相談できる相手があまりいないんですもん。やっぱり厳しいときも自分ひとりで乗り越えてきたんでしょうかねぇ。僕はそんなに強い人間にはなれないですね(苦笑)。

 体調がまだもう少し戻りません。出かける予定も入っていたんですが、キャンセル。ちょっと悲しい。

 今日もずっと寝ていたので書くことがないのです。テレビはいろいろ特番があったりしているみたいですね。寝ながらちょこちょこ観てます。ソフトバンクが負けてちょっとガックリ。いや、西武が嫌いなわけではないんだけれども。

頭痛が痛い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨日、体調がよくないなあって言うので早く寝て備えたんですが、起きたときに頭が痛くて、結局仕事を休むことにしました。

 熱は出ていないんですけど、頭がなんか痛くて。寝不足から来てるのかなぁ。今日もゆっくりと寝ることにしますが、今日1日寝ていたのでものすごく腰が痛い…(苦笑) 横になって寝るのって腰に負担がかかるんでしょうかね。前も調子悪くて寝ていたら腰がいきなり痛くなったし。

 季節の変わり目なので、みなさんも体調を崩さないようにしてくださいね〜

 なんだか、今日はちょっと頭が少し痛いです。昼間の仕事中はそんな感じじゃなかったんですけど、気付いたらちょっとだるくなってました。

 「全然調子悪くなかったんだけど気付いたら…」なんて、たまにありません? 最近、少しバタバタしてたのが、ちょっと一段落したので、そのせいなのかも知れません。熱はないみたいなんですけどねぇ。

 ということで、今日はゆっくりと寝てみることにします。この間、なかなか寝れなかったってのもあるし。

 昨日、久石さんのコンサートが始まったんですが、このコンサートでプロモーションしている新アルバム「Asian X.T.C.」をさっそく聴いてみました!!

Asian X.T.C. / B000HOJE2Y
久石譲
ユニバーサル・シグマ
2006/10/04
ASIN:B000HOJE2Y
b

 …久しぶりにヒットしたような気がします!

 前半はポップでメロディアスな「久石節」を披露してくれて、CM曲からアジア圏で公開されている映画の主題曲などからアンサンブルにアレンジされた曲がものすごく渋くてカッコイイです。昨日言ったバラネスク・カルテットも参加していて、あとは僕は知らなかったんですがDEPAPEPEというギターユニットの方が「Welcome to Dongmakgol」に参加していて、ギターのちょっと寂しげな音色が良い味を出しているんです。このユニット、かなり有名なんですか? 勉強不足です…(苦笑)

 アルバム後半はミニマルな曲が並んでいて、久しぶりに「なんだかよく分からん」曲のオンパレード(笑)。メロディアスでもないけど、軽快な演奏が淡々と繰り返し繰り返し続けられていって徐々に気分が高揚していくような感じが、特にバラネスク・カルテットの演奏で余計にそういう気分にさせてくれるから嬉しいです。

 こういうアルバムこそ、いろんな人に聞いて欲しいなと思うんですけどね。ホント、「カッコイイとはこういうことさ!」っていう感じです。アジアって、こんなカッコ良さも持っていたんですね。

ツアースタート

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今日から、久石さんのコンサートツアー「Asian X.T.C.」が新潟・りゅーとぴあから始まりました。

 すっかりスタートするのを忘れてまして、言われて初めて気付いたファン失格な僕なんですが(笑)、新潟はずいぶん盛り上がったようです。スタンディングオベーションも出たとのことで、アンコールもプラスアルファがあったとか、なかったとか(苦笑)。

 コンサートの構成も、アンサンブル主体なので久石さんのエネルギッシュさが一番出るスタイルなんじゃないかなと個人的には思っていてものすごく好きなスタイルなだけにすごく楽しみだし、その上、「バラネスク・カルテット」が帯同しているのも大きいですよ。

 バラネスク・カルテットはパワフルな演奏で魅せてくれたのと、僕が久石さんのコンサートを初めて体感したのは、このバラネスク・カルテットと初めて共演した1999年の「PIANO STORIES'99 Emsemble Night with Balanescu Quartet」だったから特にそう感じるのかも知れません。

 曲目とか教えてもらったら逆にものすごく楽しみになっちゃいました。古株ファンの方、楽しみにしてて良いかも知れませんよ!

 あ、ひとつ伝えるのを忘れてました。
 コンサートレポートへのリンクが途切れているのが今、分かりました(苦笑)。近いうちに直しますので、それまではご勘弁を…(汗)

 猫ひろしが20代!? 誰か、ウソだと言ってくれ…(汗) 28歳!? 僕と一緒ではないか!? それこそ、ウソだと言ってくれーー!(爆)

 そんなことはどうでも良いことなんですが(爆)、今日は日本テレビで名探偵コナン祭りだったようですね〜 帰宅時間が遅かったので実写の方のコナンの方をちょっとだけ観ることができました。

 いやあ、毛利小五郎役の陣内孝則さんがはまり役だったかな、と素直に感じました。ピッタリというかなんというか。あの小五郎の「軽さ」が見事に出ていたと言ったら伝わりますかねぇ〜(笑)

 で、全くはまっていなかったのは木暮警部役の西村雅彦さん。口に綿だか何かを詰め、お腹にも何かを詰め、強引に木暮警部にしたような感じ。無理に合わせようとしている上に、アニメ版の木暮警部にある快活さが無いというか… どっしり体系なのに、小五郎と似てますけど「軽さ」があるんじゃないかと思っているんですが、ただ「重いだけ」のような感じがしました。とはいえ、1カットしか観ていないので、他のカットではもうちょっと軽かったのかも…

寝られない…

| コメント(2) | トラックバック(0)

 なんか寝付けなくて、再び現れました(汗)。もう午前3時回ってるのにね。

 コーヒーをがぶ飲みしたからってのもあるんだけど、動悸というか胸がドキドキして寝られません(苦笑)。羊を数えながら眠るのを待つしか無いのでしょうか…(苦笑)

 とりあえず寝ることにトライします(汗)。

そういうことで…

| コメント(2) | トラックバック(0)

 ホームページの構成を急遽変えてみました。

 ホント、突然に短時間だったからメチャクチャ手抜きです(汗)。そうしたら、久石さんのオフィシャルホームページでもいきなりデザイン変更で驚きました。共同歩調を取ったわけでも何でも無いんですが(苦笑)。

久石譲オフィシャルホームページ

 にしても、日付は日本時間で明日だったんですが、ディープインパクト、凱旋門賞3着、残念でしたねぇ〜 後半の末足ってやつがあまり発揮されなかったような感じでものすごく残念。あまり競馬自体は分からないんですが、重りがディープインパクトの方が少し重かったようですね。事前に記事とかでそれを知っていたので、少しだけ気になっていたんですけど、うーん。

 武豊騎手、ものすごく悔しかったようでインタビュアーの声かけにも足を止めずに少し声を返すくらいでした。ホント、残念。 

月別 アーカイブ

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。