地元に

| コメント(0) | トラックバック(0)

安倍総理が来てます。

地元で開かれている「第7回太平洋・島サミット」のため、フラガールで有名なスパリゾート・ハワイアンズ(旧常磐ハワイアンセンター)に来てます。

って、それだけの話なんですが(苦笑)。でも、あんまりニュースになっていない(汗)。明日あたりはもうちょっとニュースになるんでしょうか。

時事ドットコム】福島で島サミット開幕=防災・気候変動など討議

ゴールデンウィーク中にもお出かけしてきたんですが、さて、ここはどこでしょう?

kokodoko.jpg

初体験2

| コメント(0) | トラックバック(0)

何の初体験かと言ったら、車を買って初めて首都高に突入しました(笑)。それで、昨日なんですが、東京湾アクアラインを通って海ほたるに行って、千葉に抜けてみようと思い立ったんですが、やっぱり首都高はちょっと怖い...(苦笑)

案の定、首都高では初めての洗礼をうけました(笑)。常磐道から入ったんですけど、東北道(首都高川口線)から入ってくる車列が入って途中4車線になったんですが、そこから湾岸線へ向かう車線と銀座に向かう車線でクロスするところがありまして。ボクが一番左車線にいたんですが、そこから右に2車線変更しなければ行けないんですが、東北道から合流してくる車が左側の湾岸線へ向かおうとして車線を左へ変更する車があるのでちょっと焦りました(汗)。なので、ボクが右車線に移ろうとしたら、右からトラックが左に車線変更しだしてビックリ(苦笑)。下がその時の写真。見づらいですが、トラックのウィンカーが付いてます。なお、社名等が書いてあったのでそこは加工しました。でも右から左へ車線を変更する流れと、左から右への流れがあるので、事故が起こりやすい場所のような気がします。しかも二又に分かれるから、それまでに車線変更をしなければいけないから焦るし。

syutoko3.jpgそんなこともありましたが、無事に首都高を抜け出しました(笑)。で、海ほたるに行くだけでは勿体ないので、横浜に寄ってみました。

akarenga.jpg久しぶりに赤レンガ倉庫に行ってきました。ってより、そばの山下公園をぶらついていたのが正しいんでしょうか。赤レンガ倉庫を眺めるというより、お土産を買ったって感じでしょうか。その他、カップヌードルミュージアムに寄って、お土産を買ったり(一人で行ったので、博物館自体は体験しませんでした...笑)、クイーンズスクエアによって、横浜みなとみらいホールの前に寄ってきたり... 横浜みなとみらいホールは入れないので(笑)、外から眺めて終了(爆)。

cupnoodle.jpgminatomirai.jpg寄り道をしましたけど、今回の目的の東京湾アクアラインへ。首都高湾岸線に入って、横浜ベイブリッジを走行。

acua.bmpでもこの後、引き続き湾岸線を通り、川島浮島から東京湾アクアラインに入るんですけど、トンネルなので写真は割愛(苦笑)。
海ほたるパーキングエリアに着いたんですが、海ほたる自体は結構古くなってますね。潮風の影響もあって、建物自体には古さを感じちゃいました。って言っても建ってから18年くらい時間が経っているんですね。

フードコートやおみやげ屋さんもあって、ウィキペディアにも書いてあるけど、普通にサービスエリアって言っても良い感じですよね。強いて言えば、ガソリンスタンドが無いってくらいで。でも、この海ほたる、パッと見ると、船みたいでした。

umihotaru2.jpgそうそう。トンネルを造った時のカッターフェイスのモニュメントが置いてあったのでそれも写真に収めてきました。ただ、本物では無くてレプリカだそうで。でもやっぱり大きさを感じました。

umihotaru.jpg

そんな感じでドライブを楽しんだわけですが、この後、千葉の方に抜けて行ったんですが、てっきり千葉から簡単に常磐道に抜けられると思っていたら、圏央道と常磐道ってまだつながっていなくって(苦笑)、つながっていない圏央道に向かってしまい、ぐるっと遠回りしてしまって失敗しました(苦笑)。結局、また首都高に戻って帰るという珍道中となってしまいました。

とりあえず首都高を走れたので満足です。ただ、気を抜くと道を誤ってしまったり、それこそ合流で危ない目にあったりするので、常に気を張っておかなければ行けませんが。

それと、横浜日帰りができるんだなあというのも分かって、また時間があるとき、横浜をゆっくり散策するのも良いなあと思いました。

そんな感じで写真多めでお送りしました(笑)。

先日、気になるニュースが報道されてました。

時事ドットコム】健康診断の女性死亡=レントゲン撮影、台から落下-群馬
読売オンライン】胃のレントゲン検査中、台から落下し女性死亡

記事を読んでもらえれば胃のレントゲン検査、いわゆるバリウムを飲んでの検査で、頭を下にした状態で診察台からずり落ちて頭を台と壁の間に挟まれてしまったらしい。

以前にボクもバリウムを飲んで逆さになって、なんて記事を書いたことがありますけど、男性のボクでもバリウムと発泡剤を飲んだ上に、「息を止めて」と言われて、その上逆さにされているから取っ手をしっかり握らないと落ちてしまいそうになるということがあったので、女性の方なんかは過去にニュースにはならないけど、落ちてしまったような事故はあったのではないかなと思うわけです。

レントゲンを撮っている方って、件数をこなしていくにつれ、人にもよると思いますけど、すごく雑になる人がいますよね。ボクも過去にそういう人に当たって、落ちそうになる経験があったし。おそらく、綺麗なレントゲンを撮るのに集中してしまって、実際の人の体勢に注意がなされていなくて、危ない体勢になってしまっていることに気づいていなかったんじゃないかと思います。

胃を360度まんべんなく撮影しなければ検査の意味をなさないのは分かるんですけど、やっぱり危険な体勢になる時があるので、人を回すんじゃなくて、カメラを動かすなど、撮影装置の改善をしてもらう必要がありそうですよね。特にバス型のレントゲン車などは狭いですからね。しかも古いレントゲン車が多そうだし。

ネットで少しだけ検索してみたけど、あまりレントゲン車の中を説明したページは無く、よく分かりませんでした... いずれにしても危険性の排除をお願いしたいところですね。

こううたう

| コメント(0) | トラックバック(0)

熊木杏里さんネタなんですけど、6月17日に柴崎コウさんが初のカバーアルバム「こううたう」をリリースされるそうで、その曲の中に熊木杏里さんの「朝日の誓い」が収録されることになったそうです。熊木ファンとしては嬉しいかぎりです。

柴崎コウさんのアルバムから、熊木さんが少しでも注目されると良いなあ、何て思ってみたり。

...久石ファンなのに久石ネタがない(苦笑)。あ、そうそう。先日、8月のコンサートの先行チケットの抽選を申し込んだんですが、見事に落選しました(苦笑)。東京のチケットはかなり倍率が高い... 一般発売は瞬殺されるんじゃないでしょうか。久石さん自身の作品を取り上げたコンサートはやっぱり人気が高いですね。

こううたう(初回限定盤)
柴咲コウ
ビクターエンタテインメント (2015-06-17)
売り上げランキング: 78

マイナビニュース】柴咲コウ、初カバーアルバム全曲名公開! ゲスの極み、東京事変、中山美穂ら

使用しているブログ「movable type」のバージョンが古くて、「そろそろバージョンアップしろや」とメールが来るようになったので、バージョンアップしてみました。

この記事がアップされたら何か変わるのか、変わらないのでよく分からないんですが、システムの方は順調にバージョンアップ出来たので、特に問題なさそうです。

ブログ更新頻度が少ないですが、もう少し頑張ります(笑)。

(追記)
やっぱり一筋縄ではいきませんでした(爆)。
とりあえずシステム本体のおかしなエラーは、原因となっていると思われるプラグインを全て無効にすることで解決しました。(いや、原因特定しているわけじゃないので解決ってわけでは無いんだけど...)

ただ、コメント欄の認証機能がうまく動かなくなっているので、現在修正中です(苦笑)。今やスパムブロックも必要ないような気もしているので、認証機能を外そうとしているんですがうまく行かない...(汗)

(追記2)
コメントで書きましたけど、コメント欄のサインインの部分がうまく行かなくて「うーん」と悩んでいたんですけど、結局元々のmovable typeのバージョンを勘違いしていて、やっていなかった作業をしたらうまく行きました。ただ、それだけでは終わらなくて、コメント欄のサインインがうまく行ったんですけど、それがうまく行ったらアクセス解析とmovable typeを連動させていたんですが、その連動がうまく行っていないことに気づき... 午前3時すぎまで悩んで、ちょっとファイルを直したらようやくうまく行くようになりました(笑)。なので、めちゃくちゃ寝不足です(苦笑)。とりあえず無事更新作業終了、ということで。

なお、現在使用しているMovable Typeのバージョンは6.1.1です。(H27.5.10より)

最近ブログ書いていなかったけど、あほすぎて文句を書きにきました(笑)。

今日のマツダスタジアムの広島対巨人ですが、インフィールドフライでサヨナラっていう訳分からない試合の終わり方をしました。

みんなミスばっかりじゃないですか! はぁ...

インフィールドフライについて簡単に説明すると、ノーアウト又はワンアウト、ランナー一・二塁または満塁の時に内野フライが打ち上がった場合、フライが捕られたらランナーは元いた塁に戻らなければいけないんですが、内野フライなのでほぼ塁上にランナーが釘付けになります。その時にフライを取り損ねると、バッターがアウトにならないため、塁上のランナーが次の塁に進む義務が生じてしまいます。それを利用して野手側がワザと落として、ランナーを簡単にダブルプレイにすることができてしまうため、それを防止するため、内野フライが上がった時点で「インフィールドフライ」が宣告されて、フェアボールだった場合はバッターは宣告の際にアウトとなるため、塁上のランナーは進塁の義務は生じなくなり、ダブルプレイが生じなくなるんです。

...で、今回のはプロの選手たちも審判もインフィールドフライを見落としていて、全くプロらしい仕事をしていなくてため息という感じだったんです。

まず球審。インフィールドフライの宣告をしていない。今回は三塁塁審がインフィールドフライを宣告していたのが事態をややこしくしています。インフィールドフライの宣告が失念されたらそのままバッターはアウトにならずにインプレイが続きますが、インフィールドフライの宣告はどの審判が宣告しても良いとのことで、今回は三塁塁審は宣告しています(確認したら二塁塁審も宣告していたようです)。ただ、球審は見落としていたため、落球したあとそのままインプレイとして、ボールを持ったファーストがホームベースをタッチすることで三塁ランナーがフォースプレイでアウトと普通に判定しているダブルミスをしちゃっているわけです。ま、球審としてはインフィールドフライを宣告していないからそうなってしまうんですけど、プロの審判にはインフィールドフライの宣告の見落としをして欲しくなかった。っていうか、審判みんなでインフィールドフライの宣告をしていれば、そもそもこんなわけの分からないゲームの終わり方にはならなかったはず。

そんで、巨人のファースト・フランシスコ選手とサード・村田選手。そもそもあの内野フライ、きっちり捕って欲しい。この間来たばかりのフランシスコ選手との連携が出来てなかったんでしょうけど、完全に草野球じゃないですか。

さらに広島の三塁ランナー・野間選手。インフィールドフライが宣告されていないのを分かってホームに突っ込んだのではなくて、単純に落球を見てホームに突っ込んでしまったという、インフィールドフライを分かっていないんじゃないかという走塁。インフィールドフライ宣告中も、インプレイなので危険を冒して次の塁を狙っても良いんですが、それを狙った走塁でもなかったし。結果的にサヨナラゲームになったものの、褒められる走塁ではありませんでした。


補足すると、インフィールドフライはファールになったらその効力は無くなります。今回、巨人のフランシスコ選手と村田選手、お見合いをした格好なのでインフライト中のボールには触れていなかったので、地上に落ちたボールがそのままファールグラウンドで転がって出ていたらファールボールになっていると、インフィールドフライでは無くなってました。今回はフランシスコ選手がフェアグラウンド内でボールを捕球したためフェアボールになりましたけども。(ただ、VTRを確認したらボールをキャッチする前に主審がフェアの宣告をしているのがちょっと気になりました。キャッチする前に野手の誰かにボールが当たったのかなぁ? 中継VTRの角度では確認できませんでした。)

ミスは付きものですけど、みんなでミスをしているプレイをプロ野球で見かけてしまうのは残念でした。こういうのは完全に草野球と言われても仕方ないプレイです。勝った方の緒方監督も勝利インタビューでは、他にも送りバントミスとか結構ミスが多かったので、ものすごくバツが悪そうでした。もうちょっとレベルの高いプレイを見せて欲しいところですよね。

今日、というかもう昨日になってしまったんですが、熊木さんのライブに行ってきました。

初めてBillboard LIVE TOKYOに行ったんですが、乃木坂の近くにあるミッドタウン内にあったんですね。前、寄り道で立ち寄ったところだったことに現地に着いたときに気づきました(笑)。

billboradlivetokyo.jpg
先に支払い手続きを済ませてから入場しました。ビルボードライブ東京の会場内はすごく落ち着いた雰囲気でした。ステージがブルーを基調にしていて、ボクは一番上の座席でゆったりと鑑賞となりました。ステージフロアが3階で、ボクのいるフロアは5階なんで、ステージが結構下で、見下ろす感じとなります。ドリンクや軽食が食べられるのでテーブルがあったため、肘を付いて見下ろすスタイルになっちゃいます。初めてだったので軽食を頼んでおいたんですが、ポテトサラダとハンバーガーのセットだったんですが、おいしかったです。普通にディナーを楽しみながら曲を聴けるんですが、さすがに一人で行ってガッツリはやりづらい...(苦笑)

ピアノ&バンマス 河野圭、バイオリン&so on 須原杏、チェロ 林田順平、ギター 黒田晃年

熊木さんの出で立ちは黒ベースの桜色と紫などが入ったまだら模様(って言っていいのか?」のワンピースでした。ピアノ、バイオリン、チェロ、ギターでのアコースティックな布陣でのライブで、個人的には生音系が好きなので、ものすごい好みのライブでした。ピアノはロゴが遠くで見えなかったですが、スタインウェイのグランドピアノだったし、バイオリンの須原さんは途中で楽器を持ち替えたりしながら、こぢんまりとしながらも、なかなか良いライブだったんじゃないかなと思います。また、カメラが何台か設置されていて、映像が何かに使われたりするのかなぁと。熊木さんもそんなことをおっしゃってました。


生きているがゆえ 初回限定盤A
熊木杏里 *情報公開:10/15
BILLBOARD RECORDS / 株式会社阪神コンテンツリンク (2014-12-17)
売り上げランキング: 74,692

※今回のライブツアーはアルバム「生きているがゆえ」のプロモーションを兼ねたツアーとなっていました。

(2015.4.12追記)
曲目を掲載していたんですが、ツアーがまだ終わってませんでしたので、隠すようにしました。「続き」を開いていただければ見れるようになります。ついうっかりしてました。すみません。

| コメント(0) | トラックバック(0)
ここ数年、季節感を感じながら生活していないなあと思って、「桜」を見て回ってきました。

tairachuokouen.jpg
oohatakouen.jpg
nakosonoseki.jpg
この間の日曜日に撮った写真です。一番上のがほぼ満開に近い状況なんですが、実はこれ、一番上から順に、北から南下して撮っていったものです。一番北が満開で、南に行くに従ってつぼみが開いていない状況でした。

市内ではあるものの広域なんですが、いずれも海からそんなに離れておらず、大きな寒暖の差は無いはずなんですが、なぜこのような逆転現象が起きているのか、よく分かりません。ちょっとした謎です。

でも、桜の花びらって本当に綺麗ですよね。淡いピンクって本当に美しい。真っ白ではないけど、本当に淡くほんのり色が付いているってのが日本の美って感じがします。

飛行機

| コメント(0) | トラックバック(0)
ついこの間、初めて乗った身なので、ドイツ航空機の墜落事故はすごく気になります。

現時点の情報では、副操縦士が故意に墜落させたのだとか。

ただ、まだ情報が少ないので、副操縦士が多くの人を巻き込んで自殺したと判断するには早いのかなと思います。副操縦士が何らかの理由により脅迫を受けていたりする可能性もあるし、捜査当局には慎重に情報収集に当たってもらいたいものです。もしかしたらテロリストから、家族に危害を加えられたくなかったら飛行機を落とせ、なんて脅迫を受ける可能性もあり得るし。

ふと再発防止するには、何て考えたんですけど、機体操縦中は操縦士(機長)、副操縦士(副機長)はコックピットから外に出さないようにするしか無いかもしれませんね。9.11のあと、客室からコックピットに入室できないようにドアにロックを掛けられるようにしたため、一旦外に出た機長がコックピットに入室できなくなってしまったようですし。そう考えると、コックピットに一人だけにすることを禁じるしかないような気がしました。

...でもいろいろ問題が出ますよね。トイレなんかも操縦席内に作らなければならないし、長時間フライトであれば仮眠室も必要あるし。それらをコックピットのドアの内側に無いと、操縦席に1人になる時間が生まれてしまう訳で。でも、そんなスペースコックピット付近に作れるんだろうか? どうなんでしょうね?

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 6.1.1

Counter

カウンタ

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

アイテム

  • nizou2.jpg
  • nizou1.jpg
  • niitsu.jpg
  • kokodoko.jpg
  • umihotaru.jpg
  • umihotaru2.jpg
  • acua.bmp
  • minatomirai.jpg
  • cupnoodle.jpg
  • akarenga.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。